1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

待望の新規事業!立ち上げの裏話を、高橋部長に聞きました

恵和ビジネスは、創業以来お客さまの歩みとともに事業を広げてきたことは、以前の記事で紹介しました。そんな歴史を受け継ぎ、この4月にまたひとつ誕生したのが、コールセンター事業です。今回は、コールセンター事業を所管する高橋部長に、誕生までの裏話を伺いました。

お客様の声から生まれた、新規事業

今日はよろしくお願いします。早速ですが、今回立ち上がるコールセンター事業は、どうして始めようというお話になったのですか?

恵和ビジネスはBtoBのビジネスを行っていますが、ほとんどのお客さまはその先にC、一般の方々がいらっしゃいます。日頃からお客さまのビジネスについて幅広く話を伺う中で、「一般の方々の対応もお願いできないか」というご相談をいただくことがありました。そのお声が増えてきたので、ならばワンストップでサービスを提供することが強みの私たちが是非お手伝いしよう、ということになりました。

今回もお客さまとの会話の中から生まれたお話だったのですね。立ち上げのお話は、いつ頃始まったのですか?

去年の9月か10月に検討を開始しました。

なるほど!ということは、立ち上がるまで約8ヶ月...すごいスピード感ですね。事業開始が決定したとき、お客さまはどのような反応でしたか?

「よかった、頼むね!」という声をいただきました。元々恵和ビジネスはフォーム印刷から始まり、お客さまのニーズを元に事業が拡大してきたので、この流れは良き伝統であり、長所と言えるかもしれないですね。ネットスーパーを運営するお客さまであれば、システム開発はA社にお願いして、コールセンターはB社にお願いして...と分けるとどうしてもコミュニケーションコストが大きくなりますが、私たちが一気に引き受けられれば業務効率化ができると思います。

立ち上げは小さなチームで。皆で事業を成長させたい

最初はどのような規模のチームで始まるのですか?

オペレーター5名、SV3名で始動します。SVのうち2名は社内異動で、1名は経験のある方を中途採用でお迎えしました。私自身もコールセンターの経験があるわけではなく、何もわからない中手探りで用意していた中で、経験者の方が入ってくださることはとても心強かったです。将来的には、20名程度のチームにしたいと考えています。

社内異動した方々含め、皆さんどんな様子で立ち上げ期を過ごしていましたか?

皆ポジティブな様子でしたね。設備手配から採用面接まで、幅広い仕事が待っていましたが、不安よりもやりがいの方が大きそうでした。ちょっとスタートアップらしい雰囲気もあり、全体的にわくわくしていました。

それは素敵ですね!コールセンター事業は、恵和ビジネスにどのような影響をもたらすと思いますか?

いちばんは、各事業部の相乗効果が大きくなることだと思います。システム・エントリー・BPO・フォーム印刷など、もともとひとつの仕事をきっかけに他事業に展開することはよくあったのですが、ここにひとつソリューションが増えることで、お客さまへの提案の幅が広がると思います。社内でも期待の声が大きいので、楽しみです。




(写真:始動を待つコールセンター。スタッフが快適に働けるように、座りやすい椅子を導入)

期待の新事業。北海道にとどまらない広がりを目指して

たしかに、お客さまの幅も広がりそうですね。具体的にこれからどのような業界のお客さまを増やしていきたいと考えていますか?

コールセンター事業なので、やはり多くの消費者と接することができる流通・通信販売の分野ではお役に立てると考えています。北海道内外問わず可能性が広がるので、良いチャレンジだと思っています。

恵和ビジネスはこれまで、BtoB事業が中心でしたが、コールセンターのように一般の方と直接接することはプレッシャーも大きいのではと思いますが、いかがですか?

そうですね。まずはお客さまの名前を使って、一般の方に受け答えをすることになるので、プレッシャーは大きいです。私たちの対応がお客さまの評判を左右することになるので、丁寧に経験を積み重ねていく必要があるな、と思っています。

他のコールセンターと恵和ビジネスのコールセンターでは、どのあたりが差別化のポイントだと思いますか?

私たちの場合はコールセンター単独事業ではなく、他事業との組み合わせなので、お客さまに一気通貫のサービスを提供できることだと思います。一般の方向けの事業という括りですと、事務センターの機能も持っているので、お客さまにとっては便利に感じていただけると思います。

コールセンター事業は、お客さまにも恵和ビジネスにもたくさんのチャンスを生みそううですね。そんな期待の事業ですが、どんなメンバーと働きたいですか?

これはコールセンターに限らないのですが、学習を継続できるひとを是非お迎えしたいです。学習しないと個人も会社も成長しないので、とても大切な素養だと思っています。そんな意欲をサポートするための環境は用意してあるので、どんどん利用してほしいです。


あとがき

過去にそうであったように、このコールセンター事業も、お客さまの声と共に成長していくんだろうなと感じました。古い歴史を持ちながら、スタートアップのような速度を持って立ち上がってきた新事業。をこれからの成長が楽しみです。

株式会社恵和ビジネスでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング