1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

大企業を飛び出す覚悟で決断した「転職」は振り返ると人生におけるターニングポイントでした|社員インタビュー 福田さん

みなさんこんにちは!CyberACE採用担当です。

今回は、表彰で名前が挙がらない月はないかも!?今まで月間MVPハイパフォーマンス賞、そして年間ベストルーキー賞にも選ばれ、Facebookコンサルタントとして大活躍中の福田望斗さんにインタビューしてきました!
最近はチームを引っ張る側としても活躍しはじめている福田さんですが、圧倒的スピードで成長し、結果を出し続けてきたそのモチベーションの源泉とは……?


前職は内装・インテリア関連の企業で法人営業を行っていたとのことですが、転職をしようと思ったきっかけは何ですか?

とにかく「もっと成長機会を得たい」と思ったことが大きいです。前職は大手企業だったので、どうしても組織の末端として働いている感覚が強かったんです。

また、メーカーだったというのもあり、お客さんの課題を解決したくてもモノでしか解決できないことにもどかしさも感じていました。自分"個人"の価値を提供できていた訳ではなかったので、自分自身が存在することによってサービスに付加価値を付け、貢献したい。そのためにはもっと個人の力を付け、成長しなくてはいけないと感じました。

できる限り多くの成長機会をもちたかったので、よりチャンスがあるであろう成長業界ーーWebマーケティングであったり人材業界ーーをメインに転職先を探していました。

縮小している業界だとどうしても今ある座席の取り合いになると思うのですが、成長している市場であれば、より打席に立てる人数も多いだろうと考えました。


その中でもサイバーエースを選んだ決め手は何でしょう?

サイバーエースは当時設立2年目の企業だったとはいえ、サイバーエージェントのグループ会社ということもあって、基盤が安定しているのは大企業から転職する上で後押しになりました。

また、サイバーエージェントグループのノウハウをそのまま学べる環境だったので、自分自身の力を付け、価値を高めたいと思っていた僕にはぴったりでした。

あとは何よりも人に大きな魅力を感じました

面接を担当してくれた社員さんは僕の転職についての軸や考えを親身に聞いてくれたり、最終面接では大さん(※エース代表)にその場で内定をもらい、入社後の役割期待なども語ってもらえたので、すごく”自分個人"と向き合ってくれる組織だと思ったんです。


異例のスピードで成長している福田さんですが、ここまで成長できたポイントは何だと思いますか?

自分で言うのもおこがましいのですが……(笑)、とにかくできるだけのことは全部吸収しようと思ってやってきました。

グループリーダーと先輩社員の二名が僕の育成にあたってくれたのですが、毎日どんなに忙しくても時間をつくってくださって、一日平均2~3時間ぐらい育成に費やしてもらっていました。

知識面でもスタンス面でも本当に圧倒的で尊敬できる方々だったので、まずはなんでも聞いて、お手本として全部真似してやろう、と。

お二人に限らず、エースにはお手本となる人がたくさんいるので、入社してから今まで貪欲に学び続けることができたのだと思っています。

でも、この一年を振り返ってみると順風満帆なんかではなくて、もがき続けた一年でした。

ありがたいことに受賞もたくさんさせていただきましたが、正直手放しで喜べたことなんてなくて……。「もっとできたことがあったのに」と悔しく思うことも多かったです。


そこまでストイックに仕事に向き合えるのは素晴らしいです!そのモチベーションの源泉はどこなんでしょうか?

とにかく期待に応えたい、お世話になった先輩に貢献したい、という気持ちが大きかったのと、あとは何より"覚悟"ですね。

前職はある程度安定が約束された環境だったので、それなりの覚悟を持ってそこを飛び出した以上は、停滞していたら死んでいるようなものだ、と常に焦りのようなものはあったかもしれません。

プレッシャーもありますし、常に自分と向き合わないといけない環境でもみくちゃにされてきましたが、サイバーエースでないとこんな経験はできなかったと思うので、本当に決断してよかったと思っています。


最近ではFacebookグループを引っ張る側として、全体の数字を見るというミッションを任されているようですが、実際にやってみてどうですか?

成長を求めて入社しましたが、思い描いていた通りーーもしくはそれ以上の速いペースでいろんなことを任せてもらえている実感があります。

この1年は"プレーヤー"としてとにかくがむしゃらに学んで、目標も達成し続けてこられたという自負はあるのですが、マネジメントは全くの未知の領域なので正直苦戦しています。

ですが、こうして結果を出してこられたのは、僕の育成にコミットしてくれた先輩方のおかげなので、今度は僕が先輩として、メンバーに結果を出してもらい、受賞の経験をさせてあげたいなと思っています。

自分のことだけ考えていればよかった今までとは違って、今後はグループとしての成果に向き合わないといけないのでプレッシャーも大きいですが、こうして任せてもらえていることは本当にありがたいですし、期待には絶対に応えたいです!


視座がぐっと高くなったんですね!そんな福田さんの次の目標は何でしょうか?

Facebookグループとしては、まずは業界地図を変えたいなと思っています!

売上もどんどん伸びてきて、サイバーエース内でもすごく期待されている領域だという実感があるので、Facebook領域においてまずはサイバーエージェント本部に次ぐ存在になって、サイバーエースという存在をもっと世に広めたいです。

個人としては、直近はマネジメントがメインの業務にはなってきているのですが、やはり運用者・コンサルタントとしてのスキルを磨き続け、プロフェッショナルを目指していきたいです。

というのも、意識の高いメンバーがどんどん増えて僕自身刺激をもらえているというのもありますし、こうして認めていただける機会が増えているとはいえ、入社当初の成長意欲は絶対に忘れてはいけないなと強く感じるんです。

個人だけでなく、チーム全体の数字達成も新たなミッションとなりましたが、それを言い訳にせずに成長し続けられる存在でありたいです!


最後に、エースを検討してくれている方にメッセージをお願いします!

小中高、大学、就職……と決まったレールを走り続けてきた中で、当時はまだ50人程度、2年目の立ち上げフェーズ組織に飛び込むのは正直怖さもありましたし、勇気が要りました。でも今振り返って、転職という決断は僕自身の人生におけるターニングポイントだったなと思っています。

転職前からは考えられないぐらいの密度の中で生きている実感があるんです。

サイバーエースは成長できる環境も揃っていますし、何よりも本当に良い人ばかりで、現状を変えて成長したいと思っている人にとって、転職して後悔することはまずないと思っています。

僕もこれから育成にはもっとコミットしたいと思っているので、今の環境に悶々としている人は、ぜひチャレンジしてほしいです!

株式会社CyberACEでは一緒に働く仲間を募集しています
16 いいね!
16 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング