1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

異業種からの転職。ゼロアクセルで夢を叶える一歩を踏み出す

■まず初めに自己紹介をお願いいたします。

SEOライティングを担当している阿部と申します。

主に弊社で運営している金融系メディアのライティングをしています。
新卒ではプラントエンジニアの会社に就職し、その後不動産系のベンチャー企業へ転職しています。その後、ご縁があってこの3月1日にゼロアクセルに入社しました。

■なぜ「ライター」という職業を選ばれたのですか?

中学生くらいからライターの仕事をしてみたいという思いは漠然とありました。しかし、新卒で就活をしている時は、周囲に流される形で不動産業界の仕事を選びました。
新卒で入社した会社では、ライティングの仕事もしていたのですが、人数規模も小さかったこともあり、営業なども兼務しなければなりませんでした。

そういった状況もあって、”ライティングを軸に仕事をしていきたい”と考えるようになり、そんな折にゼロアクセルでライターの募集を見つけ転職をしました。

ゼロアクセルに入社して約1ヶ月。まだまだ自分だけでは出来ないことが多く、先輩方に相談をしながら仕事をしています。直属の先輩には小さなお子さんがいるので、なかなかオフィスに来られないのですが、直属の先輩以外に相談しても快く教えてくれるので本当に支えられています。

■転職する際ゼロアクセル以外にも複数社見られたことと思いますが、何がゼロアクセル入社の”決め手”になりましたか?

まずは、”書くことを仕事にする”という自分の軸に当てはまっていた事に加えて、会社全体の雰囲気がとてもよかった事が決め手になりました。面接の際にも私からの質問に細かく答えてもらい、丁寧な印象を受けましたし、全ての選考フローにおいて一貫して朗らかな空気を感じ、ここなら自分もやっていけると思いました。


■なるほど。ゼロアクセルにはどういったメンバーが集まっているのでしょうか?

柔らかい雰囲気のメンバーが多いです。
仕事に関する質問には誰でも優しく応えてくれますし、休憩中なども気さくに話かけてくれます。そのおかげで入社して数日でメンバーと打ち解けることが出来ました。

私は『ミッシェル・ガン・エレファント』というバンドが好きで、PCのデスクトップの壁紙に設定しているのですが、それに気づいた隣の席の先輩が話しかけてくれて、共通の趣味が発覚しました。

それ以来、業務以外でも意気投合することが多いです。

その先輩は法務も兼務されているので、私自身があまり知見の無い法律の話もしてくれます。法律の観点からメディアについての話を聞くのは本当に興味深いです。

ほかの自社メディアを担当している先輩も「金融系メディアの経験は無いけど、SEOは詳しいから!」ということで積極的に教えてくれたりと、みんなで知見を集結させて自社メディアを作り上げている空気も好きです。

ゼロアクセルには様々な経歴の方がいて、担当業務やインターン生などの境なく実力のある人が集まっていると思います。

お互いが切磋琢磨できるメリハリのある環境なので、休憩中には談笑していても、休憩が終わると、すぐに業務に戻って集中しています。
オンとオフの切り替えが早い方が本当に多いです。

■女性のメンバーの雰囲気についてもお話いただけますでしょうか。

少し稚拙な表現になってしまうのですが「サバサバした人」が多いイメージです。
私は理系出身のため、大学時代は女性がたくさんいる環境ではありませんでした。
入社当初は正直不安がありましたが、ゼロアクセルにいる女性は距離感がちょうど良く、過ごしやすいです。ファッションなどが好きな女性も多く、話していて楽しく過ごしやすい環境だと思います。

■今、一緒に働きたいのはどういった人物でしょうか?

経験を問わず、自分の生き方に自信がある人、自分のことを好きな人に入ってきて欲しいです。
私自身もSEOライティングは未経験で入社していますし、技術面は周囲で育てて行けば良いと思っています。

仕事命ではなくてよいので、”スイーツ命”、”スイーツ語らせたら誰にも負けないぞ” というようなこだわりの強い人がよいです。

自分自身に何かに強みや、軸、個性を持っている人が入ってきてくれたら、ほかの社員の刺激にもなると思います。


■ありがとうございます。オフィスの雰囲気についても教えてください。

社外の方とも気軽に話すことができるようなアットホームな雰囲気です。「寮に住んでいるみたいで、会社に来たのに ”ただいま” と言ってしまいそう」

これは、私が社外の方にゼロアクセルについて紹介するときに良く使う表現です。本当に暖かくて優しい場所だと思っています。ですが、ただ暖かくて優しい場というだけでなく、個人事業主の方が兼業で所属していらっしゃるので刺激的でもあります。

■今後の目標について教えてください。

所属組織としては、WEBマーケティング業界のトップに立ちたいと考えているので、まずは運営している全てのメディアが、検索したときに上位に出てくるように知名度を向上させていくことが目標です。そしてゼロアクセルという名前を確立していきたいです。

私個人としても、ゼロアクセルを「最強の組織」にしたいと思っています。
今年中にマネージャー職に就きたいとも思っているので、現在研鑽を積んでいるところです。

身近な目標は、私の上司にあたる人です。技術も知識も「あの人に聞けばわかる」というような方なので、私も早くそうなれるようにスキルアップしたいと考えています。

■最後に、ゼロアクセルの魅力はどういったところにあると思われますか?

職種問わず精鋭達が揃っているので、自分の専門外のことについても、多くを学ぶことができる環境があるところです。
また、ライティングの実力は確実につくと思います。

アットホームな雰囲気のオフィスもとても魅力的に感じているので、ぜひ一度オフィスに遊びにきて欲しいと思っているのですが、コロナウイルスの影響で社内見学が停止になっているのが残念です。

株式会社ゼロアクセルでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう