1
/
5

「なんとかなる」と思えるかどうかは、結構大事-前編-

上場企業や大手企業から飛び出してみようかな…
でも、一歩踏み出す勇気がでない

ベンチャーでガッツリやりたい!
けど、ベンチャーのこと全然知らない

そんなあなたに少しでも参考になれば嬉しいです🐨


ベンチャーの先輩をご紹介



新卒で大手メーカーに入社し、経理に6年間従事。
その後東証一部上場メガベンチャーへ転職。さらに経理経験を積む。
現在は株式会社favyにて、経理責任者として活躍中。



大手からベンチャーへ。「環境×ジョブ」志向


織田:もともとは、転職してキャリアを磨いていくという考えはもっていませんでした。新卒入社した会社で、定年まで働くのかなとぼんやり思っていたくらいです。

大手上場企業らしさと言えるのでしょうか。

高い専門性を求められる分野(連結決算、開示、税務等)を一つ一つ、時間をかけて習熟していく。

縦割りの業務分担で、最低1~2年従事し、これが出来たら次はこれというような、一段一段ゆっくり階段を上っていくような環境でした。



必要以上に焦らず、しっかりとスキルを磨いていけるので、とても良い環境だったと思います。

一方で、成長や仕事の幅という意味では少し物足りなさを感じていました。

「もっと高スピードで、自分のできることの幅を広げたい。」

今積んでいる経験やスキルを、もっと高スピードで磨いていきたいと思いました。


結果として、東証一部上場のIT系メガベンチャーに入社を決めたのですが、転職軸としては、

・スピード感があるだろうベンチャー
・部署の人数が少ない(=やれることが多そう)

という環境面と、

・未経験の税務周りの業務に携わりたい

というジョブ志向がありました。


IT業界を選んだのは、これからさらに伸びていく業界だと思ったのと、単純に面白そうだと感じたし、自由な雰囲気でいろいろなことに挑戦できそうだと思ったからです。



スピードや未経験の業務、面白さと、今振り返ると刺激を求めていたのかなと思います。



やりたいことは尽きないわけで-

未経験の税務周りを任せてもらえて、高スピードで仕事の幅を広げられるだろうと思い入社した2社目。

ありがたいことに、前の職場では1~2年は待たないと回ってこない業務へ次々と手を伸ばすことができ、自身の経験やスキルの幅が広がっていきました。


ただ、ずっとこのままで良いかというと、そういうわけでもなく。

人間と言うのは欲が出るもので、「もっと、もっと」という思いが強くなってきたんです。

もっと幅広くやりたい。もっとスピード感をもってやりたい。

なんなら、経理の枠にとらわれなくて良いとも思いました。


加えて、僅かながらも仕組みをつくったり整えたりしていくうちに、自分は仕組みづくりが好きなんだ、ということも分かってきました。


ここまでくると、もう止められません。笑



2社目は、ベンチャーといえども一部上場企業ですから、環境や仕組みはある程度整っていて、充実しています。

ここでは、0の状態から思いっきり仕組みづくりをしたり、さらにスピードや業務の幅を求めることは難しい、そう思いました。


では、

・0から仕組みづくりができる
・さらに高スピードで物事を進められる
・業務の幅をどんどん広げていける

この3つが適うところはどこなのか。


その答えが、今この会社・ポジションにはあったんです。


つづく・・・


後編では、

・現在のポジションに至るまで
・今やっていること
・ベンチャー転職について

について語って頂きました!お楽しみに!



ーーーーー

経理のつながり活性化を行っています✨

経理の方同士、オンラインでわいわいお話いただく場をセッティングします!
ベンチャー経理、IPO準備経験者などマッチングもお任せください👍

少しでも気になった方は、ぜひDM、フォーム、またはメールにて🐨

✉:jfas_hr@japanfas.co.jp
フォーム:https://forms.gle/G7UvNpYHiAaEL4sV6
🐤:https://twitter.com/JAPANFAS_Career

3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings