1
/
5

学生さんからのQ&Aにお答えしました!~PRO社員がざっくばらんに語る~

こんにちは、イルミネーションがきれいな時期になりましたね♪

PRO横浜本社からJR石川町までの通勤経路もイルミネーションで華やいでいます。

採用担当の山本です(^^)/

本日、第二回目ミートアップが開催されました。

70分という時間があっという間すぎるくらい盛り上がったミートアップ

お忙しい中ご参加いただいた学生のみなさん、本当にありがとうございます。

そして本日もたくさんのQ&Aをいただきましてありがとうございます。

早速Q&Aを以下へ記載しますので就活のご参考にされてみてくださいね(*'▽')/


Q:学生時代に授業外で開発経験があれば教えていただきたいです。

(吉見):私は授業外ではあまり開発は行ってなかったですね。

むしろ最近のほうが業務外で勝手に開発したりします。


Q:入社3年以内は失敗だらけとのことですが、失敗したときの対処やその時の周囲のフォローや環境等詳しく教えていただきたいです!

(大津):失敗した時、真っ先に先輩に助けを求めました。当然、先輩は助けてくれました。

そして、先輩が自分の失敗に対してどう対処しているのか、対処中は当然邪魔できないので見て盗みます。(と言っても、何をやっているのかさっぱりわからないことがほとんどなのでメモ取りまくり)
その後、対処がひと段落した後、次回繰り返さないためにはどうすればいいか?という考えで、先輩にしつこいぐらい質問をしまくりました。

周囲のフォローや環境という面では?

現在は、チームによりますが、リモートワークの中、朝会、昼会、夕会などで相談できるような機会を作ったりしています。

皆の前で話しづらい内容は個別に話したりもします。心理的安全性が高くなるようあれこれ工夫してます。

(佐々木):周囲のフォローや環境でいうと、1on1というものをやっています。

プロジェクト内の相談はプロジェクト内でしますが、長期的な悩みやエンジニアとしてのキャリアの相談を話すことを定期的に実施していたりします。


Q:それぞれが自身の強みと思う事と、その強みを貴社の業務の中でどのように活用することが出来ているのかを教えて頂きたいです。

(吉見):お客様からの要望と自分たちができる事、そこが対立をした時、落としどころをどう見つけるか。

お客様の窓口として、強みを活用できています。

(佐々木):小さいころから何かしらの特徴を見極めて、それを組み合わせて結果を出すかみたいな育成シミュレーションゲームをやってきました。

ゲームほど簡単な話ではありませんが、それぞれの人が組織でどう活きていくかを考えつつ、いまはエンジニアリングマネージャーを目指して人事の領域にもチャレンジしています。

(吉見):直接的な上長以外に斜めの関係性で接してくれるため、ちょっとしたことでも佐々木さんには相談がしやすいです。


Q:色々な企業を見ている状況なのですが、他の企業とは違う点・一番のアピールポイントを教えていただきたいです。

(大津):何事も楽しんで成長していける点です。自分の強みを見つけてそれを楽しみながら全うします。

そして、個性の結集がチームとしての成果につながるところですね。良いものをつくりたいからこそお客様からの要望のハードルが上がることもありますが、常に妥協せずに向き合い、実現するための提案も楽しみながらやっている点が他社とは違いますね。

(福島):横浜でPROのように100人規模で30年以上の歴史があるIT企業はなかなか無いです。様々な事に技術を提供しているフルスタック企業という点もポイントになります。

(佐々木):30年以上も歴史があるとはいえ、これ試してみよう、やってみようと動くことはあり、最近ではMVVを作ってみようの活動が印象に残っております

noteQiitaでやってみたことが書かれていたりしますので、ご覧いただければ幸いです

~~~~そして、そして、ミートアップが終わった後にもご質問をいただきました~~~~

たくさん弊社に興味をもってもらい、採用スタッフとしてとてもうれしいですね!

ありがとうございます☆☆☆

そのいただいた質問がコチラ↓↓↓ご質問に対し、ざっくばらんにお答えします!


Q:どのような点で現在もこの企業で勤め続けているのか、年齢別・複数人の入社理由、テレワークの実態は???

(全員で):テレワークの実態って、どうなんですかね?

現在は横浜本社勤務であっても客先勤務であっても、自宅からテレワークで働いている人のほうが多いんじゃないですかね。お客様の方針で、完全テレワークの現場もあったりしますし。

だいたい常時8割ぐらいの人は自宅で作業していますかね。横浜本社に出社している人は会社のほうが集中できるっていう人がいたりもします。

あとは、対面で話したほうがいい作業や打ち合わせだと、出社してやらない?となって、集まってやることもありますね。

テレワークは通勤に費やしていた時間を家族やちょっとした所用に向けられるのも大きいですね。今までは子供の行事や通院の1,2時間のために休みにしていたりしましたが、中抜けで済ませられる!時間を有効活用できている実感!もちろん休んでもいいんですけどね。

(大津):新卒入社18年目です。将来やりたいことを持てなかった学生時代、それでも働かなくては・・・と参加したPRO会社説明会から応募、面接等の選考を経てトントン拍子で入社することに。その選考過程から自分の良いところを引き出してくれようとする会社だなぁ〜と感じていました。

で、実際入社して実務に入ってからもその印象は変わりませんでした。未経験で入社したため、当然わからないことばかりで、かつ失敗しまくりでした。が、その都度、先輩方がフォローしてくれ、かつ自分の良さを引き出すような挑戦の機会も与えてくれました!

っということで、PROに入社したことで将来やりたいことを持てなかった自分とは、おさらば!
プログラマーとして、エンジニアとして、この業界で・・・あれしたい、これしたい、ああなりたい、こうなりたい、それができる、なれる、つまり「やりたい」が見つかる、「やりたい」がやれる、今に至る!!そんな感じです。

(福島):私は学年は大津と同い年なんですが、卒業後に若干フラフラしてましたんで、いわゆる第二新卒というやつです。16年目ですかね。
横浜に住んでいたということと学生時代に電子工学系の学部だったことから、「横浜のIT企業」という縛りで何社か見ましたが、PROに会社見学に来た時になんとなく、ここに入る画が見えました。ごめんなさい、なぜだかよく憶えてないです(笑) 直感てやつですね。

長く続いている理由は、まずは仲間がいるからですかね。エモいですかね(笑)
あとは、若いころからいろいろなスキルエリアにチャレンジできるところかな。プログラム言語という面でもそうですし、工程だったり、お客様先だったり、いろんな場面で新しいことに挑戦できる環境があるので、飽きっぽい自分でも長く続いているんだと思います。

テレワークは最初は自宅のネット環境がイマイチでイライラしましたが、整えてからはとても快適ですね。必要に応じてSlackやZoomなどのコミュニケーションツールでコミュニケーションとれているし、業務には特に影響ないです。
実は今日は子供が少し体調悪くて保育園を休んでいたんですが、無事にミートアップが開催できました!同じ部屋にいても休まずに仕事ができるので、忙しい年末には特に助かります。
通勤時間がなくなったぶん、通勤時間でやってた読書だとかSNSだとかに割く時間は若干少なくなりました。でも家族とたわむれる時間が増えたので、プラマイゼロ、むしろプラですかね。

(吉見):新卒入社で4年目になります。学生時代にWebエンジニアになりたいな~とぼんやり考えていて、一番働くイメージが湧いたためPROに入社しました。腰痛もちな私としては、椅子に気を使ってます!という点も刺さりポイントでした。

要件定義から開発、運用保守まで全て携われるというPROの強みのおかげで、学べることが多すぎることが勤め続けている理由かもしれません。
あとは、先輩社員のサポートが手厚いと感じます。安心して色々チャレンジできる環境はかなり貴重なのではと思っています。

(佐々木):中途入社の社会人17年目(37歳)です。7,8年経ったころに一度はエンジニアを辞めようと決意したのですが、新卒でエンジニアになろうとしたきっかけや、エンジニアリングを通して何を実現したかったのか、といった原点みたいなことを見つめなおし、PROに入社しました。過去の経験から色々チャレンジしていたら、気づいたら10年近くいるといった感じです。

入社した理由はビジネスモデルが3本柱あり、業務ドメインや技術や工程や使用できるツール等に縛りが少ないこと。エンジニアとして成長できる領域の選択肢が多そうだなぁ。っという直感でした。

他にあるとすれば、個人的に満員電車がとても苦痛なので、リラックスしながら通勤したいというのもあったかもしれません。


Q:各プロジェクトに参画するまでの流れや登壇された皆様の入社時・現時点での目標や達成できたことは?

(全員で):各プロジェクトに参画するまでの流れって、どんな感じですかね?

現案件で終わりが見えてきたぐらいに次案件候補をいくつか選択肢として提案される感じですかね。そのあたりで突発的な1on1をやり、次はどんな技術や工程がやりたいとか、こんな内容の案件があるよとかが話し合われたりしますかね。

営業スキルを持ち合わせている人は営業とタッグを組んで、自ら案件獲得する人とかもいますね。

(大津):

(福島):第二新卒として25歳で入社したんですが、入った直後くらいからなんとなく、「30歳でマネージャーになる!」って目標がありました。入社当時に自分がお世話になっていたリーダーやマネージャーが眩しく見えたからですかね。
結果は、、31歳でなれました!目標よりちょい遅くなりましたが(笑)
そこに至るまでは先ほど言ったようないろんなことにチャレンジできる環境というのが大きかったかなと思いますね。いま思えば冷や汗かくような無謀なトライもいっぱいさせてもらいました(笑) でも、手を挙げれば任せてもらいやすい環境というのがあったからこそ、ちょい遅れではあるものの目標に届くことができたのかなと思います。

(吉見):入社時は「どこでも通用するWebエンジニアになる」というなんともフワッとした目標を掲げてましたね。何をもって達成とするのかが不明瞭なので、おそらく永遠に未達成のままですが。
そのため達成条件が明確な目標を細かく立て、1つずつクリアするように心がけてます。
直近だと、「私が専属で行っていた業務を一つドキュメント化。誰でも作業できるよう効率化を図る!」を達成したばかりです。

(佐々木):目標は入社時からあれこれ達成できているほうではあると思うのですが、特に直近で思い入れがある目標は研修、採用、ブランディングといった組織全体の課題に関わり、組織全体のパフォーマンスを活性化させて、間接的に顧客価値創造ということにチャレンジしていることですかね。


皆さん、質問のQ&Aいかがでしたでしょうか?
些細な事でもPRO社員がざっくばらんにお答えしますので、今回参加できなかった方、どうぞ次回以降のミートアップにご参加ください。

実際に働いているの若手社員の声も聞けます♪♪


~次回のミートアップのお知らせ~

●1月13日(木)15時~16時10分 

弊社に少しでも興味を持った方、気になる方、就活に役立てたい方等お気軽にご参加ください。

採用スタッフ、ミートアップのスタッフ一同お待ちしています♪


弊社の情報はこちらからもご覧いただけます


今年もアドベントカレンダーに挑戦中です!

株式会社ピー・アール・オーでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社ピー・アール・オーからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?