1
/
5

やってはいけない起業方法

こんにちは、Wantedlyストーリーに初登場のPM Agent代表の梅津です!
写真は創業後、初めてのレンタルオフィスから事務所移転をする前のごちゃごちゃしてる時の写真です。

今回の記事をご覧いただいた方は起業や独立に興味のある方が多いかなと推測してます。
ベンチャーや大企業での勤務経験を経て起業していることもあるのか、起業してから今日までよく聞かれる質問の1つをご紹介させてください。それは以下の内容です。

「どうすれば起業できますか?ビジネスアイディアはどうしたんですか?」

周囲に集まる人の多くが起業に興味のある子も多く、有難いことに先輩起業家としてアドバイスを求める方も少しずつ増えてきたかなと思いながら多方面から同じことを聞かれるので今回触れたいなと思います。

あくまでも個人の見解であり世の中的に正しいものかどうかはわかりませんのでご了承くださいね。
そして私の答えはこうだ。

自分がやっても良いと思える範囲内の中で、最も稼げるものをビジネスにした方が良い

と考えておりまして、理由は以下のような考えを持っているからです。

稼げる = お客様から報酬をいただける

報酬をいただける = 提供サービスに満足いただいてる

満足いただける = 提供サービスに価値がある


つまり、提供サービスに価値がないと稼げないんです。
価値を提供し、お客様に認められて初めて報酬をいただけるわけなんです。

それを、価値提供もできない中で、自分自身のやりたいことを優先したり、学びたいことを優先して事業選定したり稼ごうとするとほとんどの多くが上手くいかないこと多いんじゃないかなと思います。
(現にスケールせずにピボットを繰り返すことを見かけることが多いです)

まだ価値提供できていなくとも潜在的な課題に対するソリューションになり得るものや、変化の激しい時代の中で時代の潮流を読み今後来るだろうと信じスタートアップモデルで事業展開することもあると思います。ただ本質的にビジネスに対する絶対的な自信や確信があるわけであり前述のスタンスとは大きく違うように思います。



当社のミッションは、

新しい価値を創造し、社会を幸せに

提供サービスに価値があるかどうかという低次元の話ではなく、
より大きな課題を抱えている領域に対して、人材やテクノロジーなどを活用した我々ならではのソリューションを武器に課題解決をしていくことをミッションに掲げております。
そのためであれば現実的なファイナンスの範囲内で人材採用や人材育成、研修、テクノロジーの導入、エンジニアリングには惜しまないというスタンスでいるつもりです。

現在、既存事業が急成長、そして新規事業も徐々にネタが蓄積してきておりテストマーケティングを実施して事業立ち上げをしていく過程の領域もあります。
ぜひ新規事業や当社ミッションに共感をいただけた方はどなたでもお話しするつもりでいますので、お話ししましょう!

初ライティング、少し堅かったかなとこのタイミングで気づき、
反省もしつつまた次回お楽しみに!

株式会社PM Agentでは一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう