1
/
5

なにをやっているのか

いつも笑顔で!
常にコミュニケーションを大切に!
私たち税理士法人リアン・パークスは 不動産、相続に特化した税理士事務所です。 【ユニークな特徵】 若手税理士3名で設立した税理士法人です。 弁護士・司法書士・不動産鑑定士など、 案件に応じたスペシャリストとともに、ワンストップサービスを提供しています。 お客様とのコミュニケーションを重視し、今まで培った知識や情報を組み合わせることにより、一人ひとりにオーダーメイドで最善のご提案をしております。 当事務所なら、不動産と相続の専門分野に特化した深い知見とスキルを得られますよ。 現在5期目、ミッションやバリューの策定など、まだまだ組織を構築している段階です。これから一緒に会社を創っていただける、ともに成長していける方を求めています。 【これからの展望やビジョン】 売上目標は年間2億円、全員の年収を現在の2倍以上に増やします。 人々の周辺にあるあらゆる相続と不動産に関する不安を解消してまいります。

なぜやるのか

■「なんでもできる」は、なにもできないに等しい  会社の限られたリソースを最大限、何よりもお客様へ届けるために、不動産と相続に特化した分野でスペシャリストでありたいと私たちは考えています。 「全方位対応」を謳った結果、専門性が欠如することで、結果的にお客様へ迷惑をかけている税理士事務所も残念ながら世の中に存在するのが現状です。 ■私たちのミッション 「100年続く税理士事務所を〜孫の世代までサポートできる事務所を目指します〜」 最近の税務は単なる会計顧問だけでなく、組織再編・事業承継も含めた相続業務などに至るまで、複雑化しております。 専門性を持つ税理士の少ない税理士事務所にとって、このような状況下でそれぞれのニーズに対応していくことは、困難を極めるでしょう。 当法人は複雑な専門分野に特化した、下記のような税理士が集まっています。 ・資産税担当 ・元国税の会計顧問担当 ・公認会計士で管理会計 ・経営計画担当 など 組織化し、各専門分野に強い税理士をそれぞれ配置する私たちのような税理士法人であれば、複雑化した税務業務にも対処することが可能です。 また、当法人ではカルチャーや評価制度など、自分たちのこだわりの組織を全てスタッフみんなで作っています。だからこそ、私たちははみんながいきいきと働けるのです。 独自の組織と高い専門性が、よりよいサービスの提供につながると考えております。

どうやっているのか

「せっかく働いているのでみんな楽しくいたい」――上から押さえつけるのは古臭い手法だし、そんな雰囲気は不要だというのが私たちの考え方です。 ・10名ほどの規模の事務所 ・愛知県を中心に岐阜県、三重県、静岡県で活動 ・3名の共同代表、2名の正社員(男性)、5名のパートタイマー(女性・男性)で構成 ・30代、40代中心の若い組織 【私たちの特徴やキャラクター】 ■いい意味で、まじめな人はひとりもいない! 税理士事務所にしては「ゆるい」組織です。しっかり取り組むべきときは真剣に、しかしメリハリを持って、コミュニケーションを取っています。 プライベートでは、よく飲むメンバーが多く、3、4カ月に一度ほどの頻度で食事の交流をしています。また、代表も従業員も全員が麻雀を嗜むため麻雀交流会(もちろん任意参加)があります。 【仕事の進め方やカルチャー】 ■社内のチーム全体で処理をチェック 人数は多くないため、全員がチームとして機能しています。クライアントごとに担当者が付きつつ、間違いがあってはいけない数字の部分は全員でチェックする、といった具合です。 ■常にトップと目線合わせができる風通しの良さ 正社員からパートさんまで月イチで代表が1on1の面談を行い、スタッフがアウトプットや意見できる場を設けています。