1
/
5

IT企業で新卒未経験者が活躍することは出来るのか?【2020年新卒入社vol.6】

私は結婚準備サイトCORDY(コーディ)のシステム開発保守チームのメンバーとして、CORDYをより使いやすいサイトにするための仕事をしています。

当社はエンジニアやデザイナーだけでなく、サイトに関わる全部署が社内に在中し、企画からの全てを外の企業に頼ることなく自社で手がけるようにしています。なので、何か1つのスキルを高めるという働き方も、広く事業全体に関わるという働き方もどちらの働き方も可能になるし、途中でキャリア選択を変更する事もできる環境だと思います。

エンジニアのスキルも開発に関する知識も何もないまま、当社に入社しました。もちろんウェディングに興味があったわけでもありません。ではなぜ入社したのか、その話からしたいと思います。

就活の時は、主にIT企業とベンチャー企業を見ていました。

IT企業を見ていたのは、社会に求められるスキルを身につけている自分でありたい!と思ったからです。プログラミングなどの知識は全くなかったのですが、数学は好きで得意だったという安易な考えで、自分には合っているのではないかと思っていました。

あとは、スーツを着ている自分が想像できずパーカーで仕事がしたいと思っていたので、規律なども大手と比べると緩いのではないかと勝手な想像をし、ベンチャー企業を見ていました。もちろん、それだけではありません。決められた業務だけよりは色々経験したいと思いましたし、ゆっくり仕事をするより忙しいほうが良いと思ったので、大手に対する就活は一切していませんでした。

社会人は地獄だと決めつけていた自分は

「どうせ地獄ならよりつらい地獄に行こう。やるならやろう。」

と、謎の決意を心に秘めて就活をしていました。

合同説明会で企業を見て回っているときにハイパードライブを見かけました。

(やかましい(賑やかな)ブースがあるな…)


そう思ったのを今でも覚えています。その日は時間がなかったので、パンフレットだけもらって帰ったのですが、IT企業でベンチャーと書いてあって、自分の希望にピッタリだと思い説明会に行きました。

説明会に行った自分の目に狂いはありませんでした。

他の企業の説明会では社長が登壇することはなかったのですが、ハイパードライブは社長が登壇して講演をしていました。しかもすごく自信満々に話していたんです。それは根拠のない自信という感じは一切なく、経験を踏まえて話していてメッセージが明確。とても説得力のある話で「すごい!この事業はきっと成功するんだな」と社長の話を聞いて思いました。

様々な企業を見ましたが、当社の社長の講演を超える企業と出会うことはありませんでした。内定をもらってから入社するまでに、アルバイトで開発保守グループの仕事を手伝わせていただきました。

アルバイト初日。

システムの仕様を詰めるため簡易版のサイズガイドの企画書を作成する仕事をいただきました。結婚もしたことない自分が、ブライダルにまつわるアイテムのサイズガイドをつくるなんて!と、何故か意気込みながら取り掛かったのを覚えています。

その時自分が作成したサイズガイドを今見ると、恥ずかしいくらいダメだと思います。ただ不思議と、全く知識のない僕でもすごく没頭できて楽しかったです。

IT企業はエンジニアがつくりあげるという工程だけではないというのはもちろん分かっていました。しかし、アルバイトの経験をしたことによってカップルや事業者と直接関わる仕事ではなく、社内でシステムの開発に携わる職種がしたい!と強く思うようになりました。

アルバイト中に開発チームのマネージャーに「先輩の右腕になれ」と言われたことがあります。何か意図があって言っているのだろうとは思いましたが、その時は理由はわかりませんでした。

アルバイトをして数日経つと、すぐ理由が見えました。

先輩は膨大な量の仕事をこなしています。しかも完璧にこなすだけでなく、自分の担当業務以外の仕事も、嫌な顔一つせずどんどん引き受けます。栄養ドリンクを2本連続一気に飲んでいるのを見た時、早く力をつけて仕事を自分のものにして、個人としても組織としてもスピードアップしなくてはいけないと強く思いました!

望んでいたベンチャーの働き方を目の当たりにし、期待と同時に恐怖を覚えた瞬間でした笑。

入社研修を経て、正式にシステム開発部に配属されましたが、初めはわからないことだらけでした。ITの勉強はしていなかったので、ミーティングは分からない言葉だらけ。とりあえず分からない単語を調べることから始めました。中学受験以来の勉強漬けの日々でした。

仕事に慣れ始めた夏頃に事件を起こしたことがあります。

システムエラーに対して、バグ(プログラムの誤り)を「多分ここだろう」と決めつけて仕事を進めた結果、チームや会社のスケジュールに影響するほどの事態に発展させてしまいました。バグの原因は、自分が思っていたものとは全然違いました。

僕の慢心が起こした事件でした。

時間をかけていた業務だったため、チームの先輩だけでなくエンジニアの先輩方にも大きな迷惑をかけました。どんなに論理的に考え操作経歴を確認し仮説を立てて検証し、最短ルートで発見することを意識してもダメだったり、仕様の詰めが甘く上司に迷惑をかけてしまうことがまだあります。

新卒である自分のミスで迷惑をかけ先輩方の時間を奪ってしまう、力不足を痛感する日々です。

設計からテストまでを一貫している会社なので仕事を任せてもらっている以上、なるべく周りに迷惑をかけたくないし同じことは繰り返したくないと強く思っています。

自分は経験が浅く未熟で活躍できていないな、などとネガティブな思想が頭をよぎる瞬間もありますが、エンジニアの先輩方と仕事の話をしているときに「勘が良いね!」と言われることもあります。心の底から嬉しくて、小さくガッツポーズをしています。先輩たちの背中や言葉は偉大です。単純ですが、より積極的に提案することもその日以来増えています。

最初はただITがやりたいとか、開発が良い、と漠然と思っていてキャリアプランを考えていなかった僕ですが、現在の仕事を通じて興味を持てるものを見つけました。

入社当時は予想もしていなかったプログラミングの仕事、エンジニアになりたいと思っています。ある日自分がミスをして対応しなくてはいけないことに対して、エンジニアの先輩が

「ここ、やっておいたけど大丈夫そう?」

と先手を打って対応を完了させ、笑顔でそう言ってくれたことがありました。

惚れました。笑

エンジニアの近くで働くようになり、関わり方が変わったのでわかったことですが、当社のエンジニアの先輩方の仕事はスマートでクレバーですごく格好いいと思います。もし仮に入社前に戻れるのであれば、間違いなくプログラミングの勉強をして入社します。それくらいエンジニアに強い憧れを持っています。

タイトルに戻りますが、未経験者でもIT企業で活躍はできると思います。IT企業の職種はエンジニアだけではないですから、活躍方法はいろいろあります。

でも僕はエンジニアになりたいと思うようになりました。諦めたら無理でしょうが、真面目に取り組めばできないことはないはず。自分次第で活躍できるかどうかは決まってくると思っています。

マネージャーには「今、先輩の腕の何%くらい?」と定期的に聞かれます。先輩に直接聞いていないので自己評価になってしまうのですが、今はまだ指3本くらいだと思ってます。まずは「先輩の片腕」と胸を張って言えるように現在猛勉強中です!


2022年度卒業の新卒エントリーはこちらから

→対面での会社説明会ご案内中

株式会社ハイパードライブ's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more