1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社員の声 会社と共に成長。スピード感溢れる環境が新鮮で刺激的(管理部 部長 池田雅弘)

池田雅弘 2020年入社/管理部

大学卒業後、現ソフトバンク株式会社の前身であるソフトバンクBB株式会社の財務経理部門でキャリアをスタートし、数百億円規模の設備投資管理等を経験。その後、経営企画部門に異動し、全社の予算管理や中期計画策定等に従事しながら、グループ通信4社の合併や子会社の海外進出に伴う事業計画の責任者として香港・シンガポールでの事業展開に貢献。直近は、グループ会社に出向し管理部門を統括しながら海外企業とのアライアンスや新規事業の推進等を幅広く経験。2020年11月から当社に参画。


01 私の業務 型にはまらない管理部長

常に挑戦と刺激がある毎日です。現在は管理部長ですが、管理部門としての枠にとらわれない幅広い業務領域に携わっています。人事、総務、法務、財務、事業計画などいわゆるコーポレート領域に加え、提携候補先のリサーチ、交渉など幅広い業務に携わっています。当社は建設×DXという新しい領域にチャレンジしていますが、私自身も様々な業務を担当することで日々挑戦を続けています。前職の大きな組織では「分業」が浸透しており、自分の担当業務が定められていました。しかし、当社では所属部署の役割に関係なく、様々なプロジェクトに携わることができます。多種多様なバックグラウンドを持つ仲間達と試行錯誤しながらも新たなものを生み出す喜びを感じなら日々働いております。



02 ランドデータバンクの特徴 スピード感のある意思決定

入社して数カ月で多くのプロジェクトを担当してきましたが、どれも大企業では考えられないスピード感で実行に移されます。これは、当社が少数精鋭のプロフェッショナル集団であり、また、当社のバリューの一つでもある「Speed」を全社員が意識して体現出来ているからだと強く感じます。常に短いサイクルでPDCAをまわすことにより、アウトプットスピードが速まり、結果的に意思決定のスピードが上がっているのだと感じます。また、PDCAをまわす過程で、役職等は関係なくフラットに意見を出し合うことにより、より良いアイディアが次々と生まれてきます。こういった、企業カルチャーが、新たなサービスを生み出す源だと感じています。



03 ランドデータバンクの人 何事もポジティブに考える。意味のないことはない

日々新しいことに挑戦しているので、失敗もたくさんあります。ただ、我々スタートアップなので、挑戦の過程で意味のないことはないと思っています。失敗もポジティブに考え改善、次の挑戦へ生かすことが大切ですし、そうした人材が当社に集まっています。加えて変化への対応という意味でもポジティブ思考は欠かせません。身近な例ですが、私自身もコロナ禍の変化を楽しんでいます。毎日、通勤途中のカフェでコーヒーを買いオフィスで仕事をするのも悪くなかったですが、家で愛犬の声を聞きながら仕事をすることもまた違った発見があります。変化やトラブルにもポジティブに楽しめる仲間達とこれからも共に歩んでいきたいです。



管理部長のプライベート1コマ

愛犬のモアナ(1才・オス)です。リモートワークの際には仕事場に入ってきて手を焼く時もありますが、一緒に川沿いを散歩するのが最近の癒しです。愛犬と過ごす時間が増えたので写真を撮りためています。


株式会社ランドデータバンクでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
今週のランキング