1
/
5

コロナ禍で始まったリモートワーク。「やってみて良かった」リモートワークのメリット。

全世界に感染が広がった新型コロナウイルス(COVID-19)。

KRAFでもリモートワークを導入し、従業員の安全を第一に考えた対策を講じてきました。

コロナ禍をキッカケにはじまったリモートワークですが、実際に働くメンバーはどのように感じていたのでしょうか。

ー新型コロナウイルスの感染対策として、KRAFでもリモートワークが導入されました。リモートワークが始まると聞いたときの率直な気持ちはいかがでしたか?

阿部:最初にリモートワークになると聞いたときは、すごく嫌だなという気持ちが大きかったです。業務に関して、ちょっとした疑問や質問などがすぐ聞けなくなるな、という不安がありました。

桑名:私は前職が在宅ワークだったので、研修からすべてリモートでの対応でした。そのときは、仕事の質問をしてもレスポンスが遅いことや、対面できないことでの不自由が多く、印象が良くありませんでした。

1人で孤独に仕事をして、1人でモチベーションを上げなくてはならないというイメージです。KRAFでリモートワークに移行すると聞いたときも、前職のマイナスのイメージがあったので、正直不安がありました。


株式会社クラフ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings