1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

ARコンテンツなど最新技術を用いたアプリを開発中!
トップクラスのクリエイターが集まり、ヒットコンテンツを生み出しています。
当社は2003年設立以来、スマホゲームアプリを初めとしたモバイルコンテンツを開発してきました。 現在は、スマートフォンゲームアプリの開発を主事業とし、 2Dアニメーション、AR/MRと先端技術を取り入れた事業を展開しています。 大手企業とも取引が多く、高い成長率を維持しながら、3年連続で売上を伸ばしています。 ★事業内容★ 【オンラインゲーム開発】 当社の主事業です。 アプリからサーバまで。企画・開発・デザイン・運営まで。 ワンストップでサービスできるリソースを揃えています。 これまでに450タイトル以上のモバイルゲームを開発・運営してきました。 【2Dアニメーション】 1枚のイラストから、ハイクォリティな2Dアニメーションを制作しております。 私たちは、国内でも早く組織的にボーンメッシュ2Dアニメーション技術に取り組んできました。 常に最前線の経験をさせていただき、高いノウハウを有することが出来ています。 【MR / AR / Alexaスキル】 めまぐるしく進化する技術にいち早く対応すべく日々研究開発に取り組んでいます。 自分たちが試してみないと始まらないので、新しい技術にはいち早く取り組みをしています。 \ 事業拡大の為、積極採用中! / 現在は、事業拡大のためにメンバーを積極採用中です! コロナウイルスの影響は大きく受けていない為、 新たな仲間を増やすべく、採用活動を実施しています!

なぜやるのか

代表取締役社長 安松 亮
■世界遺産級のすごいサービスを創る■ インターネット空間において、「ものすごい」サービスがこの10年で誕生しました。 検索サービス・現実世界を彷彿とさせる地図・人類の知を集積したhtml群などが、 社会的インフラのように機能しています。 これまでにも、人類は様々なインフラや建造物をつくってきました。 古代につくられたものは今や物理的機能を失い、その多くが観光資源に姿を変えています。 しかし、かつての社会においては、現代の水道や電気・インターネットに 置き換えられる機能を持っていたことと想像できます。 確実に言えるのは、価値観が変わった現代においても、 それらのスケールや芸術性・高い技術力が圧倒的な存在感を放っていること。 エボルブも、IT領域で語り継がれるような「ものすごい」モノをつくり、 そこに自分たちの人生を注ぎたいと思っています。 ■起業にいたる経緯■ エボルブの社会的価値は、これまで実現できなかったことを新しい技術で実現していくこと。 私たちは、モバイルコンテンツの黎明期から最先端技術を採用し、新しいサービスを 世の中に提供してきました。これは私たちにとって楽しみ・やりがいでもあります。 これからも新しいモノづくりに挑戦し、発信していきたい。 この想いからエボルブを立ち上げました。

どうやっているのか

職種を超えた意見交換が交わされる風通しの良い社風です。
弊社の根本的な強みは、新しい技術を積極的に取り込もうとする企業風土です。 社員には常に最新の武器で戦おうと話しています。 そんな当社の大きな特徴が、プログラマーに嬉しい評価制度です。 通常は扱える言語ベースで評価をされることが多い職種ですが、当社は一味違います。 評価基準を明確にした「査定シート」に従って、公平に評価しています。 扱う言語ベースではなく、実務ベースの項目が特徴。 プロジェクトリーダーやディレクターへの昇進・昇格に必要な項目も明記されており、 クリアすると随時昇給・昇格していく仕組みです。 例えば、「◯◯までプログラムを組むことができる」「発見したバグを修正できる」など、 ゲーム制作に必要な技術レベルで項目を設定。 全てクリアすれば、一人で1本のゲームを作ることが出来るように作られているため 「自分が今何をやるべきなのか」「何を勉強すればよいのか」が明確にわかります。 【案件の進め方は】 ゲーム制作の案件を請けた後、まずはディレクターがクライアントと打ち合わせ。 大まかな仕様を決定し、必要な機能を洗い出したら、詳細を仕様書にまとめます。 その後、仕様書通りにプログラムを組んでください。長いもので1~2年かけて開発していきます。 制作中は、週1回の定例ミーティングで「このアニメーションを変えたい」 「この操作を分かりやすくしたい」などの意見を出し合い、修正と試運転を重ねていきます。 【自社案件はあるか】 過去に、AR等の技術を用いた自社案件の開発実績があります。 現在はモバイルゲームの開発依頼を受けることが多いですが、 今後も前向きに取り組んでいきますのでご期待下さい。 【最新技術を学べる】 最新技術についてのプロジェクトを組織し、ゲーム制作にどのように活かせるかなどを 常に模索しています。現在はAR、MRなどの研究が主流。 そのほか開発に関するミーティングも行なっているため、最新技術を学ぶ機会は多くあります。 【働く環境】 2019年末にフルリニューアルしたオフィスは、おしゃれで働きやすい空間になっています。 開発環境にもこだわり、一人ひとりにハイスペックなPCを支給します。デュアルディスプレイも使えるので、効率よい作業が可能です。作業スペースを広めにとっている分、作業に専念できる快適な環境に仕上がりました。 なお、エボルブではメンバーの希望に柔軟に対応しており、リモートワークを導入しています。