1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

配属部署はトップセールスの先輩とのマンツーマン。必死に食らいついた私の話。

私は2019年新卒1期生としてハイパードライブに入社をし、現在はECサイト「CORDY」の営業開発チームのメンバーです。

入社する1か月ほど前に、同期とドライブに出かけたときに

「どんなことをするんだろう」

と会話をしていたのを覚えています。

私が就活をしていた当時のハイパードライブ は、部署もなく全ての先輩たちが全ての職務に関わるスタイルでした。それぞれの先輩が、自分の得意分野を活かして活躍している姿に憧れました!

会社としての実績もまだない状態でしたが、そこに集まる人たちが同じビジョンを掲げ突き進む姿を見て、仲間になれることが嬉しく、未来が楽しみで仕方ありませんでした!

夏頃に組織が構成され部署ができて、私はCORDYの営業開発チームに配属が決まりました。

当時の気持ちを振り返ると

営業職というのは、外に出てがつがつ売り込んでいって成果を上げるというイメージが強く、自分自身で成果を上げられる強い人がやる仕事だと勝手に思い込んでいました。自分には向いていない仕事だと思っていたので、実は違う職種を希望していました笑。

配属後は、ウェディングや結婚に関わる仕事のセールス部門で、20年以上トップクラスの成績をあげて活躍し続けてきた上司(マネージャー)の元で、2人だけの営業チームがスタートしました

マネージャーはハイパードライブが好きで、CORDYが好きだからこそ、闇雲に掲載企業数を増やすような仕事は絶対にせず、心から素敵だと思う商材やサービスの企業に営業をします。契約したい企業を見つけると、その企業の事を調べ尽くす勢いで調べるのですが、その数が半端ない多さです。その全ての企業に契約していただくために、全部の時間を使っているとしか思えない成果へのこだわりぶりで、いつ寝てるのかな?と思ってしまうくらいストイックな人です!

私は業界のことも知らないし、結婚式の知識も知らない。ただCORDYは知っている。そう自分に言い聞かせていましたが、CORDYへの思いだけで営業をし、他の企業様を仲間にするというのはすごく難しかったです。ただ、どんなに苦しい時も、マネージャーと同じか、それ以上の熱量で向き合わないとだめだと、毎日自分に言い聞かせて取り組んでいました。

お仕事で成功してきた人が隣にいてくださるからこそ、必死に真似をして吸収すれば、自分も少しずつでもできるようになる。必ず成長できる。しかも、そんな人と1対1で仕事ができるとても恵まれた環境にいる。。。常にその思いでいっぱいでした。

営業!やるしかない!

1つのことに対してやってみて、確認してもらう。その繰り返しで、余裕も全くありません。今思い返せば、弱音を吐く思考も全くありませんでした。

思いだけで食らいついていけたのは、圧倒的な力の差を近くで見ていたからだと思います。

私は営業先で会話をすることが苦手で、資料を広げてCORDYについて説明し、「一緒にやりましょう!」で終了です。

もちろんマネージャーは違います。

「今はどのような状況か?」「会社として力を入れているのはどんな事か?」と企業様に寄り添い、CORDYに対して何を期待して時間をくださったのかを、丁寧に丁寧にヒヤリングします。レベルの差は雲泥ですから、比較する方がおこがましいのですが、私の営業との一番の違いは、この調べ尽くした時間分の会話力でした。

(自分のやり方を改めないといけない。やるからには、この人みたいになりたい!)

夢中になって成果をあげたいという一心で、トライ&エラーを繰り返しながら、1年間突き進みました!

「数字!成果!自分の結果をなんとしてでも残さなきゃ!」

という気持ちで自分なりの成長を遂げ、結果もついてくるようになりましたが、変化のタイミングが訪れます。

後輩達の入社です。

後輩が加わった時が業務量的にも精神的にも強くならなきゃと思ったタイミングでした。

人数が増えた時にマネージャーが、新しいメンバー達にこう伝えてくれました。

「分からないことがあったら葵に聞いて!」

マネージャーが信じてくれているからこその言葉でうれしい反面、私自身が全部教えられるようになっていないといけないと思い焦りました。どういう先輩だったら頼れるか。何に困っていてどのようにして改善していかなくてはいけないか。自分のこともチームのことも、そして後輩のことも考えなければいけないなと思うようになりました。

「わからない」は絶対に嫌!負けず嫌いな私は結婚式のことや業界のことを、0から勉強し直しました。全部に完璧ではなかったとしても、質問されたら答えられるように努力しました。配属されたばかりの時よりも、勉強をしたと思います。

気が付くと、マネージャーと二人だった営業部は7名のチームになっていました。

今の営業チームで自分の役割は、「より全体を見る事」だと思っています。お客様はCORDYに何を期待していて、会社はどこに向かっているのか。営業は何をするべきで、どういう成果を残していかなければいけないか。その中で私がすべきことは何かという考え方に変わっていきました。

新卒1年目、トップセールスの先輩とチームを組めたのは社会人人生の一番最初の宝だと思います。

「社会人人生は最初に入った会社の指導係りにつく先輩で決まる」

そんな言葉を就活中に聞いたことがあります。

私もチームに後輩が加わる時、私が先輩で良かったと思ってもらえるように学び成長し続けたいです!

株式会社ハイパードライブでは一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう