1
/
5

なにをやっているのか

業界特化型SaaSであるPaintnote。製品開発にあたってアドバイスしてくださる業界の方が多くおり、日々改善を繰り返しています。
家や車などはメジャーですが、タワーや橋などの構造物、船や道路、家電製品など、非常に多くのものが塗装されています。我々は塗料に囲まれており、生活になくてはならないものなんです。
【塗料業界特化で、レガシー業界を変革する販売管理SaaSを開発しています】 「テクノロジーで塗料・塗装業界に貢献する」をミッションに、塗料・塗装業界に向けた販売管理SaaS「Paintnote」、同様に業界特化の受発注システム「Paintnote EDI」の開発・販売をしています。 https://paintnote.co.jp/edi/ 塗料・塗装業界は「製造→販売→塗装」という構成ですが、私たちは最終的には全てに対してサービス提供・貢献する、業界のプラットフォーマーを目指しています。そのためにまずは真ん中の「販売」に対してSaaSを開発しています。 業界の業務フローや課題感を誰よりも深く知るため、代表自ら3ヶ月に渡りユーザーである塗料販売店でフルタイムの勤務を行いました。また、同様に塗装職人として1ヶ月間現場仕事も経験しました。 https://www.wantedly.com/companies/company_6679831/post_articles/204714 こうした地道で泥臭い経験があるからこそ、解像度高く把握した課題感と業務知識を元に、痒い所に手が届くSaaSを開発できています。

なぜやるのか

塗料販売店の事務として勤務していた時の様子。これによって業界実務や課題感を把握しました。
業界特化でのSaaS開発が評価され、ピッチイベントでの受賞歴もあります。
【非効率な事務作業を効率化し、付加価値の高い仕事をするお手伝いをしています】 塗料はあまり意識することはないですが、生活の隅々まで浸透しています。 ものに彩りを与え、外部環境から保護するという大切な機能があり、販売額で年間約2兆円と根強い需要があります。 一方人材不足の波は他業界と同様に押し寄せています。塗料にどうしても付き纏う3Kのイメージから、ただでさえ人材採用に苦労していましたが、さらに状況は厳しくなっています。 私たちはPaintnote, Paintnote EDIを通し、販売店業務を効率化するお手伝いをします。 Paitnote, Paintnote EDIによって生産性を高め、販売店各メンバーの処理できる仕事量を向上します。 また、浮いた時間を、塗料販売店が最も価値を出せる「塗装店への塗料関連相談」や「塗装店の営業支援」など、付加価値の高い仕事へと充てて欲しいと考えています。

どうやっているのか

開発合宿の様子。ONとOFF/仕事とプライベートのメリハリをつけ、がむしゃらに働きつつも、抜くところは抜きます。
オフィスでの1枚。仲良くやっています。
【少数精鋭組織でがむしゃらに】 現在3期目であり、5人という少人数チームです。 代表が最年少26歳であり、その他の平均年齢が約32歳であるため、若さから来る突破力と経験から来る落ち着きを兼ね備えたバランスの良いチームです。 それぞれが前職で開発・営業などの専門性を鍛えてきましたが、少人数のためがむしゃらになんでもやっています。以下のような思考、キャリアに当てはまる方は面白いと思います。 ・自分の専門分野を活かし、サービスを作り上げる段階を楽しみたい ・自分の専門分野以外も果敢に挑戦し、他分野での成長を達成したい ・将来の起業を見据え、0→1を達成する力・経験を身に付けたい 業界での地道な活動がすこしずつ芽生えてきており、まさしくこれから大きく成長していく会社です。 そのためあなたと共に「もっとこんな文化を作っていきたい」「お客さんのためにこんなサービスにするべきだ」というような議論を活発に行い、一緒により良い会社を作っていきたいです。 その過程は大変な時もあると思いますが、絶対楽しいです。 一緒に楽しみながら挑戦して下さる方、お待ちしています!