1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

TYPICAは2019年11月に創業した「生まれたて」の会社です。 ダイレクトトレードによるコーヒー生豆の売買を仲介することが主な業務ですが、その仕事を通して私たちは「サステナブルな世界をつくる」というビジョンの実現を目指しています。 不透明だったこれまでの流通経路やコストを完全に透明化することで、安定的な品質や収益を確保し、コーヒーをサステナブルなものに変えるのです。 具体的には、コーヒー生豆の輸入を18トンのコンテナ単位から一袋30~60kg単位で行えるようにしたことで、家族経営の小規模な生産者でもダイレクトトレードが可能に。生産者とロースターの「顔が見えるコミュニティ」をつくることで、双方のやりがいや品質向上につなげるだけでなく、世界全体のコーヒークオリティを飛躍的に高められるのです。 「美味しいコーヒーを、ずっと美味しく。」をミッションに掲げるTYPICAが目指しているのは、2030年までに「(扱うコーヒー生豆の質、量ともに)世界一の事業に育てる」こと。 世界でもっとも多種多様かつ小ロットのコーヒー生豆を売買する市場をつくるだけでなく、マーケットを利用するコーヒー生産者とロースターのナラティブ(物語り)を発信し、生活者のコーヒー体験価値を高めるコーヒーメディアになります。 TYPICAはマーケティングを開始してから1年で、世界7ヵ国1000軒以上の生産者&ロースターネットワーク(そのうち日本国内のロースターは約500軒)を有するプラットフォームへと成長しました。今後もそのネットワークをさらに拡大していく予定です。

なぜやるのか

世界的にコーヒーの消費量は拡大傾向が続いている一方で、「高品質なコーヒーの生産量が減少し続けている」という社会問題に直面しています。 原因は主に「地球温暖化に伴う気候変動」と「コーヒーの国際価格の不安定さ」。現在、世界に流通しているコーヒー原材料(生豆)のうち約9割が、先物商品としてニューヨークとロンドンの証券取引所で価格を決められています。 つまりコーヒーは、需給バランスの変動や投機マネーの流入により、取引価格が乱高下しやすい作物だということ。生産者にとっては「安定的な収益を確保しづらい」ため、転作、離農するケースが相次いでいるのです。 こうした状況において、「コーヒー生豆の価値を安定させ、生産者の暮らしを守る」カギを握るのがダイレクトトレードです。 従来、コンテナ単位(60kg麻袋300袋相当)で取引されるため、大規模な生産者や大手のロースターのみが行っていたコーヒー生豆のダイレクトトレード。TYPICAは小規模生産者とロースターをオンラインでつなぎ、物流をシェアする※ことで、一部にしか開かれていなかった"扉"を、すべての人々に開いたのです。 ※ ロースターの注文をまとめて、一つのコンテナに載せる。   また、TYPICAはニュークロップ(収穫したての旬のコーヒー)のみの流通を担っているので、生産者がオンラインで公開したニュークロップを、ロースターはすぐに買い付けることができます。ゆえにリスト公開後、ものの数分でマイクロロットが売り切れることも。遠く海を隔てたロースターとのダイレクトでスピーディーなやりとりが、生産者の生産性やモチベーションの向上につながるのです。 この「革新」が社会にもたらすインパクトは絶大です。生産者の経済的自立や雇用の拡大、生活水準の向上を促すにとどまらず、学校や病院の設立など、地域コミュニティそのものを変えていく可能性を秘めています。そしてそれは、世界全体のコーヒーのクオリティを飛躍的に高めるのです。

どうやっているのか

事業基盤のないところからコーヒー生産者とロースターの新規開拓を始めたTYPICAは、周囲からは非現実と思われるようなことを実現させていく会社です。 ・できない理由を探すのではなく、どうすれば実現できるかを考えて行動する。 ・遥かなる理想に向かって、自分や仲間の可能性を信じて行動する。 ・常識や固定観念に左右されず、ビジョンを仲間と共有しながら、自分の良心に忠実に実践する。 TYPICAのメンバーはそんなマインドを持って、日々の仕事に取り組んでいます。 チームとしては、各自が得意なことや好きなことに情熱を注ぐことで誰かの役に立ち、お互いに感謝し合えるような関係性を目指しています。