1
/
5

固定概念からの脱皮2~社会のイメージ改革

ある大病院でこんな数字が出ています。

入院中の方で家に帰りたいと思い、

実際に家に帰れた方は、10%しかいない。


なぜでしょう。

患者さまが、ご家族が、医療者が

「こんな病状で家に帰れるはずがない」

と思ってしまっているからです。


私たち、在宅医療が変えたいと思っているのは

こうした世の中の空気感です。


在宅医療はみなさんが思っているよりも

様々な医療サービスを提供できます。


私たちは在宅ではハードルが高いと言われている医療サービスにも

あえて取り組んでいます。

全ては、「最期まで家で暮らしたい」という方たちの思いに応えるためです。


私たちと、世の中の在宅医療に対するイメージ改革をしませんか?

医療法人社団楓の風's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more