1
/
5

<社員インタビュー>「なんでもやる意識」 入社三年目の中堅メンバーが語るベンチャーならではの社風(宮﨑 舜也)

2ndLabo社員インタビュー、3人目は宮﨑さんです。
大学卒業後1年間放浪していたという個性的なバックボーンを持ったメンバーの一人です。

現在入社3年目、後輩の教育からプロダクトのディレクションと多岐にわたる業務に携わっている宮﨑さんが見る2ndLaboについてインタビューしました。

<Contents>
✔ 入社後の働き方・事業の成長性が自分の中でハッキリした
✔ 1から10を全部自分でやれる環境
✔ ”ストイック”そして”仲が良い”大家族のようなチーム
✔ 2ndLaboに向かないのは”こだわりが強い人”

入社後の働き方・事業の成長性が自分の中でハッキリした

―今日はよろしくお願いします。まず2ndLaboに出会われるまでのことについてお伺いしていいですか?

2ndLaboが社会人で最初の会社です。
大学時代に広告代理店から内定はもらっていたのですが、諸事情有り、1年間フラフラしてたんですよ。

―その”フラフラ”されていたというのは?

広告業界では名のある良い会社ではあったんですけども、自分の趣味関連でやりたいことが多くて。

―これまで紹介した鈴木さんや森さんとはまた違ったバックグラウンドといいますか......

本当みんないろんなバックグラウンドを持っているのが、あまり語られない2ndLaboの特徴の一つだと思います笑

―その大学卒業後の1年間を経て、セカンドラボに入社されたということですね。

そうです、社会人として初めて入社したのが2ndLaboです。

―入社を決めたのはどういった部分が大きいですか?

面接時に、代表の巻幡から2ndLaboのビジネスモデルや入社後のことを詳しく聞いていたので、
”2ndLaboで働いたらこうなるなぁ、こういった成長が出来るなぁ”
ということが明確にイメージ出来ました。

あとはメインプロダクトであるコメディカルドットコムの社会貢献性が高く、今後の成長をイメージしやすかったというのもあります。

1から10を全部自分でやれる環境

―今はどのような業務を担っていますか?

既存クライアントのサポート、後輩の教育・サイトの仕様変更等のカスタム等に関わっています。

―様々な部分に関わられているのですね。様々な業務をなされるなかで宮﨑さんの軸としていることはなんですか?

”いかに社員が効率よく動き、クライアントに提供する価値を最大化出来るか”ということですね。
2ndLaboには「2年後には医療福祉業界の転職市場におけるシェア40%、業界においてNo.1の転職サイトにする」という中期的なビジョンがあります。
その目標のためには社員がスピード感をもって動くことが大事で、やはり効率化は欠かせないんです。

―とても企業として大事な部分を宮﨑さんが担っているのですね。

1から10まで結構自分でやれる環境というのはいいですよね。
就職したら、ふつうは部分的な業務を担っていくと思うんですよね。
大体の場合は20代で部分的な業務をこなして、責任の範囲が広がっていき、30代でマネジメントに携われる人がいたりいなかったり......

でも2ndLaboでは、普通の企業では3,40代で経験することを若いうちに経験出来ます。
こういった環境を自分にとってチャンスと捉えるメンバーが多いと思いますよ。

”ストイック”そして”仲が良い”大家族のようなチーム

―次に宮﨑さんの視点からみて2ndLaboがどのようなチームかお伺いしていいですか?

まず”ストイック”ですよね。
自主性を持ち、物事を達成するためにどのようにすれば良いか、多くの壁に立ち向かいながらも達成が求められる環境なので仕事中は非常にみんな真面目です。
でも、終業後も結構ストイックな会社だと思います。

―仕事中はわかるのですが、”終業後もストイック”ってどういうことですか?

代表を中心によく飲み会が開かれ、よく私も参加しています。
代表から社員全員でプライベートのことや仕事の話までざっくばらんにする、とても社員同士の仲が良いのが特徴の一つですね。

「大家族」のようなチームですね。
社員同士の親交を深めるための、社員同士の飲み会への補助制度もあったりします。

2ndLaboに向かないのは”こだわりが強い人”

―ここまでお話ありがとうございました。最後敢えてなのですが”2ndLaboに向かない人”ということを聞いてもいいですか?

”これがやりたい”というこだわりが強い人は向いていないかも知れません。
たとえば......
”セールスをやりたい・マーケティングを極めたい・カスタマーサクセスをやりたい”
という希望があったとしたら、2ndLaboではすべて出来ます。
でも”これだけ”というのは出来ません。

―やりたい、やりたくない関係なく挑戦することが大事だと。

むしろ最初ってやりたいことも、やりたくないこともあまり分からないと思うんですよ。
なので何でもガムシャラにトライしてみる、やり抜ける人が向いています。
求められるレベルは低くは無いです。
しかしそこをやり抜いた結果いろんなことが高い基準で出来るようになるという成長が付いてきます。

2ndLaboはチャンスは多い会社です。
今の働き方に何かしらの不安がある方は、ぜひ2ndLaboのベンチャーならではの社風を体験してみてください!

セカンドラボ株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more