1
/
5

なにをやっているのか

「障がいと生きる人が人生を変える会社」 株式会社staraは、「ALL STARS~誰もが輝く社会へ~」をビジョンに掲げ、 障がいをお持ちの方に【教育】と【雇用】【実際の仕事経験】を提供しています。 *障がい者就労支援施設A型事業とは? 障碍者総合支援法にもとづいた福祉サービスの1つで、障がいや難病がある人が雇用契約を結んだ上で一定の支援がある職場で働くことができるものです。 障がいをお持ちの方が、雇用契約を結びながら仕事のトレーニングを積むことにより、生活の糧と仕事のスキル、どちらも得ることが出来る為、非常にニーズの高いサービスです。 「働くを教える」から「生きるを考える」へ テクノロジーの発展や価値観の多様化が進み、めまぐるしく時代が移り変わりゆく中で、 ただ「企業に就職するための小手先の知識」を教えたり「表面的な仕事のスキル」を教えることは既に時代遅れだと思っています。 型にはまった「就労支援」は「障がいと生きる人が人生を変える」うえで、あまり本質的ではありません。 だからこそstaraでは、どうすれば障がいと生きる人の人生がもっと実りあるものになるのか、生活が楽しくなるのかを徹底的に考えて、そのメソッドをサポートに組み込んでいます。 staraに関わる全ての人が夢と希望を持てる世界を実現するために、私たちは『生きること」を考えます。 現在は埼玉県越谷市に3つの事業所を展開していますが、今後は、越谷市だけでなく全国に展開していきます。

なぜやるのか

私たちは「障がいと生きる人が人生を変える会社」というミッションのもと、 「ALL STARS~誰もが輝く社会へ~」というビジョンを目指しています。 私たちには誰もが抱える障害があります。 思い込みや自分で決めた限界、こころの壁。 「障がいを抱えているから仕方ない」 「障がいを抱えているから諦める」 そう思い込んでしまう気持ちもよく理解できます。 しかし私たちは確信しています。 どんな人であろうと、 障がいがあったとしても、 誰もが自分を信じることができ、 夢と希望を持つことができると。 私たちは、障がいをお持ちの方一人一人と向き合い、自分自身が自信を持てるようになるためのサポートと寄り添いを行っていきます。 障がいをお持ちの方が本当の意味で豊かになり、輝きだし、幸せになっていくためのサポートと環境を提供し、staraに関わる全ての人が輝き、夢と希望を持てる世界をつくることを目指しています。

どうやっているのか

「staraの哲学」 staraの大切な哲学に「自己肯定感を高める」というものがあります。 夢や目標を持ち、心豊かな生活を送るためには、まず自分を認めて自信を蓄えることだとstaraは考えます。 そのためにstaraでは、3つの仕組みを用意しています! ①業界初のお給料UP制度 しっかりとお仕事をして成果を出した人や目標を達成した人を評価する人事制度があります。 ②未来のワークショップ staraは仕事をするだけの場にとどまらず、自分だけの夢や目標を持って頂き希望に溢れた人生を歩んでもらいたいという想いから、面談やワークショップを定期的に開催しています。 ③スキルUPのフォロー 人気のPC作業から簡単なお仕事まで、様々な種類のお仕事を用意し、利用者さんに在った内容で一歩一歩成長していくことができます。 これ以外に、ゴミ拾いプロジェクトというイベントを開催し自己肯定感を高めるための施策を考えています。 「業界の枠にとらわれないために」 staraでは就労支援の事業所で日本一の存在になることを目指しています。 業界にとらわれない新規事業に取り組んでいます。 2020年は2つの新規事業の立ち上げに成功しました! ①WEBサイトチェック事業 ②Ghost restaurant(ゴーストレストラン)事業 上下関係なく、誰でも自分の「こうしたい!」を社長や幹部陣に届けることができ、 実際に、月に2回開催される幹部ミーティングで、プレゼンを発表する機会があり、希望する社員は年齢や経験の有無に関係なく、手を挙げることができます。