1
/
5

【インタビュー】入社1か月の新入社員を直撃<前編>

みなさんごきげんよう。人事・採用担当の黒田です。

先日、バッグや財布を扱う「SL(ソフトライン)事業部」に新しい仲間が加わりました。


なんと、弊社初アメリカ出身の方で、3年前に来日したそうです!
新しい国のメンバーが増えるのはとてもうれしいですね。

入社して数か月の彼ですが、既にとても忙しそうな姿が窺えます。
今日はそんなSL事業部に突如舞い降りた新入社員、レイさんに突撃インタビュー!


どんなものを作っているのか

SL事業部は、Amazon売れ筋ランキングの「ビジネスバッグ」部門において1位を獲得し、常に上位をキープしてる「GREVIO(グレヴィオ)」を作っている事業部です。

▼ランキング1位~4位を独占


こちらはSKU数(アイテム数)が膨大で、在庫管理が大変です。
カテゴリーに分けると、バッグは リクルート/リュック/トート。財布であれば、長財布/二つ折り/ラウンド などここには書ききれませんが、各アイテムのカラーバリエーションが豊富。

そんな多忙を極めたチームにも関わらず、最近まで二人きりでまわしていたのだからすごい。



Q1. 入社して1か月経ちましたが、会社の雰囲気はいかがですか?

自由でオープン、質問のしやすい環境

「人と人との距離が近いです。人が多いと、個人との関係が構築できないですよね。薄くなるというか。でもここは、ひとりひとりと親密になれる感じがあります。なので知らない人がいない。それによって “会話しやすい雰囲気” も生まれているのかなと。チームに関してはかなり質問しやすいです。入って直ぐにそういう感覚がありました」

ー1日目からスっと馴染んでましたよね!?

「会社の雰囲気に助けられたと思います。質問しやすいということは、その人がそういうオーラを出している、そういう雰囲気づくりをしてくれているということだと思うので。人の好さを感じます」

ー“感じが良い” は、私も入社当初すごく感じました。

「僕、時々 日本語がわからない時があるのですが、事業部長が話の最後に必ず『今ので理解できましたか?』と聞いてくれるんですよ」



ー(写真はちょっと違う気もするけど)そういうところって "AINEXTらしい やさしさ" ですね。

「そうですね。あと、自由でオープン、畏まってないところも気に入っています」

―それは間違いない。弊社にはいろんな自由が有ると思うんですけど、寝ぐせをつけたまま出勤してる人を結構見かけます。チョロン!とか可愛いもんじゃないそれはもうサイヤ人みたいな……



「Hahaha」

さすがアメリカの方だ。リアクション(笑)

ー26歳であれば、年代が近い人が多いと思いますがいかがですか?

「それでいうと、事業部長が20代ということもあって、考え方に古さを感じることが無いのも良いなと思っています」



私もそれでいうと、極端な例ではありますが、音楽を未だ1曲ずつ購入していることを B&H事業部長に笑われました。



サブスクリプションだと曲が手元に残らないから嫌なんだ! と説明しました。解約したら大事な思い出が一気に消えてしまう恐怖、あなたにわかるの? って。 なんか笑って聞いてましたけど……。

でも、こういう自分では気づいてない NEW! がちょこちょこあります、若い人が多いというのは。
気づかされることがたくさんあって楽しいです。


後編へ つづく

株式会社AINEXTでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう