1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

フェロールームは「自動車」をメインテーマとした広告制作会社です。クライアント直のポリシーで幅広く、しかしひとつひとつに「クライアントのためになることは何か」という思いで真摯に向き合い、こだわりのある仕事を続けてきました。 【フェロールームの仕事・組織】 ■Marketing:マーケティング領域 ・自動車市場の動向調査/競合商品・技術の調査 ・定性・定量調査&分析(消費者/販売店スタッフなど) ・開発者フィールドワーク ・デジタルマーケティング(効果検証/行動解析) ・新商品導入プランニング ・ネーミング考案 ■Advertising:広告領域 ・グラフィック制作(商品カタログ/雑誌広告/新聞広告/ポスタ新聞広告/ポスター) ・Webサイト制作&運用(カタログサイト/コーポレートサイト) ・映像制作(3D-CG含む) ■Sales Promotion:セールスプロモーション領域 ・店頭プロモーションイベント/フェア企画 ・グラフィック制作(ポスター/販促チラシ/DM/店頭POPなど) ・映像制作(店頭サイネージなど) ・アプリ開発(3Gコンフィギュレ―ター/電子書籍) ■Relationship:関係づくり ・広報支援(会社案内/ブランドブック/WEB サイトなど) ・エディトリアル(PR誌/販売店向け情報誌/各種WEBコンテンツ[動画含む]) ・販売店スタッフトレーニング/ラーニングツール(商品マニュアル/セールス向け情報誌) ・採用プランニング&ツール制作 ・・・このようにオンライン/オフラインを問わず様々な領域で様々な業務を行なっているフェロールームですが、クライアント社の「ものづくり」に深く携わり、クライアントと協働し、アウトプットまで見届けることのできる案件が多いのが魅力です。 今回の新卒採用は「クリエイティブ職」という大きなくくりで行なっています。ライターもデザイナーも営業も、企画をしたり、時には取材をしたり、動画も撮ったりと、個々の興味や伸ばしたいスキルの領域に合わせて、様々な領域に顔を出し、越境しながら働けるクリエイターになって欲しい、そういう希望がその背景にはあります。「コピーライターやデザイナーとして専門的なスキルを極めたい!」という方はもちろんウェルカムですが、「どれか一つに絞れない」「色々なクリエイティブに関わってみたい」という方にも活躍いただける環境があります。

なぜやるのか

【クライアントをクライアント以上に熟知する存在として】 1960年に創業し、60周年をむかえたクリエイティブカンパニーであるフェロールーム。ここまで私たちが進歩し続けることができたのは、現場の声と繋がり続けることができたからだと思います。 クライアント直案件だからこその、現場(自動車開発~自動車販売店の現場)から得られるダイレクトな反響。自分のクリエイティブが現場にどう存在し、また効果を発揮しているのかを確認できることは、フェロールームの仕事をステージアップさせてきたエッセンスでもあり、私たちのやりがいそのものでもあります。 「代理店がもってきた仕事を、いったいどこに使われるのか、いつリリースされるのかもよくわからないままに作業する・・・」。世の中には、こんな「広告制作」もあふれています。しかしフェロールームに入社するみなさんには、そんなアウトプットの見えない仕事が回ってくることはほぼありません。 クライアントとつかず離れず広告屋の目を忘れずに、かつクライアントをクライアント以上に熟知する存在として。新たなクリエイティブをクライアントと共に生み出し続ける存在でありたいと思っています。

どうやっているのか

【フェロールームは、ただのイチ広告制作会社ではない】 自動車メーカーの開発現場〜販売現場までを理解した存在として、フェロールームは様々なクリエイティブを手がけてきました。商品のこと、これまでの歴史のこと、販売現場のこと、開発現場のこと、市場状況のこと。クライアント以上に、商品とその周辺情報の知識が深いこと。 これが、私たちにあり、他の広告制作会社にはない強みでしょう。こうした知識を活かした広告、マーケティング、セールスプロモーションに加えて、今後は広報支援やインナーコミュニケーションなどクライアント社とお客様、クライアント社と社員をより強固につなげていく領域にも力を入れていこうとしています。 クライアントのインナーコミュニケーションという仕事は、真にクライアントを理解していないとできないものです。社員、企業、関係会社、顧客・・・。こうした様々な要素のリレーションを構築することも、これからの私たちにとって重要な仕事です。 私たちは創業以来「クライアントにとっての最適解」を探し続けてきました。それがいわゆる広告制作そのものでなかったとしても、フェロールームはその選択肢を選ぶでしょう。なぜなら、フェロールームは、ただのイチ広告制作会社ではないからです。