<社員インタビュー>理系大学院から大手企業を経て転職。入社3年目の社員が語るセカンドラボとは?(森章也)

セカンドラボの社員インタビュー、今回は入社3年目の森さんです。
森さんは全国のクリニック向けに弊社の主力事業である「コメディカルドットコム」の提案、採用コンサルティングを行うチームのメンバーです。

理系大学院→大手ケーブルテレビ会社の営業→セカンドラボ

このようなキャリアを経てきた森さんが在籍3年目で感じるセカンドラボの魅力、特徴をインタビューしました。

ぜひご覧ください。

<Contents>
✔ ルーティンな営業から環境を変えることで成長したかった
✔ 大きな組織では得られないチャンスがすぐそこに
✔ 「サービス」という”ハード”だけではなく、「人」という”ソフト”の面でお客様に選ばれ続ける
✔ 挑戦的で高いパフォーマンスが求められるが社員一丸となり助け合える風土

ルーティンな営業から環境を変えることで成長したかった

―森さんはセカンドラボが二社目とのことですが、まず一社目の時のことからお伺いしていいですか?

もともと研究職に就こうと思って、大学院で細胞の研究を行っていました。
ただ、研究をすればするほど、自分は研究職に向いていないなぁと思うようになっていき.......違う道を模索し始めました。就職活動をしていく中で研究職とは正反対の営業職に興味を持ち、ほとんど営業系の会社ばかり受けていきました。そこで熱心に誘ってもらったケーブルテレビの会社へ入社し、丸2年在籍していました。

ーそこから転職を考えられたキッカケはどういったところにありますか?

多くのお客様と出会え、営業数字という明瞭な基準で評価されることには非常に楽しみを覚えていました。ただ、どこか機械的な営業をしてしまっているなと感じ始め……成績は同期の中でも上位で、会社から評価もいただいてました。けれども、毎日同じようなルーティンの営業を続けていて成長があるのかと......先のことを少し見つめ直した時に転職を決意しました。

大きな組織では得られないチャンスがすぐそこに

ーそういった転職のキッカケだったのですね。次にセカンドラボに出会うまでの経緯をお聞きしたいです。

代表巻幡からダイレクトスカウトをもらって、最初は興味本位で面接を受けに行きました。
それまでベンチャー企業への転職なんて考えてもいませんでしたので。(笑)

ーベンチャーであるセカンドラボのどういったところに興味を持ちましたか?

大きい会社だと、どう頑張っても会社の中枢に関われるまで20年くらいかかります。前職で勤めていた頃はそこに対して何の疑問も持っていませんでした。
でも、私が入社した2年前のセカンドラボを見たときに、決して大きくないこの会社だからこそ、自分の張り次第でより中枢業務に携われるんじゃないか!?20代にして同世代ができない経験値を積むことができるんじゃないか、と感じました。

―早い段階から事業の中心を担えるチャンスをセカンドラボに感じた、と。

そうです。代表の巻幡からも、
「社員のレベル高く、常に走り続けないとついていけないよ!」と言われました。
正直少し悩みましたが、頑張って中心になっていけたら気持ちいいだろうなぁと、ある種の高揚感を感じたのを今でも覚えています。

「サービス」という”ハード”だけではなく、「人」という”ソフト”の面でお客様に選ばれ続ける

―次に入社して2年の森さんが感じるセカンドラボについてお伺いしていきたいと思います。ちなみに現在どういった役割を担われていますか?

全国のクリニック向けに、コメディカルドットコムのマーケティングやクライアント様の人事コンサルティングを行うチームのメンバーとして業務を行っています。
メンバーの一人であっても求められることのレベルは非常に高く、20代の私がプロダクトのマーケティング指針を考えたり、チームをマネージメントするというのは他の企業だとあまり無いと思っています。

―確かに。より大きな組織だとマーケティングに携われるのはごく限られた人になりますからね。続いて森さんが感じるセカンドラボの魅力を教えてください。

もちろんサービスが非常に良く、多くのクライアント様から受け入れられていることは魅力の一つです。でも「サービス」という”ハード”だけではなく、「人」という”ソフト”の面でお客様に選ばれ続けているということが、セカンドラボの最大の魅力だと思います。常々代表の巻幡が言っている「そのクライアントの一生のパートナーとして寄り添い続ける」ということを社員一人一人が真剣に考え、一歩先をゆく提案をし続けています。

挑戦的で高いパフォーマンスが求められるが、社員一丸となり助け合える風土

―ここまでセカンドラボに入社する前のことや、事業の魅力について聞いてきました。最後に就職や転職を考えている方々へのメッセージをお願いできればと思います。

弊社の社風としては「常に前向き」、これに尽きます。

代表の巻幡のカラーが反映されているところになりますが、肯定的に考えて積極的に実行するというのがセカンドラボの社員に脈々と受け継がれています。
なので日々いろんな変化を体感できる環境にあると思うので、自分を変えたい・成長したいという方にとっては良い環境ですね。

挑戦的で高いパフォーマンスが求められますが、その分社員一丸となり助け合える風土があります。
同世代よりもワンランク上のステージで活躍したい方は、ぜひ一度セカンドラボまで話しを聞きにきてください!

セカンドラボ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings