1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

シューティングはスポーツに含まれますか?〜知恵豆エンジニアのスポーツ事情〜

こんにちは。株式会社知恵豆の川井です。弊社ではこれまで様々なイベントが開催されてきましたが、中でも定期開催されているスポーツイベントは参加人数も多く、なかなかの盛り上がりです。今回は、スポーツイベントについてご紹介♪

「え~、スポーツ苦手だな…」と思われる方も、得意な方も、ぜひ最後までお読みいただけましたら嬉しいです。

多彩な競技で競います

ボウリング、バスケットボール、テニス、握力測定、卓球、ダーツ、釣り、シューティング、マリカー … 

                       ん?

これスポーツ?というような、怪しいものもありますが。ともかく色々な競技が開催されてきました。

ルールは当日知らされます。個人戦の時もあれば、チーム戦、あるいはどちらの場合もあります。強い人が優勝するわけではなかったり、優勝者以外にも特別賞が用意されていることもあったり。1つ言えるのは、運動が苦手でも楽しめるということ

運動音痴な私も、スポーツイベントは余程の事が無い限り、毎回参加しています!「私、ボールを扱うスポーツだけはゼぇぇーー……ッッタイ、ダメなんです」そう言ってボウリングの時は絶対に欠席していた人が、試しに1回だけ…と参加して以来、ボウリングだろうがバスケだろうが、欠かさず出席されるようになったくらいです。

優勝 = 楽しい じゃない

優勝目指して全力で競いますが、本当に楽しいのは、社員同士の交流です。歳の近い者同士、所属が同じ人同士、考え方が似たような人たち…何となく同じような顔触れで固まりがちな会社の集まりですが、スポーツイベントとなると話は別。飲み会は苦手だけど、このスポーツならば…!と参加される方もいて、普段の集まりではあまり見かけない方との交流ができるのもこのスポーツイベントの醍醐味です。チーム戦となると、歳の差なんて関係ない!部の垣根も越えて、普段あまり話す機会のない社員同士で泣いたり笑ったり、意外な一面が見られたり、手を取り合って優勝目指すプロセスで交流を深めます。

運動した後のビールはうまい!

そんな名言を遺したのは誰だっけ…。

スポーツイベントを終えた後は、希望者で打ち上げへ。ビールやジュースが進む!進む!優勝者へのお祝い(なんと優勝カップまで用意されており、歴代優勝者の名前が刻まれています!)や、健闘したあの場面、この場面…話題が絶えません。ついつい飲みすぎ食べ過ぎ…[ 運動 < 飲み食い ]になってない?ということも起きたり起きなかったり。

スポーツイベントは社員がお互いに新たな一面を発見できる時間として、知恵豆での欠かせないイベントの一部となっています♪

株式会社知恵豆では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング