1
/
5

成長を求めて入社したサイバーエースは「成長せざるを得ない」ぐらいのスピードで進む組織でした|社員インタビュー 後藤さん

みなさんこんにちは!CyberACE採用担当です。

今回は営業2局でアカウントプランナーとして活躍する後藤可琳さんにインタビューしました!昨年末のベストルーキー賞も受賞し猛スピードで成長中の後藤さんが語る、エースの成長環境とは……?

今どんな業務をされているんですか?

EC系のお客様をメインに担当していますが、旅行会社やインフラ系の企業様など様々な業界に携わらせていただいているので、かなり社会に対する視野が広がったと感じています。

また、サイバーエースは運用型広告をメインに扱っていますが、私の担当するお客様の中には、認知施策としてブランド広告を実施することもあるので、幅広い媒体を経験させて頂いております。例えばWEB動画媒体(YouTubeやTVer等)への配信を担当したりするので、社内の様々な部署と連携をとることも多く、たくさんの方と関わらせていただいています。

あとは最近新入社員のトレーナーとして育成にも携わり始めました!人に教えるとなると体系的に広告について理解していなくてはいけないので、改めて学ぶことも多いです。


前職も「広告営業」とのことですが、転職しようとおもったきっかけはなんですか?

前職はオンラインショッピングモールの運営会社で、ECサイト運営者向けの広告営業をしていました。「広告営業」といっても今やっている業務とは全く異なる、いわゆる「枠売り」営業だったのですが、社外で広告運用やEC業界の方とお仕事をする中でWeb広告に対する知識の深さや専門性を目の当たりにし、自分の知識の浅さを感じることが多かったんです。社内では通用しても、外で通用するスキルや知識が身についている実感が薄く、焦りを感じていました

今後Web業界はさらに成長していくと確信はあったので、その流れについていくために自身も業界最先端を学びたいと思い、転職を決意しました。


市場での価値を振り返ったときに、自信を持ってスキルと言えるものが少ないと不安を感じますよね。Web業界の中でもサイバーエースを選んだのはなぜでしょう?

Web業界で転職をしようと色々探しましたが、中でもサイバーエースを選んだ決め手は、スピード感を持って学び、成長できる環境だと感じた点が大きいです。

新卒の育成に注力している会社が多い中で、サイバーエースは「DM職(デジタルマーケター職)」という中途の育成にかなり力を入れた制度を設けているので、自身のステップアップの場として最適だと感じました!

また、サイバーエージェントグループということもあり、業界的にもトップレベルの知識やノウハウを学ぶことができるので、会社でしか通用しない人材ではなく、"デジタルマーケティング"という大きな業界で活躍できる人材になれるという点も大きな魅力でした。


「成長×スピード感」はたしかにエースにおける最大の魅力ですよね!実際に入社してみてギャップなどはありましたか?

スピード感を持って働けるとは思っていましたが、想像以上のスピードで進むことにギャップを感じました!入社して一番に教わったのが「とにかくレスを早くすること!」だったので、当たり前のことですがここを意識できたのが成長に繋がったと思います。

特に、私が入社した当時は育成制度もまだまだ整っていなかったので、習うより慣れろ精神でとにかくインプットすることが多く、日々ものすごいスピードで駆け抜けてきた感覚です。

私もトレーナーとして今度は教える側に立っていますが、今は育成カリキュラムがしっかり組まれていますし、さらに毎月ブラッシュアップされ続けているので、業界未経験の方もより効率的に学ぶことができる環境になっていると感じます!


サイバーエースでのスピードについていくのは大変ではなかったですか?

現在進行系でまだまだ学ぶことがたくさんあるので、毎日大変さは感じています。ですが、私達サイバーエースが掲げている目標は"昨年比2倍の成長"なので、倍々成長を目指している組織において楽なことなんてなくて当たり前ぐらいに思っています。

この環境だからこそ、これだけのスピード感を持って成長できているのだと思っていますし、ある意味サイバーエースは「成長できる環境」ではなく、「成長せざるを得ない環境」だと思っています!(笑)

私自身、余裕があるとどうしてもサボってしまうと思うのですが、エースはそんな暇がないぐらい毎日刺激や課題が現れるので、成長を求めて転職した私にとってはピッタリな環境でした。


確かに、組織が掲げる目標が高いからこそ、個人も高い目標を持って走り続けられる環境ですよね。これから後藤さんはサイバーエースを通してどんな人材になりたいですか?

「成長したい」という想いはあったものの、正直どんな姿をゴールにおいて成長したいのかはまだはっきりとなくて……。こうしてトレーナーをさせてもらえる機会だったり、案件であったり、チャンスに恵まれ成長することができたと思っているので、今後は自ら手を挙げて色んなチャンスを掴みにいきたいです!

個人のやりたいという意思を尊重してくれるのも、サイバーエースの素敵なカルチャーですよね。

まずは組織の目標達成が自身の目標でもあるので、目の前の業務でしっかり成果を出していきたいです。

これからも色んな困難や課題にぶつかると思いますが、それも楽しみながら、その分成果や自分の力になるようにこれからも頑張っていきます!

株式会社CyberACEでは一緒に働く仲間を募集しています
21 いいね!
21 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう