コロナを経験して変えたこと、変えないこと

新型コロナウイルス感染拡大による様々なビジネス環境の変化によって、CookpadTVも大きな影響を受けました。

多くのレシピ検索サービスは、4-5月のアクセスを大きく伸ばしています。これは新型コロナの感染拡大によって、在宅時間が増えたり、外食ができなくなったことで、自宅での調理頻度が大きく増加したからです。しかしながら、CookpadTVが展開しているビジネスにおいては、たくさんのマイナスインパクトが発生しました。

まず、主力事業である料理動画サイネージにおいては、スーパーマーケットを利用する買い物客が増えたことにより、より多くのユーザーにリーチすることが可能となりましたが、広告主である食品メーカーや飲料メーカーからの広告出稿延期やキャンセルが相次ぎ、広告売上が落ち込みました。これは、広告主がスーパーマーケットで販売している食品や飲料が想定以上に売れたことで商品の欠品リスクが高まったことや、先の見えない状況に対する警戒感から広告出稿を抑制する動きが強まったことによるものです。

そして、もう一つの主要事業であるクッキングLive事業においては、TV業界でバラエティ番組の収録が中止されたことを受けて、CookpadTVでもキャストやスタッフの安全を考慮して、各キャストの所属事務所の意向に沿う形で多くの番組の配信を中止しました。cookpadLiveは、Live配信にフォーカスしたサービスであるため、新規の配信がなくなったことでアクセス数が減少し、有料会員数もサービス開始以来初めて減少することとなりました。

1-3月まで高い成長率を維持していましたが、一転して4-5月は厳しい状況となりました。この経験を受けて、CookpadTVというベンチャー企業でこれからも様々な事業に挑戦していく中で、変えようと思ったこと、変えないでおこうと思ったことを簡単にまとめました。

変えること:事業ポートフォリオ

広告事業は収益性の高い事業です。また個人的にはとても好きな事業です。クライアントと一緒にユーザー視点でコンテンツを作って、自社のコンテンツよりも少しリッチなコンテンツにして、より多くの人にコンテンツを届けることができる楽しい仕事だと思っています。

クックパッドで長く広告営業や広告商品の開発に関わってきたので、広告事業が景気や災害などの影響を受けやすい事業であることを十分に理解しているつもりでしたが、新しい会社を立ち上げるにあたって、自分が得意な広告事業を中心に事業ポートフォリを組んでしまったため、今回の新型コロナの影響で、一時的にはありますが、売上が落ち込むことになりました。

改めて、ユーザー課金・コマース・広告と分散した事業ポートフォリオを作ることの重要性が身にしみました。これからも広告マネタイズを狙った新規事業は立ち上げていきますが、広告依存しすぎないことをしっかりと意識していきたいと思います。そして、早速7月にコマース関連の新事業をスタートします!

変えないこと:非連続的な挑戦

CookpadTVでは、前述の新しいコマース事業を含めて、7-8月に3つの新サービスをリリースする予定です。いずれも新型コロナの感染が広がり始めたころから、料理に関する環境変化をイメージして着想し、開発を開始したものです。いずれかのサービスがCookpadTVの成長を更に加速してくれるかもしれませんし、全て失敗に終わるかもしれません。ただ、少なくとも新型コロナの影響で既存のサービスが停滞する中でも悲観したり絶望したりすることなく、前に進む原動力になってくれました。

CookpadTVは、どれだけ失敗しても、たまに成功しても、新しいサービスを創り続けます。そんなCookpadTVの新規事業開発を体験できるプログラムを開催しますので、ご興味のある方はぜひ応募してみてください。仕事終わりの時間や仕事が始まる前の時間にリモートで気軽に参加できる設計にしています。プログラムが始まったら僕も参加する予定です。

CookpadTV株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more