1
/
5

なにをやっているのか

私たち株式会社アークスは「誰もが安全で質の高い不妊治療を受けられる世の中」の実現に向けて、生殖補助医療の課題を解決するリーディングカンパニーです。 AIおよびロボット技術を活用し、生殖補助医療の自動化機器などのプロダクト開発を行っています。 ■生殖補助医療とは■ 生殖補助医療とは、体外受精や顕微授精など高度な技術を必要とする不妊治療のことです。現代の日本において生殖補助医療で誕生している子どもは14人に1人。さらに今後も出産年齢の高齢化などの理由から、生殖補助医療を通じた出生児は増加していくと予想されます。 ■大学・医療機関との連携強化により研究開発が加速中■ 2023年4月にプレシードラウンドにて総額7千万円の資金調達を実施しました。調達した資金を用いて、大学との共同研究や医療機関との連携によるデータ収集を強化。胚培養士の高度な判断を支援するAI支援システムおよび、培養室作業を自動化するプロダクトの開発を進めています。 ■生殖補助医療自動化の実現にむけて■ 現段階での目標は生殖補助医療の一工程を自動化させることですが、最終的な目標は全工程の自動化です。それにより、生殖補助医療の質および成功率向上はもちろん、現場で作業にあたる医師や培養士の人材不足を解消したいと考えています。 ゆくゆくは生殖補助医療の自動化により、国や地域を問わず質の高い不妊治療を受けられる社会の実現を目指しています。

なぜやるのか

■誰もが安全で質の高い不妊治療を受けられる世の中を■ 私たち株式会社アークスは、生殖補助医療の課題を解決するため、クリニックや大学、企業と連携し、最先端の技術を取り入れるだけでなく、現場で使いやすい優れた製品を開発しています。医療機関の方々とともに、不妊で悩まれている患者の方々にとって、より良い選択肢を増やすための製品開発に取り組んでいます。 ■事業設立の経緯■ 代表の棚瀬は、前職でAIエンジニアとして大手企業向けのAIシステムの開発および導入に携わっていました。なかでも医療用AI支援システムの開発においては、医療に貢献できる点に大きなやりがいを感じていました。 そんな時、不妊治療で苦労している知人に出会い「自分の経験やAI・ロボットの技術・知識が役に立たないか?」と考えたことが創業のきっかけです。社名のアークスには、不妊治療で困っている人とAI・ロボット技術の架け橋となるようなアーチ(arch)を世の中に多く作っていきたいという想いが込められています。

どうやっているのか

■わたしたちの強み■ 代表棚瀬がAIエンジニアとして培ってきたAI・ロボティクスの確かな技術はもちろん、大学やクリニックとの共同研究や医療機関との連携によるデータ収集が、生殖医療現場をアシストするうえでの大きな強みとなっています。 ■国内では競合他社ゼロ■ データベース解析やバイオテクノロジーを駆使して不妊治療にアプローチしている企業は、日本の医療業界にすでに存在します。しかし、当社では現場作業をアシストする独自の事業展開をしているため、競合他社が国内には存在しません。 ■社風■ スタートアップ企業なので「ともに良い会社をつくりあげていきたい!」という思いがメンバー同士でも強く、コミュニケーションを大切にした風通しの良い雰囲気です。 ■職場環境■ オフィスはお茶の水駅から徒歩3分、アクセスしやすい立地です。勤務時間はフレキシブルに設定可能。今後はリモートワークの導入も検討し、働くメンバーそれぞれに適した働きやすい環境を整えていきたいと考えています。 また、書籍購入補助やスキルアップのためのセミナー代補助など、個々のスキルアップのための補助制度の導入も検討中です。