1
/
5

なにをやっているのか

YouTubeチャンネルは登録者100万人を達成しました
YouTubeでは話せないビジネス、マインドに関する記事と音声を毎日配信する月額配信サービス「Inside Stories」
収益性の高いインフルエンサー事業を堅実に続けてきました。2024年はより多くの人に人生を変える機会を届けることができる新規事業に挑戦していきます。 現在は、大きく3つのカテゴリーの事業に取り組んでいます。 ①インフルエンサー事業 ②新規事業 ③店舗事業 【インフルエンサー事業】 元々Surpriseは、代表 真子の発信活動を行う会社として設立されました。原価が掛からず、競争優位性が真子のクリエイティブと熟達したサポートチームのスキルにあるため、高い収益性を実現することができています。インフルエンサー事業を通じて多くの方に影響を与えられることには理念を体現する大きな価値を感じているため、今後も続けていきます。 ◎YouTube「マコなり社長」チャンネルの運営 主にYouTubeなどのSNSを通じて「明日から仕事・人生に役立つ話」を配信しています。YouTubeではビジネス系YouTubeチャンネルとしてはトップクラス(2024年1月現在のチャンネル登録者数98万人)の実績を残しております。生産性の高い便利グッズ紹介のようなカジュアルな動画で視聴者に興味を持っていただき、思考法・価値観を伝える動画で人生を変える機会を生み出しています。ありがたいことに、毎日のように視聴者の方から感謝のご連絡をいただきます。2023年は2つの100万回再生を超える動画を出し、一気に100万人登録目前まで伸ばすことに成功。動画は真子1人では実現できないチーム戦です。この動画が誰かの人生を変えるきっかけになると信じて、一本一本を大切につくっています。 ◎月額マガジン「Makonari Inside Stories」の運営 YouTubeでは話せないビジネス、マインドに関する記事と音声を毎日配信する月額配信サービスです。リリースから3年以上が経過してもなお、個人の情報発信サービスとしては国内トップクラスの規模(単価*購読者数)となっています。2023年も会員数を伸ばすことができました。 ◎Surprise Schoolの運営 マコなり社長の生講義&ワークショップ、1on1などを通して、思考習慣と生活習慣を変える選抜制スクールです。2024年のみ実施するマコなり社長としての最後の教育事業です。 【新規事業】 現在はステルスで事業開発及び仮説検証を行なっています。インフルエンサー事業は収益性は高いものの、高い収益性がある反面、代表 真子への依存度も高く、拡大再生産しながらスケールを目指すのは困難です。規模が大きいことが正義とは思っておらずあくまで理念体現が重要であるという前提ですが、これまで得た知識、経験、資金を活用してインフルエンサー事業以上に世の中にインパクトを与えられる事業を開発していきたいと考えています。 ◎今を夢中に生きる人のための日用品・化粧品の開発 人々が毎日使う具体的な商品を開発しています。機能性の高い商品を通じて新しいライフスタイルを提案することで夢中で生きる人を応援するブランドを目指します。2023年から本PJはスタート。2024年夏までのリリースを目指しています。 ◎投資支援事業 理念に共感する会社(BtoC)への投資支援を行なっています。 そのほか新規事業の立ち上げも進行・企画中です。 【店舗事業】 ◎会員制プライベートサウナ&バーラウンジ「BAR SAUNA」運営 ととのって語らう体験を提供する完全会員制プライベートサウナ&バーラウンジを運営しています。サウナはオリエンタルラジオ藤森慎吾氏が監修。BAR SAUNAでは、2022年に公式LINEアカウントとクラウドファンディングサイトで会員権販売を実施。最終的に集まった総額は9500万円超で、1店舗のクラウドファンディング企画としては、歴代最大規模となりました。BAR SAUNAは2023年2月にオープン。現在は、会員の皆さまにさらにご満足いただける店舗を目指し改善を続けています。今後はBAR SAUNAの更なる発展はもちろん、立ち上げや運営のノウハウを活かした関連事業にも挑戦していきます。

