1
/
5

なにをやっているのか

私たちアクロネットは、東京(本社)と名古屋(中部事業所)を拠点に、 お客様からのニーズに対して、インフラ系、ネットワーク系、WEB系、組み込み系といった幅広い領域で対応できるノウハウと、高い営業力を備えている会社です。 <事業内容> ■システムエンジニアリングサービス(SES) ■システムインテグレーションサービス(SIS) ■運用・保守サービス ■ITソリューション販売 ■IT企業向けの営業支援サービス 現在SES事業をメインに展開していますが、 働くメンバーが集中してレベルの高い業務に携わってもらえるような体制づくりとして、 SIS事業の展開にも注力し始めています。 社内で開発プロジェクトを運用する事ができれば、メンバーの教育・育成の場となり、スキルアップの近道になると考えているからです。 今後、急角度での成長が見込まれるアクロネットで、一緒に道を切り開いていきましょう!

なぜやるのか

代表取締役の 秋田谷
◆IT業界の相互発展と、働く人々の幸せを実現するために◆ ー依頼されたことは即対応!解決策を探しに行くー 当社の基本スタンスとして「お客様の依頼は断らない」という考え方があります。 困っているお客様の要望を即答で断ることはせず、 様々な人脈や手段を活用し、顧客の課題や悩みに対する解決策を見つけます。 DX化が進む昨今、企業が抱える課題や悩みはたくさんあります。 大小様々な悩みを、「どこに頼めばいいんだろう・・・?」となった時に それがITで解決出来る/出来ないは問わず、顧客に寄り添い、 相談していただける会社として社会に貢献していきたいと考えています。 ー「一人で食べていくスキル」を身に付ける場所としてー 我々企業は、「個々がやりたい仕事」を実現するため、 バックアップする立ち位置として存在しているとも考えています。 AIをはじめとするIT技術の発展によって、エンジニアという職業も、 今後はプログラミングスキルだけで生きていくのが難しい時代が来るかもしれません。 コミュニケーションやプロジェクト進行など「人でなければできない」ようなスキルも身に付け、 「様々な相談に乗れる 且つ IT知識も持っている人材」になり、 「より社会に貢献できる人材」 「より市場価値の高い人材」 「1人でも生きていける人材」になるためのツールとして会社を活用してほしいと考えています。 社員・ フリーランス ・ 業務委託含め 、 なるべくその人の意向を網羅できるように 何か「自分でやってみたい 」 という創業意識を尊重してい きます 。 1人1人がこのような考え方に基づいて行動していくことにで、 社会に対して、社員に対して、顧客に対して、大きな価値を提供することができており、 当社が急成長できている要因になっているとも考えています。

どうやっているのか

◆エンジニアの成長支援 私たちにはエンジニアの希望に合わせた案件を取ってくることができる営業力があります。 なので、通常、見合った案件がなければ難しいスキルチェンジも可能です。 業務系、WEB系、組み込み系、インフラ系、ネットワーク系など、スキルアップはもちろん、 技術者のスキルチェンジをも積極的にバックアップしています。 そしてスキルチェンジだけではなく、 エンジニアから営業、コンサルタント、あるいは経営者へのキャリアチェンジを目指すこともサポートします。 現在実際に、スタートアップ企業から会社を通して業務委託を受け、プロジェクトマネージャーとして参画しているシステム責任者もいます。 貴方が目指す働き方やキャリアを叶えることができる環境です。 ◆サポートとコミュニケーション 月一で帰社日を設けており、最低でも月に一度、そ必要があれば随時個人面談を行っています。 個々の取り組みに関する報告やキャリア相談など、エンジニアに対するフォローアップは欠かしません。 帰社日には、中部エリアのメンバーのほぼ100%が集まってきますが、 人数が多い東京エリアは、リモート環境を活用したコミュニケーションも強化しています。 個々の相談だけではなく、 拠点間だやグループ間の交流を深めるためのレクリエーションも様々な形で試行しています。 例えば中部事業所で、「同じ方向性を向くためには統一した価値観が必要だよね」、 という話し合いから、ボトムアップ形式でValueを作りました。 エンゲージメントカードを使いゲーム感覚で作っていきました。 === 中部事業のバリュー ☆楽しく働く  ・即行動:行動の先に結果がある。やらない後悔よりやる後悔  ・コミュニケーション:言葉のキャッチボールを重ねて信頼関係を作る  ・自分のモノにする:出来ることが増えて、やりたいことが出来るようになる === 帰社日でのMTGや1on1の中で、半年ほどかけて構築しました。 この価値観をもとに行動したり、よりブラッシュアップしたりしていきます。