1
/
5

なぜやるのか

技術を技術で終わらせたくない。 技術開発やサービスを通して、人が愛や幸福を感じられる世界にしたい。 これが我々の信念であり、根幹にある想いです。 我々のビジョン、『日常に"AI"を』には、これを踏まえて二つの意味を込めています。 人工知能という意味でのAI、もう一つはローマ字読みで「愛(あい)」という意味でのAI。 技術というのは、生活レベルまで浸透してはじめて世の中に還元され、 人の幸福や愛を感じるものにつながると我々は信じています。 AI技術の連続的な社会実装を実現することはもちろん、 その先にある人の幸福を常に見据えて前進していきます。 ▼MISSION Maximize the value of the world 〜AI×DATAで世界中の価値を最大化する〜 誰も知らない「価値」は無に等しい。 「価値」はそれを持つ本人が自覚して初めて「価値」となる。 それを本当に求めている者が知るからこそ「価値」となる。 しかるべき場所に置かれて初めて本来の「価値」を発揮する。 我々は世界中の「価値」を発掘し、 それらが最も輝く社会の仕組みを実現します。

どうやっているのか

新しくないとカッコ良くない。 でも実用的でないと意味がない。 今までにない着眼点を大切にし、 最新テクノロジーの導入をためらわず、 世の中に未だない市場の開拓に挑戦していく。 一方で、ユーザーが価値を感じられないこと、 社会にとって意義のないことは絶対にやらない。 我々が目指すのは、「革新的でも実用的」な事業創り。 "New but Practical" ▼VALUE - Integrity First 人として誠実であれ。どんなに優秀な人間でも誠実な人間には決して勝てない。 顧客・仲間・家族を裏切らない。目の前の仕事を投げ出さずやり切る。 原因は自分にあると考え、向き合う。 何事にも誠実に取り組むことを忘れない。 - Always Evolving "考える深さ"を大切にする自分でいること。大切なのは考える時間ではなく"深さ"である。 深い思考で行動し、改善を繰り返し続けることで、最終的に大きな成長を得ることができる。 考えることをやめず、常に学び続ける自分でいよう。 - Data to Action 定量的な情報を最大限活用する。 数値の裏付けがあることで、チームが同じ方向に向かって進むことができる。 情熱をもって取り組むだけでなく、数値に基づいて客観的な判断を行うデータドリブンな意思決定を。 - Respect and Ownership 周りの問題にも人任せにせず、主体的に取り組むこと。 個人だけでなくチーム成果にも責任を持つこと。 異議があればメンバーと議論を行い、お互いに納得のある答えを導きだす。 相互に信頼しあえるチームの中でこそ建設的なコンフリクトが生まれる。