1
/
5

成果を出すコツとは?早期から役職に就き活躍する若手営業2名にインタビュー!

こんにちは!人材事業部3年目の龍田です。

今回インタビューしたのは早期から役職についている
【4年目リーダー】×【2年目サブリーダー】の2名のメンバーです。

エクスコアでの働き方について、下記の3つに分けて話を聞いてみました!^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

・ 就職活動を振り返る
・早期からマネジメントに挑戦することについて
・活躍している社員の特徴とは?

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

椎リーダー

★DAS事業部 / 4年目 / リーダー
→営業活動や部下のマネジメントに従事

★小学1年生から16年間、本気でプロのサッカー選手を目指すも、夢断たれる
★2017年4月に新卒としてエクスコアに入社
★苦労と挫折を経て、1年目の後半で、新卒の中で圧倒的な新規顧客数と売上で結果を出し、
『最優秀新人賞』を受賞
★その後、異例のスピードでリーダーへ昇格
★休日の過ごし方は友人と食事、カメラを持って散歩など


牟田サブリーダー

★DAS事業部 / 2年目 / サブリーダー

★学生時代はテニスサークルに所属
★2019年4月に新卒としてエクスコアに入社
★1年目から着実に成果を残し『最優秀新人賞』を受賞
★2年目からはサブリーダーとして新卒メンバーの研修にも従事
★趣味は釣り、ギターの弾き語り等 (最近のオススメは高橋優とのこと!)

就職活動を振り返る

ーお二人が営業に挑戦しようと思ったのはなぜですか?

牟田 僕は親に「営業が向いていると思う」と言われたのがきっかけでした。
もともと目標に向けてプロセスを工夫するのが好きだったので、それが営業で活きるのではないかと言われて挑戦してみようと思いました。
実際にやってみて、まさに楽しいと思っていることの1つが、商材を売るまでのプロセスを考えることなので、そこを見出してくれた親はさすがだなと思いましたね。笑

椎 たしかに考えて行動できる人は向いているよね!
僕が営業職を選んだ理由は2つあって、1つ目は人とコミュニケーションをとるのも人に何かを勧めるのも好きだったこと。
2つ目はサービスや商品の価値を決める上で、営業が大きな要素を占めると思ったからですね。

チームスポーツをずっと続けてきたこともあり、人と話したりコミュニケーションをとることがすごく好きで、友人にもよくおすすめのものを紹介していました。
昔から何かの良さを人に伝えるっていうことが好きだったんです。それもある意味営業ですよね。

2つ目に関しては、サービスや商品の良し悪しを決めるのは営業だと思っていて、自分の力で魅力を最大化して伝えることができるのが良いなと思ったからです。

牟田 1つ目の話は、相手に自分の言葉が響いている感覚が楽しいということですか?

椎 そうそう!自分が勧めたものに魅力を感じて試してみて、結果喜んでもらえるのはやっぱり純粋に嬉しいよね。

ー営業職はどの業界でも必要な職種ですが、その中でもインターネット広告業界を見ていたのはなぜですか?

椎 インターネット広告市場の成長性を実際に感じていたことが一番大きな理由です。
スマートフォンがどんどん普及してきて、Youtubeなどの動画サイトも一般的になってきてて。
老若男女問わず、欠かせないものになってきたなという実感がありました。

あとは営業に挑戦した理由にも繋がるんですけど、インターネット広告が「無形商材」だということも決め手の一つでした。
商材自体に形がある訳ではないからこそ、自分が介在する価値を大きくすることができれば、商品価値を最大化できて売上に繋がるのではないかと思ってました。
自分の名前で売ってやると思っていたので、会社自体の知名度とかは全然気にしていなかったです。

牟田 なるほど!僕はもう本当にシンプルに「広告って今っぽくてかっこいい!」という漠然とした思いから就職活動を始めました。
性格上、気になったことは追求したいタイプなので、広告について色々と調べていくうちに、"必要な人にしっかりアピールすることができる"というインターネット広告の特性にとても魅力を感じて、インターネット広告業界を中心に選考を受けていました。

ー多くのインターネット広告代理店の中でエクスコアを選んだ理由とは?

椎 最終的には「サッカー関連の仕事がしたい!」という思いが強かったので入社を決めました。
エクスコアがFC東京のスポンサーだと知って、将来的に"サッカーに恩返しをする"という目標を実現するために適した場所なのではないかと思いました。
実績を作って役職が上がっていけば、スポンサーと関わるチャンスもあるだろうと目論んでましたね。

牟田 僕の場合は営業手法がインサイドセールスというのが大きかったです!
実は学生時代に長期インターンシップで訪問営業をやっていたので、説明会で初めてインサイドセールスの話を聞いた時は衝撃でした。
メラビアンの法則ってよく聞くと思うんですが、相手に与える印象の半数以上が視覚情報から来るものなんですよね。
電話だけで営業をするということはこの半数以上を使えず、声だけで魅力を伝えるということなので難易度はすごく高いだろうなと。
訪問営業ももちろん楽しかったですが、 僕は難しいことほど挑戦したくなるタイプなので、まさに挑戦という感じで入社しました。

ずっと右肩上がりで売上を出しているのも純粋にすごいと思いましたし、人事の方や関わる方がみんな優しくて純粋に良い会社だなと思ったのも理由の一つです(笑)

ー入社後、業務内容や社風にギャップはありましたか?

椎 インサイドセールスについてきちんとイメージを持つことができていればギャップは少ないですね。でも僕の場合は「とにかく広告を売りたい!」みたいな感じだったので、想像以上に難易度が高くて驚きました。

牟田 難易度はやっぱり高いですよね。
なので今もどうしたらもっとよくできるのか常に考えながら営業しています!

早期からマネジメントに挑戦することについて

ー本題ですが、お二人は入社前からマネジメントに興味がありましたか?

牟田 僕は全く考えていなかったですね。
この1年間、社会人として「とにかく成長したい!力をつけたい!」と思いながら働き続ける中で、マネジメントはすごく重要な能力なのだと気がつきました。
人を管理する難しさを近くで見て感じていたので、挑戦したいという思いは徐々に芽生えてきました!

椎 僕も同じく、入社前から絶対にやりたいという訳ではなかったです。
ただ、自分で色々やりたいことがあったとしても、現実的に自分の力だけでできることには限界があるので、どちらかというと将来的には必要なものという認識でした。

ー1年目、2年目で役職に就くために工夫したことや努力したことはありますか?

椎 まずはとにかく売上を出して目標を達成し続けることですね。
実力主義なので成果を出すことはマストだと思いますし、数字に対する評価は実際に大きいと思います。

あとは、主体性を持って様々なことに取り組めるかどうかですね。
これは会社としても大切にしている考え方の1つなので、小さなことでも意識して行動していました。
要するに良い意味で会社から注目されることが重要だと思います。
今年の新入社員といえば「〇〇さん」みたいな。

牟田 僕も数字はとても大事だと思っています。
周りにも優秀な人がいる中で自分が注目されるためには、1年目の今が勝負だと思ってこの1年間取り組んできました。

椎 1年目の見せ方は本当に大切だよね。
売れなくても取り組む姿勢とか、「なんか結果出せそう」という風に周りから思ってもらうことが重要だと思います。
僕の場合は1年目の頃からビッグマウスなところがあって(笑)
言ったからには結果を出さないといけないと思って日々がむしゃらに仕事に取り組んでいたので、その姿を見て応援したいという風に思ってもらえたのではないかなと。

牟田 目標を達成するために、つい気持ちが溢れて行動に出てたりするんですよね!
僕もそれを応援してもらえてるなと感じます。

あと僕は周りを見て、チーム全体の士気をあげることも意識していました。
行動に移せなくとも周りの空気とか変化に気づけるかっていうのは大切だと思います。

ー昇進してから1番大きく変わったことは何ですか?

牟田 僕はサブリーダーになってまだ3ヶ月ですが、目を配るところが増えたと感じています。
自分の売上を出すために営業だけしていれば良いという訳ではないので、業務量としては1.5倍くらいに感じますね(笑)
サブリーダーとして担当している業務は、研修対応や質疑応答、新卒メンバーの進捗の確認などですね。

椎 牟田が言ったように、周りを見る必要性が増えたので視野は広がりましたね。
自分の売上だけではなく、チームの成績が結果として評価されるので、感覚としては自分の小さなチームを運営していく、初めての経営者というようなイメージです。

牟田 椎さんは2年目から自分の部下を持ってたんですよね。

椎 そうだね。最初は特に、自分の思いを正確に部下に伝えることの難しさを感じていました。
どう解決するのか悩んだ時は、自分で考えつつも、自分が教わってきた人達に相談したりして乗り越えてきました。

牟田 あと僕個人の気持ちの変化なんですけど、今まで以上に数字に敏感になったと思います。
成果が出せないと示しがつかないですし良い意味でもプレッシャーはありますね。
ただ一度決めたことはやり抜くというのが僕の信念なので、今はそのために試行錯誤しています。

椎 たしかにそうだね。
自分もチームでの成果を最大化するために、数字にはかなりこだわって仕事をしています。

牟田 大変なこともありますが、その度にお客様の存在に助けられています。
自分を認めて契約してくれているという思いが常にあるので奮い立たされますね。

椎 お客様あっての自分たちだよね。
あとは、リーダーになったことで会社への貢献度をより実感できるようになったことはプラスの変化の1つですね。
成績や能力が上がったからこそ人に与えられる影響も大きくなったと思いますし、信頼を得られている状態だからこそ、新しいことに挑戦する際の選択の幅も広がってきたなと思います。
実際に、提案にも幅が出てきてリスティング広告以外の案件を作ることもできてきていますし、これからも色々と挑戦していきたいと思っています!

活躍している社員の特徴とは?

ー現場目線で、一緒に働きたいと思うのはどのような人ですか?

椎 一言でいうとミーハーな人ですね。
僕もそうなんですけど、好奇心旺盛で流行り物が大好きな人って常に新しい情報を自分で探してるじゃないですか。
そういう人は色々吸収して主体的に動くこともできると思うので、合っていると思います。

牟田 僕は自分の意見をしっかり伝えられる人がきてくれたら嬉しいです。
お互いにレベルアップするための議論ができると思うので、張り合いがありそうでいいなと思います。

椎 そういう人がきてくれると僕たちとしても刺激になっていいよね!

牟田 はい!あとはやはり向上心がある人とか負けず嫌いな人と一緒に働きたいですね。
細かくプランニングして提案したとしても、成果に繋がらないことも多々あるので、そこで諦めるのではなくて、次に同じミスをしないように行動し続けられる人が向いていると思います!

椎 たしかにそうだね。目標があったり失敗から学べることはすごく重要だと思いますね。
目標は売上をあげたいでも自分のスキルアップでも良いし。
とにかく目標を持って仕事を楽しめる人だとマッチすると思います。

ーそれでは最後にこの記事を読んでいる方々、エクスコアに興味を持ってくれている方々にメッセージをお願いいたします!

牟田 若手から挑戦できる環境が整っているので、その土壌を活かせる人にきてほしいです。
目標達成意欲が高い人とか、若手のうちから昇進したいという気持ちがある人、とにかくやってやるぞという気概のある人に来て欲しいなと思います。
人数としてはまだまだ小規模ですが、1人1人のポテンシャルが高い会社だと思うので一緒に切磋琢磨していきましょう!

椎 弊社の場合はインサイドセールスだからこそ、お客様や会社に貢献できるスピードも量も圧倒的に多いと思っています。
だからこそ「営業=訪問」という概念は一度取り払って考えてみてほしいです。

この記事を読んで素直にいいなと思ったり、働きたいと感じた人はぜひ来てください!
自分の実力を試してみたい人とか自分の可能性を広げたい人にはぜひ挑戦してほしいです。

今回は新卒でエクスコアに入社後、早期から成果を出して役職についている二人に話を聞きました!
この記事を読んで「営業に挑戦してみたい!」と感じた方はぜひご応募ください!

エクスコアでは、向上心を持って成長し、顧客に価値提供できる仲間を積極的に募集しています。

▼お二人が所属するDAS事業部の営業担当に興味を持った方はこちらからご応募ください!

インターネット広告営業
フィールドは日本全国!ITの力で中小企業のお客様に価値提供しませんか?
弊社の「インターネット広告事業」について紹介します。 ■インターネット広告事業の概要
Google、Yahoo!の広告や各種SNS広告を用いたWebコンサルティングサービスを提供しています。
 顧客のWebマーケティングの本質的な課題を解決する付加価値の高い提案にこだわり日々業務に取り組んでいます。 弊社はインターネット広告の中でもとりわけ「リスティング広告」に強みを持ち会社の基盤を築いてきました。 これまで自社オリジナルのパッケージプランを日本全国約1000社以上の企業様に提供しています。 顧客へは「企画」「設計」「実行」「分析」の全てのフェーズで価値提供をしています。 
包括的なマーケティング戦略を基にした一貫した体制をとることで、 顧客の課題を解決するための提案から実行まで責任を負い、高い価値提案に繋がっています。 【インターネット広告事業 サービスURL】 
▪︎リスティング広告 運用代行サービス
https://listing.xscore.co.jp/ ▪︎リスティング広告アカウント作成代行サービス
https://listing.xscore.co.jp/sakusei-daikou/ ▪︎動画広告 運用代行サービス
https://video.xscore.co.jp/ ▪︎オウンドメディア『Webma』https://webma.xscore.co.jp/ 弊社では「顧客主義」を掲げお客様に寄り添い、顧客が満足しながら
取引ができる環境を作り、そしてお客様にとって価値あるサービスを提供し
永く会社を繁栄させていくことを考えています。
株式会社エクスコア

みなさんのエントリーをお待ちしています!

株式会社エクスコア's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more