なぜやるのか

会員制プライベートサウナ&バーラウンジ「BAR SAUNA」
一緒に働くメンバー同士、お互いをリスペクトして働いています。フルタイムの社員数は10名以下で、仲が良い方だと思います。派閥や好き嫌いなどの人間関係の問題が起こらないように慎重に採用しています。
「人生にサプライズを」 誰かの人生を幸せにする機会をつくり続けたいという在り方を表現した一言です。サプライズには、人々に想像、期待を超える感動や喜びを提供したいという意味がこめられています。 人生を変える「機会をつくる」というのがポイントです。他人の心と結果は完璧にコントロールできません。サプライズを生み出すには、自分の内面を磨き、他者貢献を実践し続けるしかありません。 資本主義、貨幣経済は急速に社会を発展させました。人々は豊かになり、世界の貧困は解決に向かっています。ですが、戦争、高齢社会、環境問題をはじめ人類の課題はまだ山積みです。決して楽観視できる状況ではありません。 これからの人類にとって重要なのは量的な幸せから質的な幸せへの方向転換です。より多くを求めるばかりではなく、今この瞬間を豊かに生きることに目を向けることです。資本主義や成長を否定するわけではありません。バランスを取る必要があると考えています。 世界は複雑でこれをやれば世界が変わるという革命的なアイデアは存在しません。ただ1つ、確実に言えることは、他者の人生に影響を与えたいのであれば、まず自分から変わらなければならないということです。 Surpriseでは共に働く仲間に対して「Surprise Philosophyへの共感」を最も大事にしています。Surprise Philosophyとは理念、ビジョン、クレド、ルーティンを総称したモノです。ここの限られた文量で説明は難しいですが、Philosophyは事業よりも上位の概念として位置付けています。一人一人がPhilosophyを実践し続けることで、すべての人が幸せに生きる世界を実現できると信じています。 Surpriseでは社会のルールを守る限り事業内容に善悪の判断を行いません。「この事業でこんな素晴らしい世界を実現する」と綺麗事を並べても営利企業である以上は「奪い合い」であることを否定できません。便利な商品、サービスを生み出し、効率上げ続ければ豊かになれる時代は終わり迎えようとしています。私たちは事業内容よりも働く人たちがPhilosophyと体現を重視します。 資本主義社会の戦いから目を背けず、自分自身が変わり続けることで、すべての人が幸せに生きる世界を実現します。

どうやっているのか

オフィスは渋谷にあります。決まったお昼休みの時間はなく、各々のタイミングで休憩や食事をとります。時折メンバー同士で一緒にランチに行くこともあります。
毎朝メモ書きをしてクレドの体現ができたかを振り返りしています。
【クレド】 Surpriseで働く人が幸せに生きるために大切にしている5つのクレドがあります。クレドの体現をできるように、クレドにそって行動できていたか振り返る機会を毎朝作っています。 ①主体的に動く すべての責任は自分にあると考える。どんなときも「これからどうするか」を考えて前向きに行動する。 ②理解に徹する 人は理解されていると感じて初めて相手を理解しようとする。自分の価値観で相手を判断しない。他者の気持ちに寄り添って相手の話に集中する。 ③感謝を伝える 人はどんな恵まれた状況にも慣れてしまう。日頃から心からの感謝を伝えることで幸せを再認識できる。出会うすべての人に「ありがとう」を伝える。 ④できないことに挑戦する 常識にとらわれずに出来ないことに挑戦する。挑戦は心の壁を壊してより自由で希望のある人生をつくる ⑤他者に貢献する 見返りを求めず、人の役に立つ。他者に貢献することで自分の価値を実感することができる。 クレド(行動規範)というのは形骸化しやすく、個々人が何度も振り返り自分の行動を見直して初めて価値を持ちます。 【ルーティン】 ルーティンとは理念、ビジョン、クレドを体現し続けるために必要な具体的な習慣(ルーティン)です。どんなに優れた思想、価値観も納得しただけでは無意味です。どんなにその瞬間盛り上がってもやがて必ず風化します。思想や価値観は実行し続けて初めて現実が変化していきます。Surprise Philosophyでは、具体的なルーティンと、ルーティンを続けざるをえない環境を用意して、実行し続けることを重視しています。 ◎クレド振り返り クレドを体現できているか定期的に振り返りの機会をつくります。 ◎クレドスピーチ クレドにもとづいたスピーチを行います。 ◎Surprise Thanks 仲間に感謝のメッセージを文章でおくります。 ◎Good and New 最近あったよかったことや新しいニュースを共有します。