1
/
5

【“Z世代”理系就活生は、知名度より専門性!】企業からのオファー受諾の理由、「研究・専攻内容が活かせそうだから」が「もともと興味のある企業・業界」の2倍

TECH for Societyの実現を目指し、理系学生採用支援を行う株式会社テックオーシャン(本社:東京都千代田区、代表取締役:長井裕樹)は、2021年11月9日~2021年11月14日に理系学生(23卒理系学生・大学院生)に対して就活実態を調査し、294名の調査結果を得ました。
就活ナビサイトとオファー型採用の利用に関するアンケートを通して、現在就活中の学生がどのようにサイトを活用しながら就職活動を進めているのかの実態をまとめています。


アンケートTopics
①就職ナビ・オファー型サービスは「2~3日に1度」、その他サービスは「週に1度より少ない」利用頻度が最多
②就職ナビを利用する理由は「掲載企業数が多いから」「エントリーしたい企業があったから」が2大Top
③約80%の学生が「企業から直接オファーが届く」ことをオファー型サービスに期待
④「あまり知らなかった企業・業界のことを知れる」が学生にとって、オファー型サービスの最大の利点
⑤研究・専攻内容が活かせそうであれば、もともとは興味がなくてもオファー受諾につながる

詳細は下記URLから

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000039682.html

株式会社テックオーシャンでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング