1
/
5

なにをやっているのか

ITは大切だけど、ITに縛られないような組織をつくり、好奇心やワクワクすることに自由にチャレンジできる社風を大切にできる組織をつくろうとしています。 ・IT未経験者の教育、育成 ・研修講師の育成 ・専門学校向けのIT研修 ・ネットワークインフラの構築・設計・運用 ・WEBシステムの開発 ・スマホコンテンツ作成 ・スマホコンテンツ企画・運営 ・キャラクターデザイン企画・製作 ・アプリケーションヘルプデスク など、ITを軸とした事業展開をおこなっていますが、すべて異業種出身で、未経験だったメンバーが、取り組んでくれている異色の企業です。 グループの別企業で、IT未経験者の育成や取り組みに特化した事業を数十年してきたからこそできるノバストサカスならではの武器(企業体制)かもしれません。 なので、経験は一切不問。 まずは、ワクワクすることを探したい。 ワクワクすることにチャレンジしたい。 そんな前向きな気持ちを持った仲間を集めています。

なぜやるのか

どうも。代表の浅井です。 経営者として約15年。41歳です。昨年末あたりから四十肩になりました。 すでに別会社を経営したり社員の起業支援等をしていますが、 コロナ禍直前の2019年に新しい会社を立ち上げました。 その名も、ノバストサカス。 「伸ばす。と、咲かす。」という意味です。 企業経営においては、自分自身の20代の経験から、 「人に場を与え、繋げ、拡げる」という考えが軸となっています。 それは、大学卒業後。 若気の至りで、強気で、なんでも上手くいく!と、思い込み、 就職した大手企業を2ヶ月で辞め、ベンチャーへ。 しかし、転職先のベンチャー社長に騙され、 夜逃げされ、借金と無職の肩書だけが残る始末。 やり直そうとしても、社会はそんなに甘くなく。 正社員に戻る難しさ、未経験という肩書に対する風当たりの強さを痛感しました。 運よく、その後、友人の紹介で、これから会社を立ち上げるという社長のもとで、 未経験ながらも様々なチャレンジをさせてもらったことで、現在の自分がいます。 そのような過去の経験があり、 可能性を拡げてくれた当時の社長に感謝しつつ、 今度は、次の世代に自分が恩返しする番。と考え、 「人に場を与え、繋げ、拡げる」というベースとなる理念を軸に、 ワクワクできそうなことに目を向け、 ワクワクすることに自由にチャレンジしてもらいたい。 一人一人のやる気やスキル、好奇心を伸ばして咲かせる。 という企業コンセプトで、「ノバストサカス株式会社」を立ち上げました。 ワクワクする前向きな気持ちを持ったメンバーが集まって来てくれると嬉しい!

どうやっているのか

一か八かの ドベンチャー! というわけではなく、 既存のグループ数社(10年以上黒字経営)との連携で、 あるものをうまく活用しながら、新しい風と色を取り込みながらのスタートです。 まずは、何をするにしても、「人」が重要です。 ノバストサカスに興味関心を持ってくれた人や、 一緒に会社を大きくしてみたい。と思ってくれる仲間に来てもらい、 そこから各事業部の創設と体制構築をおこなっていきます。 一人一人のチカラは小さくても、 10人、50人、100人と集まることで、大きく、強いチカラに変わっていきます。 ノバストサカスはきっかけを与える「場」に過ぎません。 集まってきてくれる仲間によって会社の形や色は変わります。 だからこそ楽しいし、思ってもいなかったような可能性が生まれてくると信じています。 あんなことしてみたい、こんなことをしてみたい。 を、叶えてあげれるよう、会社を成長させていきたいと思います。