1
/
5

【社員インタビューVol.1】広告経験ゼロからの挑戦。小売りの第一線である売り場の経験者として、プロモーションを一気通貫で担う内山さんの想いとは?

こんにちは!電通リテールマーケティング、採用担当です。
記念すべきWantedlyストーリー1本目…!

最初のゲストはリテールプロモーションの分野で活躍している内山さんです!
未経験から電通リテールマーケティング(以下、DRM)に入社し、どのように成長してきたのか?

どんな想いで仕事をしているのか?内山さんの想いが溢れるインタビューになりました!
少し長いかもしれませんが、ぜひ一読してみてください!

―まずは初めに、簡単に自己紹介をお願いします!

統合ソリューション2部の内山 周弥です!入社から事業部はずっと同じです。
2020年の4月に入社、前職は百貨店で、新卒から6年間勤務していました。

百貨店からDRMへ。広告経験ゼロでも飛び込む価値があった。

―百貨店からご転職されたのですね!前職ではどんなお仕事をされていたのでしょうか?

新卒で入社してから、最初の2年半は家庭用品売り場で接客や在庫管理、折衝業務なども含め、売り場に関わるところを中心に販売のイロハを学びました。その後、もともと希望していた食料品フロアに移動し、中元・お歳暮の担当として1年間、催事場などでの設営のレイアウト作成や運営なども含めて幅広く担当をしていました。

その後、最後の2年半は食料品フロア内で異動をしまして、催事のプロモーション担当として、出展店舗の交渉などの外部との営業、出店管理、予算売上管理などを行っていた形です。

―百貨店で6年働いてからDRMへの転職ですが、どういう経緯で入社に至ったのでしょうか?

少し遡りますが、もともとは学生時代の野菜を売るアルバイトの経験から、流通に興味を持ち、バイヤーを目指して百貨店に入社しました。

しかし、実際に入ってみると、売り場での実務がかなり多かったです。そしてその中で仕事をしていくうちに、「どうやったら売れるか?どういう形にしていくことによって売れるか?」の部分を考えるのが楽しくなってきまして…

その部分により深く関わることができないかと思い仕事を探していた時に、当時担当してもらっていたエージェントの方から紹介を頂いたのがDRMでした。

売り場の経験もあり、リテール周りの仕事にも興味を持って転職活動をしていたので、選考にも進ませてもらったのですが、面接などを重ねていくうちに、店頭マーケティングのプロ集団だというところを知り…

当時自分が持っていた、売り場だけでなく、メーカー視点など、より広い視野で商品をどのように売っていくか、売れていくかの部分を勉強したいという想いを実現できそうだったこと。

そして売り場などの第1線。その部分の面白さを一番知っている会社に入りたいという想いも後押しし、入社を決意しました!

―それでは、今のお仕事内容について詳しく教えてください!

営業として、メーカーさんを中心に新規・既存のクライアントさんに向けて、プロモーション領域の企画・提案から実行までお手伝いさせて頂いています。プロモーション領域がどういうものかでいうと、TVCMやSNS、店頭販促物。他にもデジタル販促やHPの開設・運用など、上げるときりはないのですが…

そういった、全体的なマーケティングに関わる企画や提案、実行を行っています。

私がいる統合ソリューション2部は、DRMが抱えるフィールド管理やデータアナリティクスなどの専門分野を活かし、どういう施策を立案・実行していくかをミッションとして掲げているので…

そこに向けて、DRMが持っている独自のアセットなどを提案したり、実行したりという部分まで幅広く挑戦しています!

―かなり幅広く担当されているのですね!今の仕事、どんなところに面白さがありますか?

1番の面白さは、自身で考え、企画・立案をしていけるところです。

データを扱う部署やフィールド関係の部署など、色々なところから情報を仕入れたりでき、かなり刺激や学びが多い環境の中で、必要な事は何かを自分で考えてやっていく必要ある。そこがとても面白いです。

先程も少しお話しましたが、私は百貨店からの転職で、広告に関しては殆どド素人みたいな状態からのスタートでした。そんな状態から、プロモーションにおける様々な領域の知識を身につけながら成長してくることができた部分も有りますし、未経験であっても引き延ばせる環境はあると思います。

あとは個人的な要素ですが、マーケティング視点や広い視野で見たうえで、売れるためにどんなプロモーションが必要かを考え、実行していけるということにもやりがいを感じます!

百貨店時代から、「どう売るのか?」について考えるのは好きだったので、そこからさらに視野を広げた形で考え、仕事ができるのはかなり自分にとってプラスになっていますね。

―仕事の内容と実現したいこと、学びたいことがかなりマッチしていたのですね!逆に、仕事をするうえでの難しさ、大変さなどはどんなものがありますか?

ひとつひとつの案件に関して、クライアントさんのマーケティング予算が大きいことが多いので、そこに見合った成果を出していかなければいけないところです。ここはそんなに簡単ではない部分かなと思います。

加えて、多くの案件が1人でフロントに立つ案件なので、裁量が大きい分、分からないことや負担も大きいです。特に自分の場合は、広告の知識はゼロからのスタートだったので、最初のころはフロントに立ちながら分かる分野から吸収しつつ、理解を深めながらやっていくしかなかったです。1年半くらいたってやっと知識としては付いてきたかなと…(笑)

―幅も裁量も広い分、達成感も大きそうですね!今までご支援してきた中で、一番印象に残っている事例などがあれば教えて欲しいです!

これといった具体的な事例がある訳ではないのですが…

やはり一番心に残るのは、メーカーさんに感謝された瞬間です。

営業としてクライアントさんとの間に入り、関係値を築いていく中で、より風通しの良い環境を作れたことはこの1年半の成果であり、一番うまくいって良かったなと思っているところです!

クライアントさんと関係構築をしていく中で、自身が百貨店時代に非常に多くのお客様や従業員の方と接してきた経験なども活かしながら、関係構築していけたので、長期的な関係も作りやすかったかなと思ったりもしています。

様々なバックグラウンドを持つ社員が多いDRM。だからこそ、経験を活かしつつ活躍できる環境がある

―ここからは、会社についてお聞きしたいです!まず、電通リテールマーケティングの事業における他社との違いはどんなところにあると思っていますか?

まず1つは、会社として切り口を色々と持っていることです。

フィールドソリューションやデータアナリティクスを初め、データとIDを組み合わせたDSPであったり…

DRMが独自で持っているアセットが結構あり、それを活用しながら色々な提案などができるのは強みだと思います。
そしてさらに、データの分析から活用しながらプロモーションを動かしつつ、最終的にはそれを店頭で回していくところまでを一気通貫で行える点も強みです。

他にも、小売りを中心に、様々なバックグラウンドを持った社員が多いのも強みです。

小売り出身者、データを専門にやってきた人、マーケティング領域の人など、様々な経験を持った社員が集まっている。なので、事業面の幅だけでなく、社員に関してもたくさんの経験・視点からの広い支援幅がありますね。

―DRM独自の幅の広さということですね…! そんなDRMの良い所といえば、どんなところでしょうか?

社員ひとりひとりがかなり自立していることですね。百貨店時代はチーム要素が強く、助け合いが多かったので、入った当時はびっくりしたのですが…

それぞれが1人で案件を実行するので、自分で考えて仕事をしてかないと成果が上がりにくいという側面もありますが、社員皆のそれぞれが自立して物事を考え、仕事しているところ。そしてその上で、協力し合って成果を出しているところは、DRMの良い部分なんじゃないでしょうか?当初はびっくりしつつ非常に感銘を受けた部分でした。

―電通リテールマーケティングに合いそうな人はどんな人でしょうか?

自分で成長したい人なのかなと思います。

キャリアパスをしっかり考えている方や、自分で考えて成長・吸収していきたい方にはピッタリな環境です。

また、今いろんな業種の人が入ってきているのもあり、やってみたいという意欲のある方であれば成長していける土壌が整ってきています。私もゼロからの挑戦でしたし、人としっかり対峙できる能力さえあればやっていけると思います!

逆に、好きじゃないとできない仕事という部分はありますね。

今後も小売りとの連携などは強化していくので、実際のお店や売り場に興味を持てる人じゃないともしかしたら厳しいかもしれないです。

DRMだからこそできる支援を、より多くのクライアントに届ける。それが今のミッション。

―最後に、今後DRMで実現していきたいことを教えてください。

実際に、プロモーションを企画から実行する部分まで、全て完遂できるようになりたいと思っています。

その上で、データからフィールドまでDRMで完遂するクライアント様をもっと増やしていきたいです。DRMがモデルケースになる訳ではないですが、DRMのように一気通貫でリテール周りのマーケティングを完遂できる会社があるということをもっと示していきたいです。

そのために、データアナリティクス、フィールド管理、そして私がいるプロモーション。

この3分野を掛け合わせたマーケティングの提案ができるようになること、そしてそういったクライアント様を増やしていくことが私の直近のミッションだと思っています!

―本日はありがとうございました!それでは、求職者の方にメッセージをお願いします!

まずはDRMについてよく知っていただきたいです!

HPだけでは分からない部分、面接では伝わらない部分も多い会社なので、色々聞いていただければと思っています。

受ける前、受けた後で、実際にどういう仕事していくのか?を具体的にイメージできるようになると、ミスマッチも起きにくくなるかと。会社に入ってから辛いと思ってしまうのはもったいないですし、入ったからには伸び伸びと成果を出していただきたいと思っています!

頑張ってください!

―内山さん、ありがとうございました!

株式会社電通リテールマーケティングでは一緒に働く仲間を募集しています
16 いいね!
16 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング