1
/
5

【Minelead 社員インタビューVol.3:家電量販店の店長から業界を変えて転職したIT業界未経験のスタッフ北澤と教育指導にあたる経験者スタッフ佐伯の取材を実施しました 】

Q:まず初めに北澤さんが業界を変えて転職し、未経験でIT業界に挑戦したきっかけは?

北澤:

マインリードで働いている友人からの紹介です。

前職では、家電量販店で10年程努め、直近では店長として勤務していました。店長として、チームで成果をあげる事にやりがいを感じていたものの、一度も転職した経験がなかった為、「様々な企業で働く経験をしたい」、「マネージメントに特化している仕事に携わりたい」と考えるようになりました。マインリードで働いている友人からITコンサルティングの仕事はどうかと紹介されました。プロジェクトが計画通り遂行されるようにマネージメントし、案件によっては、様々な企業に携われるITコンサルティングは、私が挑戦したいと思っていた二点を実現できると思い入社を決意しました。

 未経験で入社して現在で三ヶ月が経過しましたが、経験のある先輩からOJTで業務を教えて貰いITの基本から勉強を始めています。

Q:具体的にOJTでの研修は、どのような手段でされているのですか?

佐伯:

初めにスキルアップチャートを用いてスキルアップ計画を共有します。その後、計画に沿って成長できる実業務を担当して貰い、対応方法の検討や不明点の説明などをサポートします。

北澤さんは、今回が初めての現場参画だったため、まずはミーティングに必ず参加してもらい議事録を取ってもらいました。未経験の方は、専門用語を知らないため、会話をするのにとても苦労すると思います。議事録を取って頂く事は、専門用語を理解して貰う事、IT業界に慣れる事が目的です。

次のステップとして、ベンダーへの問い合わせという業務を担当して貰いました。他人に説明をするための準備をする事で、業務内容の理解を深める事を目的としています。一からメールの文章を作り、私たちのシステムを知らない人に説明する事も全部一任してやってもらいました。

北澤さんへは詳細なアクションを指示せず、タスクの目的を共有し、北澤さん自身でアクションを考え行動してもらいました。私の思いとしては常に自分で調べて学ぶ姿勢で業務に取り組んで欲しいと考えているためです。

Q:OJTを受けての感想はどうでしたか?

北澤:

課題の多さを感じました。

最初の課題は単語の理解で、ミーティングに参加しても、単語が分からず、何を言っているのか全く理解できませんでした。分からない単語を全部ノートに書き出して、そこに調べた結果を記載する事を繰り返しました。1か月のプロジェクト対応期間30~40ページ程あったと思います。会議が終わったタイミングで自身で調べてから、佐伯さんに確認していました。繰り返し行う事で、徐々に会議の内容を自分なりに理解し始めて行きました。言葉が分かってくると何の業務をしているか理解でき、次のアクションの予測も少しずつ見えてくるようになり、仕事の楽しさを理解し始めました。

メールも、始めは内容を確認してもらい、訂正していただきながら作成していました。ようやく自分ひとりで自信を持ってメールを出せるようになったのは最後の最後でした。

Q:今回のOJTを行い、今後改善すべき課題はありましたか?

佐伯:

「プロジェクトの中でフィードバックする時間を丁寧に取ることができなかった事」と「未経験者の抱える疑問が分からない事」は課題だと感じています。いずれも、事前にスキルアップチャートを作成する事により、課題の共有とアドバイスを実施して対策していましたが、日々の業務の中で細かくサポートする事が出来ませんでした。

プロジェクトの状況によっては、サポートするための時間を取ることが困難なこともあります。時間の確保と、未経験者にフィットしたサポートをする為の手段を検討する事が今後も課題になります。

北澤:

フィードバックの時間は大切だと実感しました。特に、アウトプットするものに関するフィードバックが重要で、自身で気づけない事を指摘して貰えることが成長に繋がりました。また、併せてアウトプットする事の重要性も実感しました。

アウトプットで最も難しいと感じたことは、「相手に伝える」という事です。聞き手の視点で作る事を意識したり、立ち位置の違いで内容を変える必要があると認識しました。以前は、その点を意識したことがなかったと痛感しました。

実際にアウトプットして、フィードバックをして貰う事で、改めて理解できていない点や確認を怠っていた点などを見つける事ができました。

今後は、自主的に時間を見つけてアウトプットの時間を作っていこうと考えております。

Q:OFF JTになった場合は、どのように研修を続けていくのですか?

佐伯:

スキルアップチャートで評価と課題を共有し、適宜リモートでミーティングをしながら研修していきたいと考えています。現場対応の負担にならない程度に、成長度に合わせてミーティングの頻度を変えていこうと思っており、まずは、一週間に一回の頻度で実施していたいと思います。

北澤:

私からは、週報として毎週報告をあげようと考えております。現場が違う佐伯さんへの報告は、アウトプットの練習にもすごく良い機会だと捉えています。対応した業務だけを伝える表面上の報告をするだけではなく、作業の意味と目的を常に考え業務に当たった上で、今後に活かせるフィードバックを貰えるような報告をしたいと思っています。

Q:OJT/OFF JTに関わらず、教育する側と教育を受ける側として心がけている事を教えて下さい。

佐伯:

「話しかけやすい環境、雰囲気を作る事」と「自主性を養ってもらう事」です。今回のOJTでも業務都合で教育の時間を確保出来なかった時は、ランチ時間など業務外のところで時間をとり、話しやすい環境作りを意識していました。一方で、自主性を養ってもらうため、厳しくても自分で達成できるという達成感を感じて貰えるように、具体的な指示を細かく出さないようにしています。ただ、教えられる側のモチベーションを保つ為に、適宜詳細に教えて、バランスをとるよう心がけています。

10教えないといけないところの1~2を教えて、自分で自走できるよう成長して欲しいと考えています。

北澤:

先ほどと同じになってしまいますが、「インプットで終わらせず、アウトプットする」事と、業務も含めて、佐伯さんからの指示の「意味や目的を理解する」事を心掛けています。

また、諸先輩方の時間を無駄にしないよう効率的に話ができるよう心がけています。

将来的には、自身が育成する立場になる事も想定して、日々の業務に当たるように努めています。

Q:最後に、北澤さんはマインリードに入社してどう感じていますか?

北澤:

入社して、立場が教える側から教わる側に変わり、知らない事がたくさん溢れてます。

プレゼンテーションや資料作りが上手くいかず悔しいと思う気持ちがあるから、成長したい上手く作れるようになりたいと思います。毎日新しい事に触れる刺激があり楽しいです。

業種を変えて未経験で入社しても、不安を払拭してくれるような環境がマインリードにはあります。自分から踏み込んでいけば、たくさんの可能性があるところです。

株式会社マインリード's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more