1
/
5

なにをやっているのか

「もっと、こんなふうに使えたらいいのに」。 普段、使っているITシステムに感じる理想の状態とのほんの少しのギャップ。 私たちはそれを「ラストワンマイル」と呼びます。 業界全体を相手どる大手ベンダーには対応できない、一社一社が持つ、個別のITに対するお悩みや希望。 その気持ちに応えたくて、私たちは生まれました。 ビジネスの実態や、そこで働く人の想いを深く理解し、まごころを持って、解決まで全力で伴走する。 そうすることで、様々な業界にあふれる「あと一歩、足りないもの」を埋めていきたい。 あらゆるラストワンマイルに、ITで立ち向かう。 それが、私たちの使命です。 【事業領域(ポジショニング/大手IT企業との違い)】 顧客である企業A、企業B、企業Cは、それぞれIT課題を抱えています。 いわゆる大手IT企業は、それら各社の課題が重なる部分、つまり、各社に共通する(いわば最大公約数を解決する)業界スタンダードなアプリケーションをつくり、提供します。 ただ、それらのアプリケーションでは、顧客の「本当に求めるもの」には、実は、あと一歩足りません。 顧客業務全体を俯瞰的にとらえたときに在る理想の状態とのほんの少しのギャップ。 ラストワンマイル。これが私たちのビジネス領域です。 パワーソリューションズはこのラストワンマイルの事業化を実現したパイオニアです。 【金融業界特化だからこその安定性】 金融業界は保守的なイメージがありますが、fintechの盛り上がりやクラウド対応、クラサバシステムから仮想サーバ上のWebアプリケーションへの移行、スマホ/タブレット対応への要望等、ユーザーニーズが広がっていてエンジニアが不足している状態です。 また、業界としても貯蓄から投資への時代に変わりゆく時代の中、資産運用会社、信託銀行、証券会社などの領域で成長し続けています。 この成長分野の業務アプリケーション開発・システム運用を得意としているのがパワーソリューションズです。

なぜやるのか

パワーソリューションズのミッションは「あらゆるラストワンマイルにITで立ち向かう。」ことです。 そのミッションをやり続けた先に私たちはこんな未来を目指しています。 私たちの目指す未来。 それは、この先も変化し続ける世の中において、人々が本当にやりたいことに挑戦できる未来です。 理想を叶える解決策を提供することで、新たな一歩を踏み出すパワーになりたい。 人間の力をもっと、創造することへ。 そのために、私たちは力を尽くしていきます。 「誰もが新たな一歩を踏み出せる社会」  これが、私たちのビジョンです。

どうやっているのか

「あらゆるラストワンマイルにITで立ち向かう。」というミッションをやり続ける中で私たちが、お客様に提供する価値は、「“まごころ”で応えきる。」ことです。 「“まごころ”で応えきる。」を構成する3つのコアバリュー ■解りきる お客様とひとつのチームになり、想いやビジネスの実態を深く理解し、潜在的な課題まで発見します。 ■手を尽くす 社内、外を問わず、多様な解決策を検討し、お客様に最適な方法を提案します。 ■やり遂げる 突出した当事者意識で、思い描いたゴールまで全力で伴走します。 【企業内大学 Next Mile University】 「あらゆるラストワンマイルに IT で立ち向かう。」という私たちのミッションを遂行するため、また、「 解りきる」「手を尽くす」「やり遂げる」の3つのコアバリューを伸ばしていくために設立されたのが、「Next Mile University(略称:NEXT大学)」です。 仕事をして、自分自身の未熟さを知り、 足りない部分を埋めるために大学で学び、 さらにまた次の成長(ネクストマイル)を追い求める。 挑戦する意志のあるすべての人が、 持つべきスキルやスタンスを身につけられる 「修練」と「探求」の場でありたいと思っています。 【講座概要】 ■解りきる 業務内容や業界知識、コミュニケーションスキルなどお客様を深く理解するための講座 ■手を尽くす 外部の IT サービス知識やDX を行うための技術など多様な手段を駆使するための講座 ■やり遂げる 実装に関わる技術やプロジェクトマネジメントなど案件を推進・完遂するための講座 ◇ちゃんとする(基本所作) 各階層に応じて必要とされる基本的所作を学ぶ講座 【少人数の部署単位での独立採算制】 当社は、マネージングディレクター(MD)を中心に各部署10名以下の少人数で構成されています。各部署は独立採算制を取っており、部署内の経営はMDに一任されているため、その組織が1つの会社のように大きな裁量を持つユニット経営型の組織体制です。 少人数の組織のため、社員一人ひとりの裁量が大きく、部署ごとの収支結果に完全連動したインセンティブも支給されるため、成果に応じた報酬を得ることもできます。 また、1つの部署にはITコンサルタントとSE・PGが所属し、一緒に案件を進めるため、案件獲得からサービス提供まで製販一体で行ってます。 【能力に応じた着実なキャリアアップ】 年2回評価を行い、プログラミング能力や提案力、課題解決力などの複数の評価軸を基に、個人の能力に応じて役職を決定します。能力があれば年次を問わずキャリアアップをすることが可能です。 <キャリアパス/例> メンバー⇒アソシエイト⇒副主任⇒主任(PL)⇒上級(PM)⇒MD(部長) 【福利厚生】 ■資格取得支援 自己啓発を奨励する資格取得報奨金制度があります。高度情報処理技術者で10~50万円など資格に応じて報奨金の金額を設定しています。 また、資格取得に当たり参考書籍を購入する際の費用補助もしています。 ■チケットレストラン 毎月の昼食補助制度を導入し、社員の健康づくりを支援しています。オフィス内で利用されるコーヒー・お茶・水などのドリンクは無料で提供しています。 ■誕生日休暇 本人誕生月の前後1ヶ月以内に1日、誕生日休暇を取得できます。 ■社内クラブ活動補助 テニス、ゴルフ、フットサル、映画鑑賞といった多数の魅力的なクラブ活動を企画・実施しており、Work外でのLifeの向上・充実も促進しています。 社内クラブ活動には会社から活動資金の補助もあります。 ■納会・懇親会 納会(年2回)や全社懇親会(年2回)などの社員同士の交流を深める社内イベントを開催しています。 会社に最も貢献した社員には、MVP・社内褒章などの表彰も行います。