1
/
5

【スタートアップのリアル】1日の様子をご紹介します!

こんにちは!代表の藤井です。

「スタートアップってどんな働き方してんの?」「やっぱカップ麺食べながら徹夜してんの?」などなどご質問をいただくため、今回はリアルな1日の働き方をご紹介します!

読み終わった後「ふ〜ん、なんかあるかなと期待してたけど地味なだけだな」とそっとページを閉じる方が多いでしょう。改めて1日を文章でまとめていて、僕自身ががそう思いました笑

なのでそれくらいの期待値で読んでいただけるとうれしいです!

朝ッ!

だいたい7時~8時、場合によって8時~9時、ケース次第で9時〜10時、コンディションによっては10時~12時に出社します。

そうです、つまり出勤時間など決まっていないのです。


今日は1日の様子をご紹介すると言うことで気合を入れて早めに8時くらいに出社しましたが、僕が一番乗りでした。メンバーそれぞれ夜型と朝方が半々くらいですので、朝早くは割と一人が多いです。


他メンバーはみんな朝ごはん食べてからきますが、僕はだいたいオフィスで食べます。

夏に向けて減量中なので、こんな感じのご飯です。


朝はひとりっきりなので、アニソンをガンガンに鳴らしながら仕事をします。

最近はトリコ 、犬夜叉、シャーマンキング、デジモン辺りのopを中心にヘビロテしています。
Go!!!Shock!!!!!


そうこうしているうちに、最近朝方にしようと頑張ってる齋藤が出社しました。彼曰く、黒のエアリズムはエンジニアの正装らしいです。もちろん、ポロシャツの下に忍ばせてます。

ここでそっとスピーカーの電源をOFFにし、airpodsを装着します。波の音をBGMに、沖縄にいきたい気持ちを昂らせながら仕事に集中します。


昼も近い頃、夜型の島田が出社しました。出社時に必ずと言っていいほどペットボトルのコーヒーと食糧を大事そうに抱えています。

島田は沖縄出身で、お盆は帰るみたいです。羨ましい!!なんかお土産買ってきてもらいます。

今日は営業の鈴木はテレアポなので、家でやるみたいです。こんな感じで出社もテレワークも、特にルールはないため、タスク状況や体調などを鑑みて自由にやってます!

昼ッ!!

お昼は僕がざっくり漢飯を作り、みんなで食べています。簡単で栄養価も高いのでだいたい鍋ですが、いいことあった日などはちょっと凝ったものも作ります。最近はケバブ丼を割と頻度高くつくります(作ると言ってもごはんと野菜にのっけるだけですが)。

島田の食べる速度が異常に早いので、いかにしてゆっくり食べさせるか。その攻防が繰り広げられます。


「Tomo's 漢厨房(キッチン)」というSlackチャンネルがあります。そこに食べたいものを投稿してくれたら僕が作ると言うシステムなのですが、チャンネル作成後4ヶ月が経過した今、僕以外のメンバーの投稿数は5件です。


............(^ω^)


こっからはもくもく働くのみですね。

なにかご紹介できる面白いことないかなって思ったのですが、なにもありませんでした。


営業の鈴木が出社しました。どうやら本日のテレアポや客先への訪問が終わったみたいです。

「今日髪型きまってないよぉ〜」って言ってました。


「ちょっと小一時間、強くなってきます!」との言葉を残し、オフィス目前のジムへ出かけます。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」です。ずっと座っているのも健康に良くないし、リフレッシュは必要だと思うので、運動は推奨しています。

と言うのは建前ですみません、単純に僕が筋トレしたいだけです。

夜ッ!!!

夜も僕がつくってみんなで食べる場合が多いです。今夜も相変わらず、鍋。

日本屈指の稼働率を誇る弊社土鍋が大活躍です。

晩ご飯あとはしばし、雑談タイムです。仕事以外の、他愛もない話をしています。


今日は23:30ごろオフィスをでました。

19:00の時もあれば、24:00の時もあります。最近は「代表が率先して帰らないと他が帰りにくい」というぐうの音もでない正論を言われたので、早めに帰るようにしてます。

とはいえやはりスタートアップ。リソースが限られる中で各々の業務範囲が広いので、労働時間は長いですし、休日も働いていることが多いです。

いかがだったでしょう、スタートアップの働き方のイメージはつかめたでしょうか?

今日気がついたのですが、昨日まで世は4連休だったみたいで震えました。

そんな感じで今時期はちょっとブラックな感じではありますが、それを楽しいと思えるような珍しい方がいらっしゃったら是非お話ししたいです!


以上!

Engo株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more