1
/
5

SaaS名刺管理ツール比較!使いやすさNO.1はどれだ!?

◯名刺管理ツールとは

・紙の名刺情報をDBとして整理または管理することが出来るツール

・コスト削減に繋げられるツール

◯名刺管理ツールの必要性

・営業活動の効率化のため

・名刺を管理する手間の削減のため

◯導入メリット

・業務効率の効率化

・社内での名刺情報共有

・場所や時間問わずにアクセス使用可能


《検証ツール一覧はこちら!》

・sansan https://jp.sansan.com/

・利用企業6,000社
・名刺の正確なデータ化の実現
・セキュリティ対策の徹底

・連絡とれるくん https://phoneappli.net/product/service/renraku

・低価格
・アプリに対応している
・電話着信時にサーバの連絡先を参照し、携帯端末に連絡先の登録がなくても連絡先を表示させることが可能


・Eight https://8card.net/

・無料で人力入力を利用できる
・CSVファイルでデータをエクスポートできる
・CSVファイルでデータをエクスポートできる

・SmartVisca https://products.sunbridge.com

・顧客が契約しているSalesforce内にデータを登録
・日本語と英語、中国語に対応
・レポート機能で名刺の交換状況などを視覚化

・CAMCARD https://www.camcard.jp/business/

・最短5秒で名刺をデータ化
・簡易的な商談・タスク管理機能
・SalesforceやMicrosoft Dynamics、Google Contactsなどのサービスと連携


・アルテマブルー https://ultimablue.jp/

・導入前コンサルティングの実施

・事業規模が小さいときは最低限のコストで済ませられ、大きくなったときもフレキシブルに対応できるのが特徴

・ホットプロファイル https://www.hammock.jp/hpr/

・複数のツールを使い分ける必要がない

・名刺情報を営業にとことん使い倒したいという企業に適しています。

・SPIRAL https://www.pi-pe.co.jp/spiral-series/spiral-suite/function/

・様々なシステムを柔軟に構築可能

・ワンストップで運用できる

・wantedlypeople https://people.wantedly.com/

・無料で使用できる

・個人事業主にお勧め

・SkyDesk https://www.skydesk.jp/

・所属・役職の自動更新が可能


・名刺de商売繁盛 http://www.yamato-meishi.jp/

・商談を管理する機能をがあり、SFAとしても活用出来る

《比較結果》

◯採用担当イチオシ名刺管理ツール

3位 wantedlypeople

2位 CAMCARD

1位 連絡とれるくん


3位のwantedlypeopleは無料で始められるという点では良かったのですが、WANTEDLYを採用ツールとして使っている企業とそうでない企業で使用感に差が出そうだなと感じたため3位に。2位のCAMCARDは価格と機能でのバランスの良さが印象的だったため2位。連絡取れるくんは2位のCAMCARDより更に安く、PLAYのような規模のそこまで大きくない企業には最適だと感じたため1位に!!

会社の規模感によっては、ID毎ではなく決まった価格体系の方がコスパが良い会社もあると思います。スタートアップ、またはベンチャーの企業の方はこの3つのツールがいいのではないでしょうか。是非参考にしてみてください!!

PLAY株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings