1
/
5

CookpadTVは料理動画でNo.1になれるのか?

2018年4月にCookpadTVを設立してから、10ヶ月が経ちます。

料理動画サイネージ「cookpad StoreTV」が日本のスーパーマーケットの1/4の店舗に導入されたり、クッキングLIVEアプリ「cookpadTV」がgoogle play の生活お役立ち部門でベストアプリに選ばれたり、少しずつサービスが広がってきているなと実感しています。

ただ、この投稿に興味を持ってくださった方の多くが感じていることは、「最後発の参入で本当に勝てるの?」だと思います。本当にNo.1になれるのか?


わかりません!!


そんな無責任なと思われるかもしれませんが、本当にわかりません。もちろんリリースしたサービスは全て私なりの戦略があって展開しています。うまく立ち上がったサービスもあれば、失敗したものもありますし、失敗から得られた知見を活かしてリスタートしたものもあります。

私の実感としては、新規事業が大成功する確率は10%にも満たなくて、失敗を繰り返してもバカみたいに成功を信じてチャレンジし続けるしかないものだと思います。だからこそ、1つのアイデアに固執せずに、次々と新しいアイデアにチャレンジし続けることが、成功を生むんだと思います。

CookpadTVは、料理を楽しみにするための課題解決型サービスしか作りません。

課題解決型のサービスはユーザーに継続して使い続けてもらいやすいですし、私自身が昔から料理が大好きなので、料理に関する課題解決の新しいアイデアがいくらでも浮かんでくるからです。

CookpadTVでは、常に5つ以上の新サービスを準備していて、競合が参入してきても半年以上のアドバンテージがある状態になったらリリースすることにしています。私たちにしかできない①競争優位性と②スピードに徹底的に拘ったサービス開発を行い、成功したら圧倒的にNo.1になれる状態でスタートします。

少しだけ皆さんにも体験してもらえるように、5月にリリース予定の新サービス「cookpad MEETS」のプロジェクトについて、リリースまでの様子を公開していきたいと思います。

失敗しても失敗しても新しいことばかりやり続けていると、世の中の90%くらいの人から「あの人、頭おかしいよね」と言われます。私はもう言われ慣れましたし、世の中にはもっと派手に暴れて回っている方々もいらっしゃるので、私自身は何を言われても特に気にしませんが、他人に否定されてもホームランを狙い続ける心の強さがない人は、絶対に新規事業には関わらない方がいいと思います。

やり続ければ、世の中の残り10%くらいの人が「あの人、面白いことやってるよね」って興味を持ってくれて、その中の更に10%くらいの変人たちが「あいつと一緒にやってみたい!」と思ってくれる感じで、その変人たちが80人以上集まってくれたのがCookpadTVという会社なんだと思います。

一緒にチャレンジして、一緒に失敗してくれるメンバーには感謝しかないし、時々厳しいことも言うけれど(いや、たぶん毎日言ってるけど)、近い将来に必ずホームランを打って、みんなが「ホームラン打ったったで、どや」って家族や友人や同僚に自慢できるような会社になるといいなと思っています。

まだまだチャレンジしたい事がたくさんあります!少しでも興味を持ってくださった変人の皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

募集一覧はこちら↓

クックパッドライブ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
クックパッドライブ株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?