1
/
5

クラフには未経験からIT業界に挑戦できる評価制度があった。

株式会社クラフで働くメンバーの「声」を届けるVoice シリーズ。

第3弾となる今回は、まったくのIT未経験からクラフへの転職を果たした、中林さんのインタビューをお届けします。

奥様との結婚を機に、宮崎へ移住することとなった彼が、なぜ未経験のIT業界への転職を決断したのか?そこには、未経験でも挑戦することができるクラフの仕組みと、評価制度が大きく関係していました(以下敬称略)。

ーまずは簡単に自己紹介をお願いできますか?

中林:私は大学院を卒業後、医療機器メーカーの品質管理職として1年半勤めていました。妻との結婚を機に宮崎へ移住することになったのですが、転職活動をしていく中で、IT系のクラフへ入社することを決断しました。

現在は入社してから10ヵ月で、設計ビギナーとして働いています。

ー宮崎へはIターンと伺いましたが、なぜクラフへ応募したのでしょうか?

中林:もともと転職活動をする際は、大学時代に学んでいた水産関係の仕事や公務員など、さまざまな選択肢を持っていました。

ただ、もともと自分のパーソナリティとして「新しいことに挑戦したい」という面が強かったこともあり、自分が経験したことがない分野にも視野を広げて転職活動を進めていこうと考えました。

そうした中で出会ったのが、クラフでした。


株式会社クラフ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings