1
/
5

「同じ時間を過ごすなら、成長速度はエースが一番だと思います」早期のリーダー抜擢がもたらす圧倒的成長とは


みなさんこんにちは!CyberACE採用担当です。
今回は、先日リーダーに昇格した神山さん・高倉さんにインタビューしてまいりました!同期入社のお二人は、リーダー昇格について、そしてエースの成長環境についてどう感じているのでしょうか?

これからWebマーケティングを学びたい方・成長環境に身を置きたい方は是非最後まで読んでみてください!


お二人とも、前職はそれぞれどんなお仕事をされていましたか?また、エースに転職したきっかけも教えてください!

神山:
エースで3社目になります。新卒で入った会社は繊維の商社、その後は大手広告代理店の法人営業として、「どうやって飲食店の集客をするか」を考え提案する仕事をしていました。Instagram等がトレンドになり、SNSを活用して集客をする企業も増えたことから、集客に興味を持ち始めたのが転職のきっかけです。マーケティングを学べば、飲食に限らずもっと提案できる幅が増えるのではないかと思い、転職を決意しました。

高倉:
前職は食品メーカーのマーケティング部で、3年間商品企画やプロモーションを担当しておりました。大手の企業ではなかったので、なかなか自分で作った商品が手に取ってもらえないのが悲しく「もっと商品を広めるにはどうしたらよいか?」と考えるようになったんです。そのためのデジタルマーケティングのスキルを付けたく、転職をしました!


前職から培ってきた経験が生きたことや、逆に前職と違って苦労したことなど、や違って苦労したことなどがあれば、教えてください!

神山:
前職では「構造的に考える・ロジカルに考える文化」があったのですが、これは今の仕事でも活きているなと感じています。また「自分ごととして当事者意識を持って働くこと・自ら率先して動くこと」等、積極的な姿勢はエースに入ってからも非常に役に立ちました。

一方で「Webマーケ」は全く未経験から入ったので、最初は話についていけませんでした。未経験で入ると誰でも通る道ですが…知らない用語が多く、インプットに時間がかかりましたね。

高倉:
私はプロモーションに関わっていたので、大枠で「マーケティング」という考え方は理解できていたのかなと思います。「どういうお客さんがどういう気持ちで食べたいのだろう」というユーザーインサイトの部分も前職でやっていたので、理解はスムーズでした。

ただFacebookやLINEそれぞれの媒体知識はゼロからのスタートだったので、そのインプットには時間がかかりました。


Webマーケティングの用語、量も多いし覚えるの大変でしたよね……。全く未経験から始めた神山さんも、1か月後には理解ができる状態、3か月後には会話ベースでしっかり落とし込める状態になったのだそう。そんなお2人が、今やリーダーとして抜擢されたわけですが、その話を受けたとき、率直にどう思われましたか?

高倉:
正直、「わたしでいいの?!」という気持ち
でした。他のリーダーと比べても早い時期での抜擢でしたし、まだまだプレイヤーでやっていく期間だと思っていました。

もちろん、“これからやっていきたいこと“という会話のなかで「マネジメント力が必要だよね」という会話はしていたのでやりたい気持ちはありましたが、うれしい反面すごく不安で、メンバーに対して申し訳ない気持ちになったりもしました…。

神山:
僕はシンプルにすごくうれしかったです。もちろんびっくりはしたんですけど…。ちょうど、仕事にも慣れてきて、案件+αの仕事ができていないことにやきもきしていた時期だったのと、もともとリーダーをやりたかったので、頑張ろう!という気持ちになりました。


お2人は入社同期ですが、お互いが同じタイミングでリーダーに昇格することを知っていたんですか?

高倉:
全然知りませんでしたね!(笑)昇格発表の当日に神山さんもリーダーになると分かって、とてもほっとしました。

神山:
ね(笑)とても安心したことを覚えています。


リーダーに昇格して間もないですが、2人はこの先「自分自身がどうなりたいか」などキャリアプラン等はあるのでしょうか。また、どんなチームにしていきたいかも教えてください!

高倉:
私は、ここで学んだデジタルマーケティングのスキルを活かしていつか食品業界で、商品を作る側としてプロモーションに携われたらな、と思っています。企画・開発商品をマーケティングのスキルで広めて、おいしいと思って食べてくれる人を増やし・笑顔にできたら嬉しいです!

自分のチームについては、トップダウンではなくボトムアップのチームにしていきたいですね!私自身、高校の部活くらいしかリーダー経験がなく、マネジメント初心者です。トップで引っ張るというよりは、メンバーとコミュニケーションを増やし、何事にもメンバー全員の「チーム目線」を大切にしていきたいです。また、各メンバーの「こうなりたい!」を一緒に考えて、高い視座で向上していけるチームにしていきたいと考えています。

神山:
長期的なキャリアやビジョンは正直まだ明確にはないのですが、短期・中期的な目標としては市場価値を上げていくことに重点をおきたいと思っています。また、もともと分析したり、ロジカルに物事を考えていくことが好きなので、運用面をもっと深掘っていきたいと思っています。

理想のチームについては、「仕事はドライにすすめ、プライベートの付き合いはウェット」なチーム運営をしていきたいと思っています。僕は結構ウェットで感情移入してしまうタイプなのですが、感情移入しすぎてしまうと、どうしても「サポートしないと」と思って仕事を巻き取ってしまうんですよね。

リーダーになったからには、メンバーの成長という観点は忘れたくないので、そういう意味で、時にはあえて見守る、という選択肢を取る必要もあるのかなと思っています。だからこそ仕事はドライに進めたいな、と。


お2人のようなリーダーにしっかり伴走してもらえて、チームメンバーが羨ましいな、と思いました!それでは、最後にこれから未経験でトライしたいと思っている方へメッセージをお願いします。

神山:
まずは転職において「成長軸」に重きを置いている方へ。

圧倒的に成長したいと思っている人にはめちゃくちゃお勧めの会社です!
業務内容・スピード感のある昇進、どれをとっても、同じ時間を過ごすならエースでの3年が一番密度高く成長できると思います。

また、「デジタルマーケティングがやりたい」という軸で転職活動をしている方

デジタルマーケティングをやっている会社は多いですが、「デジタルマーケティング」と一口に言っても領域はかなり幅広いもの。蓋を開けてみるとその中のたった一領域しか携われなかったり…ということもあると思います。
エースはサイバーエージェントグループとして、幅広いところにタッチできる点も、魅力です!

高倉:
風通しのよさ・人の良さが本当に素敵な会社です。
自ら発信することは必要ですが、チャレンジの機会をいつでもくれます。自分自身もやりたいと思っていた商材の案件を調整してもらえました。自分の意思で周りも動いてくれるところが会社の強みだと思います!

あとは何より人が良いです!!代理店は多忙ですが、人が良いので乗り越えられています!


最後に…

新しくリーダーになってからの期待と不安を抱えつつも、同期で一緒にリーダーになれてよかった、と話す姿が印象的でした。
エースは一緒の月に入社する同期がおり、困ったこと・楽しいことも含め相談したり切磋琢磨できる点も魅力的です。

圧倒的に成長したい方・デジタルマーケティングのスキルを身に着けたい方ご応募おまちしております!

株式会社CyberACEでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング