<社員インタビュー>「入社即新サービスの専任者」という経験を持つ、新卒第一号社員が語る2ndLaboとは?(鈴木拓見)

”入社即新サービスの専任者へアサイン”

WANTEDLYを利用されている中で、こういった経験したことある人はいますか?
なかなか自分が願っても、出来ないことではないでしょうか......

今回紹介する鈴木は2015年に新卒社員の第一号として入社したと同時に、サービスの専任者になるという経験をしたメンバーです。

2期目からのジョインで、5期連続増収・増益という真っ只中を経験。
そして現在では主力サービス ”国内最大級の医療福祉系の求人サイトコメディカルドットコムの改善・品質向上を担っています。

鈴木のインタビュー=ほぼ2ndLaboの歴史

ぜひご覧ください!

<CONTENTS>
・自分の意見がダイレクトに届くスタイルに興味を持った
・「鈴木君、全国にマーケティングしてみようか」入社即新サービスの専任者へ
・変革を起こしうるサービス、業界のスタンダードを変えたい
・固まった組織に入りたいか、成長変化を続けていく環境で挑戦するか

自分の意見がダイレクトに届くスタイルに興味を持った

―新卒社員第一号として入社されたとのことですが、まずどういった流れで2ndLaboに出会ったのかお聞きしてもいいですか?

たまたま見た就活媒体で検索したら出てきたんですよね。
"東京 関東近郊 事業開発"みたいな検索をしたら、2ndLaboにヒットしたという感じですね。

―「事業開発」というワードが気になりますね。

会社に入って、ただ会社が売りたいものを
「この商品を売って来い」「はい、わかりました!」
という事業形態の会社では、仕事を楽しめないだろうなと学生ながら思っていたんですね。

あと自分のアイデアを活かせたり、サービスやプロダクトへ影響を及ぼせるような仕事がしたいと
自分の強みも活かせるところはどこだ?と考えて「事業開発」に興味を持ってました。

―自分の強みを活かせたらとおっしゃいましたが、鈴木さん自身の強みとはどういうところでしょうか?

他人と違うような発想、着眼点、目を向けてカタチを創ることが強みだと思います。
自分で考えて何かを表現すること、アウトプットすることが好きでしたので。

―なるほど。ちなみにもともとベンチャー嗜好があったんですか?

絶対ベンチャー企業に就職したい!というこだわりは無かったのですが......

一般的な企業だったら、自分の意見をダイレクトに取り入れてもらえたり、自分の意思で会社を動かすには早くても10年ぐらい掛かると思うんです。
でも長く在籍したところで、そういったチャンスがあるとも限らない......

そういった企業よりも、自分の意志が即プロダクトに反映される、自分の考えを聞いてくれる企業がいいなと。それで2ndLaboにたどり着いたという感じです。

ー入社の決め手はどういったところにありましたか?

私が入社した当時は代々木のマンションのワンフロアで、社長含めて4人という規模感だったんです。
面接しながら先輩方が仕事をしているのが見えて、仕事に熱心な社風というのも垣間見えました。

そして面接で医療業界のことや、2ndLaboのビジョンやミッション、展望をじっくり聞かせてもらい、
”将来を見据えている会社だなぁ......ここで頑張ってみよう”と決心しました。

「鈴木君、全国にマーケティングしてみようか」入社即新サービスの専任者へ

―次に入社されてからのことをお伺いしていきたいと思います。
入ってすぐにサービスの専任者に任命されたと聞いていますが......

そうなんですよ。
私が入社したタイミングで、新サービスの提供を開始したんです。

そして、首都圏だけで事業展開をしていたのを全国的にマーケティングしていこうと。
そのこれから始めるというサービスの専任者に私がアサインされたんです。

「鈴木君、全国にマーケティングしてみようか」
と......

―それはなかなか新入社員だった当時の鈴木さんにとっては、とても刺激的だったんじゃないですか?

成功の保証が無い新しい取り組み、しかも社会人経験のない私が専任担当者。それはもう刺激的でした。

0から新サービスを初めて、マーケティング、軌道に乗るところ全てを経験させてもらいました。
今では全国の病院の1/3以上が当社のサービスを導入していただくという所までに成長したことは、とても嬉しいことです。

なかなか結果を出せずに辛い時期もありましたが、事業の成功の確信があったので乗り越えていけたのと、同年代よりも高い経験値を得られたということが私にとってのリターンだと思います。


主力事業の”国内最大級の医療介護求人サイト ”コメディカルドットコム”

変革を起こし、業界のスタンダードを変えたい

―在籍5年目の立場から”鈴木さんから見た2ndLaboとは?”

入社するとき、代表の巻播にも言われたことではありますが......

「今後医療業界は人材面もそうだし、財政面で段々と厳しくなっていく。
だから自分たちはなるべく簡単に始められて、かつ採用決定時の費用も医療機関の負担にならないようなサービスを展開して、業界の転職市場に変革を起こす存在になりたい!」

と。

実際、私が担当させていただく600社以上のクライアントから、採用コストが削減できたと喜びの声をいただくことが多いです。

何と比べて喜んでいただけるのかというと、人材紹介サービスですね。
私たちのプロダクトは年々登録者数や利用クライアントは増加はしていますが、なお医療業界の状況は厳しく、未経験の人材でも80万円ほど費用がかかるという例もあるそうです。

社員の立場からいうのもなんですが、クライアントからいただく報酬は競合サービスと比べ「インパクトが強いサービス」だと思います。
そしてクライアントの課題解決をしているという、社会的正義なことを行っているというのは誇らしいですよね。

―鈴木さん自身がプロダクトを魅力に感じていると。

そうです。
「業界の転職市場をディスラプション......」
と代表はよく言いますが、本当に私たちの提供するものがスタンダードになったら、それは相当破壊的なものだと思うんです。
そのディスラプションを起こし新たなスタンダードを創るところに向かうのは、ワクワクしますね

そして社員全員がプロダクトの企画・機能設計に携われるのも魅力だと思います。
2ndLaboでは毎朝、プロダクトの企画、仕様設計、マーケティングなど社員全員で議論しています
こんな若いうちに事業の根幹に携わることはなかなか出来ない経験ですから......

”ほんの一握りの人しか出来ないことを毎日出来る”という、いわば珍しい環境です。

固まった組織に入りたいか、成長変化を続けていく環境で挑戦するか

―ここまで2ndLaboとの出会いから、内側から感じる会社の印象などを聞いてきました。
最後に転職や就職を考えている方々へのメッセージをお願いします。

まず私は社会人としてのノウハウはすべて2ndLaboで学びました
普通は上司や先輩がいてというものなのでしょうが、4年前新卒社員として入社して社長から直接いろんなことを教わってこれて良かったと思います。

社長と社員との近い距離間は会社の特徴ですが、会社自体の規模はどんどん大きくなっています。
クライアントやサービス利用者がありがたいことに年々増加し、それに伴って社員の総数も増えています。第二創業期として、これからの組織のあり方、どういった形が自分たちに最もマッチしているかに関し社員全体で日々模索している段階です。

組織が変化するタイミングを経験することはなかなか出来ないんじゃないかと思います
このような部分に面白みだったり、何かエキサイティングなものを感じてくれる方にはおすすめできる環境かもしれません。

他の多くの会社とは違ったカラーを持つのが2ndLaboです。
今の働き方に閉塞感を感じていたり、環境を変えて頑張ってみたい、自分自身をもっと成長させたいという人はぜひエントリーしてみるのはいかがでしょうか?

セカンドラボ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings