1
/
5

「可能性は広がる」理系からブライダル業界に転向した私が伝えたいこと。

2021年4月にSORANIKEで長期インターンを始めた堀田恭平さん。
理系学生ですがブライダル大手に内定が決まり、現在は就活サポーターとして23卒学生のサポートをしています。
今回はそんな堀さんにお話を伺いました!

可能性は広がると後輩たちに伝えたい

ーーなぜ就活サポーターとして、SORANIKEで長期インターンを始めたのですか?

一番の理由は後輩のために尽くしたいからです。
根本的に人が好きなんですけど、その中でも私を尊敬して、ついてきてくれる後輩が大好きです。 気楽に過ごせるので、一緒にいて楽しいですしね。もちろん、後輩にも気を遣われないように接することを心がけています。
長期インターンは自己成長につながるという気持ちもありましたが、それ以上に「後輩のために何かできることはないかな~」という思いの方が強かったですね。

それに私自身の就活が結構特殊で、理系の男子学生なのに進路はブライダル業界なんですよね。 この自分の就活の体験を生かして、「キャリアの選択肢や可能性はいくらでも広がるんだよ」ということを、後輩たちに伝えたいと思いました。

ーー現在の業務内容を教えてもらえますか?

業務内容は主に3つあります。

・面談(自己分析のお手伝い、就活全体のお悩み相談、ES添削など)

・SNS運営(LINEで就活のHowtoや業界の構造を伝える、インスタで役に立つ情報の発信)

・就サポイベント(当日の司会やスライド製作、集客・ファンメイキング)

私自身はこの一番上の面談をやりたくて長期インターンに応募したのですが、面談以外の業務内容も予想以上に多かったのが、入社してからのギャップでした。 文章を書く作業もかなり増えましたが、理系学生でもともと文章を書くのが苦手だったので、それを克服するいい機会だと思っています。

ーー悩みや課題があれば教えてほしいです。

就活サポーターの人数を増やしてほしいですね~。 嬉しいことにSORANIKEを利用してくれる23卒学生が増えてきているのですが、メンターが一人で抱えられる人数が、限界を迎えてきているところです。

それに私はゼミが週に3.4回あり、結構忙しいので、他のメンバーに迷惑をかけている気がして申し訳なくなります。私がゼミに行っているときに話が進むこともあるので、どこまでの業務をすればいいのかが曖昧になるときもあります。 なので就活サポーターの人数が増えたら、自分はより面談に特化して、さらに23卒学生にフィットしたいと思っています。

理系学生の就活マインドを変えたい

ーー今後のビジョンや目標を教えてください。

少しずつ始めているんですど、23卒の学生同士が関わりを持てるように計画しています。 なぜかというと、コロナ禍で就活生同士のコミュニケーションが少なくなっていると思うんですよね。 なので、私が23卒学生の新しいコミュニティの橋渡し役を担いたいです。
実際の取り組みとしては、通常1対1で行っている面談を、1対2(学生)で行う時もあります。 学生がお互いを分析し合う機会を設けることで、仲を深めるだけでなく、自分の知らなかった一面を発見できるようにしています。このように、現在ではセミナーでしかやっていないようなことを、面談にも取り入れていきたいと思っています。

あと僕の願望としては、23卒の学生たちとドライブをしながら面談をしてみたいです。 というのも、画面越しの固い雰囲気で対話するよりも、同じ空間でリラックスしながらの会話の方が、学生も本音をさらけ出しやすいと思うんですね。 それに私もおしゃべりが好きで、雑談の中から相手のいいところを聞き出すのが得意です。 なので「より深い面談ができるんじゃないかな~」と思っています。

一番大きな目標は、理系学生の就活マインドを変えることです。
私が通っているのが理系の大学なんですけど、研究が忙しかったり院への進学を迷っていたりと、就活を始めるのが比較的遅いんですよね。 自分の大学や後輩が大好きだからこそ、もっと早くから就活を根付かせたいです。 面談を通してそれを実現するのが、僕の役割だと思っています。

そして最終的には、「堀田さんに出会ってよかった」と思ってもらいたいです。 そのためにも、23卒学生とどこまで向き合えているかは常に意識していますし、 これからも面談に時間をかけていきたいと考えています。

ーー最後に就活生に何かメッセージはありますか?

私自身が理系からブライダル業界に転向したように、キャリアの選択肢は無限大です。
自分が挑戦したからこそ言えますが、「これよさそうだな~」と思ったら、とりあえず躊躇せずに挑戦してもらいたいです。
そして私は、そんな学生のサポートをしていきたいです。


就活サポーターに興味を持った方は、ぜひこちらの募集記事をご覧ください。



SORANIKEに興味を持った方は、こちらのミートアップで少しお話をしてみませんか?

合同会社SORANIKEでは一緒に働く仲間を募集しています
16 いいね!
16 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング