1
/
5

【VP賞受賞者インタビュー】 金田悠暉(東京)~現状に満足しない成長意欲の源~


2019年12月27日に開催された学生DEMODAY「25th APOELECTION~Powered by FreeStyleTicket~」
3ヵ月間、東西合わせて250名の大学生が、BtoBマーケティングのパフォーマンスを競った中で、
10名を「Valuable Player」として表彰しました。
今回は、金田悠暉さんにインタビュー!

金田さんと言えば、前回大会で「初参加&最優秀新人賞&VP賞」という
衝撃的なデビューを果たした事で一躍有名になりました。
前回と異なり、周りからの重圧がかかって臨んだ今大会、
更なる成長を求め、新しいことにも挑戦しようとした金田さん
その成長意欲の源についてインタビューしました!(金田=以下ケネディ)



Q1、今回VPを受賞しましたが、受賞がわかった時はどんな気持ちでしたか?

金田:とても嬉しかったです。
特に、評価して頂いた点として数字だけでなく新しいことに挑戦している「姿勢」を見て頂いていた事に感動しました。

Q2、ケネディは今回で2回連続の受賞ですが、
初参加で初受賞した前回大会と比べて、自身の中で変えた部分はありましたか?

金田:前回はVPを取りたいという一心でただひたすらアポを獲るためにテレマを頑張っていましたが、今回に関しては特にVPにこだわらずテレマと向き合えました。というのも、自分がサブディレを始めたこともあり、ディレクターの先輩方から「今日のこの案件特に頑張って欲しい」などと声をかけていただくこともあり、どうやったらアポが取れるか、どのレベルの確度ならアポを取っていいか、ミスはしていないかなど考えながらテレマしました。その結果VPを頂けたことは前回よりも成長した点かなと思います。



Q3、今回は、新たな挑戦として、
テレマ稼働以外にも、企業側とコミュニケーションをとる
ディレクターとしての挑戦を行っていましたね。
両立が難しかったと思うのですが、どういった部分を意識して取り組みましたか?

金田:今回サブディレを始めさせていただいてテレマもやっていく中で時間の使い方という点を意識して取り組みました。テレマとディレクター業務の両立は正直上手くいったとは思っていませんが、限られた時間で高い生産性を生み出せるかを考えて特に11月は行動しました。ただ、まだまだ生産性低いと感じているので次の3ヶ月はもっとレベルを上げていきたいです。



Q4、入社前の自分と、現在の自分は何が変わりましたか?

金田:入社前の自分に比べて知識量や考える事が圧倒的に増えました。案件理解に必要な最低限の業界知識やどう話したら担当者に刺さるかなどを考える事はアッドラストに入らなければありえなかったと思います。あとはお酒を飲む頻度が増えました(笑)



Q5、FreeStyleTicketも本格スタートして、これからアッドラストに興味を持ってくれる大学生が沢山増えると思います。
これから入社を考えている大学生に勧めるとしたら、どういったところが魅力でしょうか?

金田:Freestyleticketももちろん魅力的だと思うのですが、自分の考えるアッドラストの最大の魅力は「楽しく成長出来る」点だと思います。メンバーの仲もよく、飲み会も楽しい一見サークルのような反面、大学生が企業の仕事に全力で向き合える会社はアッドラストだけだと思いますし、こんなに大学生が成長できる会社は唯一無二だと思います。歴代の卒業生の方々が一流企業で大活躍されているのがアッドラストで働く価値を象徴していると思います。

株式会社アッドラスト's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more