Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

設計・構築は、完全内製化をベースにプロジェクトを一括受託で引き受けています。
代表取締役社長 田中 健一 略歴/大学卒業後、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社で4年間勤務し、その後フリーランスのSEとして独立。 2006年、株式会社シンクスクエアを設立し、代表取締役社長に就任。
当社シンクスクエアは、全国各地の中小企業のシステム・サーバのクラウド化を手がけています。大手システム会社では手を出しづらい領域だからこそ、 ブルーオーシャンの分野で規模を拡大中。クライアントやパートナー企業のご紹介などを通じて案件も増加しており、業績も好調です。 インフラ設計から導入、運用にいたるまで、クライアントのニーズにあわせて柔軟に対応しています。設計・構築は、完全内製化をベースにプロジェクトを一括受託で引き受けています。社内にはラボがあり、検証・テストを繰り返しながら最適な環境を整えることが可能です。 だから現場出向のように、期間に縛られ勤務先が変わる事や、他社のスタッフも多いチームへの配属もございません。業務に集中しやすい環境でスキルもキャリアも向上させる事ができます。

なぜやるのか

企業理念の元に集まった仲間たちと日々、ITの推進に励んでおります。
社内ではスタッフが集中出来る、開発環境をご用意。
~ITを利用してお客様が、そして自分たちも含めた世の中が幸せになる。~ これが当社の理念です。 その為にも我々が提供できる価値をお客様が必要とされる価値より上に変換することを目指します。お客様が必要とされる価値を理解するために、お客様が何を課題と感じられているのか、何を目標とされているのか、漠然とでも何に不安を感じられているのかを我々は常に真摯に勉強させていただきます。 社名のシンスクエアはSync × Think、つまりシンク2乗を意味しています。(SQUAREには正方形以外にも2乗という意味があります) 弊社の企業理念でもある『あなたの想いとシンクする』にも、その想いが継承されています。オーダーメイドなソリューションを驚きのスピードで。 【ビジネス意義】 お客様の生産性向上に寄与することで人口減少時代であっても、豊かな社会づくりに貢献します。 【ビジネス目的】 ITを基本とする生産性向上サービスを通じて、お客様の経営課題を解決し続ける事で、貢献による喜びを噛みしめ、社員一人ひとりが物心共に豊かになる事を目指します。 【ビジネス手段】 ITを基本とする生産性向上サービスを通じて、お客様の経営課題を解決し続ける事で、貢献による喜びを噛みしめ、社員一人ひとりが物心共に豊かになる事を目指します。

どうやっているのか

BBQの一コマ。仕事も遊びにも本気です。
風通しも良く、社長との距離も近いのが魅力です。
シンクスクエアは、元エンジニア、自らマネジメント教育研修を手がける代表のもと、徹底した効率化によりスマートな働き方スタイルへ変革を成功させています。 RPAやHCIなど最先端分野のソリューションを手がける同社では、一般的に約3年かかると言われる設計構築へのステップアップを入社1年目で実現させるなど、社員のスピーディな成長が特長です。社員同士のコミュニケーションは非常に活発で、年功序列や長時間労働による疲弊なども感じない抜群の開発環境です。 またスタッフへの研修・教育には、積極的に投資をしています。自社内に教育検証環境もあり、自由に構築、検証できる環境の中、 網羅的にインフラの技術を学んでいけます。 HCIなど仮想化基盤もあります、常に最先端の技術を学べる環境に身を置くことが可能です。 例: サーバOS:Linux(RHEL、CentOS)、Windows Server 仮想化:VMware、Hyper-V ストレージ:NetApp、HP、EMC DB:Oracle、MySQL APサーバー:Apache/Tomcat、WebSphere また技術力アップに加え、設計構築の上流フェーズにステップアップしたい方は、 チームビルディングやマネージメントなどの ヒューマンスキルを磨ける研修もあります。 自社でもマネジメント教育研修を事業の一環として展開しているので、自身の市場価値や分析なども可能でスピーディーな成長が実現可能です。