スタートアップが受託事業?Engoが業界向けにHP受託開発を行う理由

こんにちは!代表の藤井です。

Engoは塗料・塗装業界向けに販売管理のSaaS「Paintnote」を開発・販売しているスタートアップなのですが、同業界向けにホームページの受託制作事業も行っております。

「自社開発に注力するべきでないのか?」「開発や営業に工数を割くことで、自社開発のスピードがおそくならないのか?」など、質問をいただくことも多々あります。

足元のキャッシュを得るという当たり前な理由はおいておき、今回はなんで我々が業界向けホームページ制作事業を行っているか、理由をいくつかご説明します!

業界に対する知識を深められるから

Engoは2019年7月に創業してから、業界実務や課題感を解像度高く把握し、業界の方々との関係値を構築するため、塗料販売店や塗装店で数ヶ月間実際勤務を行ってきました。

その時の様子は是非こちらから!

そこでSaaS開発に必要な要件は得たのですが、歴史が長い業界なだけあり、まだまだ知らないことばかりです。取引先やお世話になっている方と話すたび、新しい発見があり、その度にまだまだ学ぶことが多いなと実感します。

我々はPaintnoteに留まらず、塗料・塗装業界に特化して連続的にサービスを産み出し、業界全体に貢献したいと考えております。そのためには業界課題を深く理解し、それを解決するプロダクトを開発する必要があります。

ホームページ制作の過程において発生するヒアリングや、仲良くなった際に得られる飲みの席などで、たくさん業界の話を聞けます。それは非常に得難い機会でありますが、受託を通すと非常に密度濃く得られるのです。


業界との関係構築ができるから

上述の通り僕たちは塗料販売店のみならず、塗装店やメーカーなど業界全体に対してサービスを提供し、業界の変革に貢献したいと思っています。

つまり将来的にはメーカーや塗装店も自社プロダクトのお客様になる可能性があり、今のうちからホームページ制作を通してそういった方々との関係値を構築できることは、将来的に大きな資産になります。


リード獲得になるから

特に塗料販売店に対してホームページ制作をする際、それが直接Paintnoteのリードになることがあります。

ITリテラシーが高くない方が業界には一定数いらっしゃり、情報の非対称性を悪用し、IT関連で法外に高い金額で仕事をとる業者が過去いたみたいです。そういった悪い噂話が横のつながりで広がり、「ITベンチャー」「業界外からの参入」「システム屋」などに対して多少警戒心があることは否めないため、まずは信頼を得る必要があります。

ホームページ制作を通して活発にコミュニケーションをとり、かつ納得いく品質のものを納品することで、信頼感を獲得しようとしています。すると警戒心も解け、Paintnoteの導入に対しても熱意の高いリードになることもあるのです。


業界イメージ向上に少しでも貢献するため

皆さんは塗料にどのようなイメージをお持ちですか?
いわゆる3Kとして認識される場合も多いのですが、実は塗料ってすごく重要なんです。
一般的に塗料には「美観」「保護」の2つの役割があると言われています。

役割①:美観

塗料はものを美しく彩っています!
家や車、電化製品や船など、実にたくさんのものが塗装されているのですが、あまり認識されていません。そういったものが全て色を持たずに素材そのままの色だったらどうでしょう。なんとも味気ないですよね。

意匠性塗料と言って、独特のパターンや色合いを持つようなデザイン面で付加価値を高めた塗料も出ており、実際塗装されているものを見ると非常に格好良いです!

塗料はたくさんのものに対して美しい色を与え、知らず知らずですが生活を彩っているのです。

役割②:保護

そして忘れてはいけないのは、塗料はものを保護しているという点です。

例えば鉄製品などは顕著なのですが、何も塗装しない状態だと数日の内に錆び付いてしまいます。家の屋根はすぐに劣化し、雨漏りしてしまうかも。外壁もすぐボロボロになり、高い頻度で高額な費用を払いメンテナンスしなければいけません。

そうならないのは、塗料が保護してくれているからです。
塗料の保護機能によって製品寿命が伸び、消費者の消費サイクルが長引き、それに伴って生産や輸送によって発生する資源の浪費・有害物質の発生などを抑えてくれているのです。

環境に悪いと思われがちな塗料なのですが、このように実は環境保護に大きく役立っています。

一方で、知られていない

そんな素敵な役割を果たしている塗料ですが、なかなかこの事実は知られていません。
業界として外部に発信する機会が少ないのが原因の1つですが、僕らはホームページを通し、各塗装店の素晴らしい活動を世に発信するお手伝いをしたいと思っています。

それによって微力ながら、業界のイメージ向上に貢献したいのです。

以上が、僕らがホームページの受託開発を行う理由です!

Engoの事業成長において非常に大切な役割を果たしている部門です。
是非、面白いと思っていただける方とお話しできれば嬉しいです。

まだ4人規模のスタートアップですので、高い裁量で急速に成長したい方、是非お気軽に募集からご応募ください!

Engo株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more