1
/
5

メーカーにて営業成績1位を獲得後の職種変更。トップを経験した営業マンが見据える先とは。

【株式会社ヘルスベイシス:社員インタビュー第2弾】

今回は、ITソリューション営業チームのリーダーとして活躍する西村さんにインタビュー。

前職にて営業成績1位を獲得し、いわば「トップ」を経験した西村さんが語る、ヘルスベイシスの「強み」とは?業務の魅力や、今後ヘルスベイシスで叶えたい夢についてお話しいただきました。


【プロフィール】

氏名:西村健人
略歴:大学卒業後、某タイヤメーカーに営業として入社。当時担当していた地区にて営業成績1位を獲得するなど営業のキャリアを積み、現在のヘルスベイシスに転職。ITソリューション営業チームのリーダーとして日々活躍中。



自分も一緒に、代表の目指す会社を創りたい

ー 本日はよろしくお願いします!まず始めに、ヘルスベイシスを知ったきっかけを教えてください。

西村:営業として次のステップへの成長を考え転職活動を始めた頃に、大手転職メディアにて代表の奥秋と知り合ったのがきっかけです。


ー 前職では「営業成績1位を獲得」とのことですが、実績を作った業種から新たな職種への変更を決断できた決め手は何だったんでしょう?

西村:代表との面接の際に、会社としてのビジョンや会社に対する想い、熱意をじっくりと話してもらったことが大きいです。

自分も一緒に、代表の目指す会社を創っていきたい」と思い、ヘルスベイシスに入社することを決意しました。現在はITソリューション営業チームのリーダーとして日々活動しています。


ー 「ビジョンに共感できるかどうか」は、働く上でとても大切ですよね。
  実際に入社してみて、「ここはよかった」と感じることは何ですか?

西村:会社の成長をダイレクトに感じられることですね。また、自己成長の機会が多いので、次のステップを目指しながら働けるのもよい点だと思います。

そういった会社や自身の成長を、同じ想いを持った優秀な仲間たちと経験できるのが大きな強みです。



「IT業界×人材」から得られるやりがいの多さ

ー 会社全体で成長を目指す風景が伝わってきました!
  続いて、ITソリューション営業の業務内容について教えてください。

西村:クライアントが求めるシステム開発技術者のスキルや経験の確認、面談、フォローなどが主な業務です。エンドユーザー、ソフトウェアベンダーなどをまわり、クライアントのニーズに合うスキルを持ったエンジニアがいれば提案する、といった形です。

また、クライアント企業からの開発依頼に応え、共に開発を行うことができるビジネスパートナーを新規に開拓することも。

営業チームのリーダーとしては、メンバーのフォローやアドバイスなどチームマネジメントを行っています。営業以外に、自社の採用業務などにも携わっています。


ー さまざまな業務を担当されているんですね。特に営業業務にはどんな魅力を感じますか?

西村:クライアントとなる企業が必要としている技術や人材をしっかりと把握し、それにマッチする人材を提供できる仕事なので、「やりがいの多さ」は常に感じていますね。

  • クライアント企業の上層部から相談されることも多く、経営的な視点が身に付く
  • クライアント企業、エンジニアの双方に満足してもらえたときの喜びが大きい
  • 人材を取り扱う責任の重さに比例したやりがいがある

など、「IT業界において人材を扱う」という特性から得られるやりがいが主に挙げられます。



向上心と成長意欲を武器にして

ー 今後、ヘルスベイシスではどんなことを叶えていきたいですか?

西村:まずは人材事業部の基盤を固めることが最優先と考えています。基盤が固まってきたその先では、ヘルスケア事業に携わっていきたいですね。


ー ありがとうございます!最後に、「ヘルスベイシスで一緒に働きたい人」のイメージを教えてください。

西村:会社のビジョンに共感できる人はもちろん、向上心を持った方と一緒に働きたいです。

ビジネスの戦闘力を上げていき、ビジネスマンとして希少な存在になりたい」という思いが強い方だとうれしいですね。

弊社は、これからどんどん会社を大きくしていく場面であり、会社の成長と共に自己成長したいという向上心を持ったメンバーが多いです。

なので、向上心を持った成長意欲の高い方だと、とても充実感を感じられると思います!

株式会社ヘルスベイシス's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more