夢は朝ドラ!通勤時間5時間の採用担当の話。


皆さんこんにちは!PLAYのインターン生のテクです(*´ω`*)

本日は、タイトルにもある通りPLAYの女優志望の採用担当についてお話させていただきたいと思いますー!

はじめに簡単な紹介から!

田中マイカ、1999年生まれの20歳。タイトルでもある通り夢は朝ドラに出演すること。朝ドラといえば、現在戸田恵梨香さんが主人公として「スカーレット」が放送されていますが、あれです!彼女は朝ドラに出演することを目標として、女優の卵として活動しています。また、現在はファッション系の学校に通いつつPLAYで採用担当として、8月頃から働いています^^

女優を目指している人間が、なぜIT系の会社で働いているのか

皆さんが一番気になるのは、ここだと思います。

結論から言います。それはずばり、PLAYが「女優になる」という彼女の夢を全力で応援してくれる会社だったから。

↓以下本人回答

私がPLAYに来たのは昨年の8月頃ですが、PLAYで働く前は喫茶店でバイトをしていました!皆さんご存知の通り、芸能界というのは本当に厳しい世界です、。正直に言いますが、バイトなしではとても生活できません。私は基本的に働くことが好きなので、芸能の仕事がないときはシフトもつめつめに入れてバンバン働いていました。しかし、お金を稼ぐためとはいえ喫茶店でバイトをすればするほど夢を叶えられていない自分に焦ってしまうようになりました、。

そして、なにか自分の将来に直接繋げられるような働き方ができないかと考えていたときにPLAYのよーだ社長から「弊社で働きませんか?」とお声がけ頂きました。

そこでよーだ社長の話で、PLAYが好きを仕事にすることに注力を注いでいることを知り、この会社でならお金を稼ぐためだけではなくて、自分の好きなことを仕事につなげていける、!と思い採用担当として働くことを決めました。



よーだ社長は初めて面談した際にまず彼女のやりたいことを聞いたみたいです。そこで、絶対に女優になりたいこと、そして服と本が好きな点を活かしてライティングやWEBマガジンのリリースなどを合わせて行いたいということを伝えたそうです。彼女の話を一通り聞いたあと「それなら採用でPLAYのブログ書いたりとか、wantedlyの運用などが良いね」とPLAYの採用を担当させてもらえることになりました!


現在も地元栃木から往復5時間かけて通勤

彼女は普段東京の服飾系の学校に通っているのもあって、基本出勤するときは実家のある栃木県から往復5時間くらいかけて出勤しています。この話をすると毎回とても驚かれるみたいなのですが、彼女は「夜にオフィスに一人でいられないくらい怖がりなので一人暮らしはホントにハードルが高いんです、」と言っていました笑


働くならPLAY以外考えられなかった

↓以下マイカ回答

今こそなんとかライティングも1日でかけるようになりましたが、インターンとして入社した当初はほとんどパソコンにも触ったことがありませんでした。それこそ、タイピングも片手でやっていたくらい、、。そもそもファッションを勉強している私に採用ができるのか、本当に不安でしたがこの約半年間で一つ一つ教えて頂き、頭に叩き込んできました。(もちろんまだまだ全然ですが、)

仕事を覚えるのに精一杯だった私ですが、半年間働いてやっとPLAYでの自分自身の目標を考えられるようになりました、!これからは私の夢を応援してくれるPLAYのためにも、目標が結果として貢献できるように、PLAYの役に立てるように今まで以上にもっともっと頑張りたいと思います、!


引き続き、PLAY株式会社、そして女優としての私も応援して頂けると嬉しいです^^

また、PLAYっていいなと思っていただけたら是非弊社に遊びに来てください!美味しい珈琲をお供に歓迎致します♪


長くなってしまいましたがお読み頂きありがとうございました!

1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings