1
/
5

これ一本で全てマスター!新規事業の潰し方!

こんにちは。ふじもとです。

今日は金曜日で少し疲れたので、都合悪いことは全て世の中のせいにして記事を書こうと思います。

ネタは新規事業の潰し方にしましょうかね。

まずは市場規模の計算で潰す

実は僕と牛島で考えた最初のサービスは「傘のシェア」です。

今はもう「アイカサ」というサービスが登場しましたね。https://i-kasa.com/

思いついたきっかけは忘れましたけど、相当興奮したのを覚えています。

※LPに使おうかと思った写真。ちなサービス名すら忘れた

天才かと思いました。資金調達も10億くらいできると思ってました。

事業が成り立つかを計算するまでは。

1本100円で貸すとして、基本は駅周りで貸すことを想定していました。

主要駅の渋谷・新宿・池袋・東京駅あたりは10万人くらいはいるような気がしてました。

20人に一人使ってくれると5000人のユーザーで50万円の売上になります。

年間120日くらい雨が降るとすると6000万の売上になります。

ショボ!!!

ということで30分くらいでボツになりました。

もっと雨が降らない日本の気候が悪いですね。

それかアイデアは素晴らしいので法人向けのサービスにするとか、もっとこう色々マネタイズの方法を教えてくれなかった世の中が悪いです。僕たちは悪くない。

実際なんとか突破する方法を考えている起業家がいる時点で、僕たちが雑魚だったし、アイデアなんてなんの価値もないということがわかりますね。

次にニーズを履き違えて潰す

その次にできたのが動画コマース×音楽という確信的なサービスです。
天才的にイケてるアイデアでしょう?

これはJKみんなが使うようになる世の中になるイメージが湧きました。
「わい猛虎、阪神の優勝を確信」くらい確定的に明らかだと思ってました。

実物見せるまでは。

動画でECでさらに音楽掛け合わせるなんて誰が思いつきますか?
シリコンバレーで流行りそうなくらいクールじゃないですか。

そういうわけでヒアリングしにいくわけですよ。

わい「Tiktokでこの子が着てる服買いたいと思わない?」
JK「めっちゃ思う!」
わい「やんなー(勝ち確や!!)」

ウキウキして動画をとり、音楽をつけて編集して、もう一回渋谷に突撃!

できた動画は相当な自信作でした。少し感動すらしてました。

※動画の製作中の画面。音楽つけるといい感じだったんやけどな、、

ナンパと間違われながらなんとか時間を作ってくれるJKを見つけ、動画を見せたところ

JK「よくわかんない」

「おやおや、理解力が足りてないのかな?」と思い、さらに20人に聞いて回ったところ、
「購買意欲が上がった」と回答したのは0人。現実を受け入れられませんでした。

ほぼ全員が「色んな服見たいのに動画で何秒も見ない」とのこと。

そりゃそうや。Tiktokは面白いから見てるわけで、その体験の中で瞬間的に欲しいと思ったタイミングで買えるなら素晴らしいやろ。

でも僕たちのサイトで買ってくれてもよくない?僕たちだって頑張って作ったのに。
僕は価値のあるものだと思うのに、認めてくれない大人が悪い。
ニーズないならないって先に教えてくれないのも悪い。

人ってニーズとかやりたいこととか自分でもわかっていないものなんですよね。

インサイトも全くなかったし、スイッチする財布も微妙でした。マーケットの伸びも実はそんなにありません。

こうやって何回も何回もサービスを作っては潰して、少しづつ事業の作り方を学んでいき、最終的に非大卒に特化したキャリア支援という形に落ち着いたのでした。

株式会社前人未到では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング