1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

会社のエントランス
スポーツアルバムの商品イメージ
“新しいスポーツ文化を創造する”が会社のミッション 弊社は今まではスポーツチームの卒業アルバムの企画販売を徹底的に行ってきました。10年ほど前は、学校の卒業アルバムはあるのに部活動の卒業アルバムは存在しませんでした。学生生活の中で一番濃く過ごした部活動の記録を形にする。今では約500チーム10,000人のアスリートに商品を届けてきました。この狭い業界ではフロンティアでありパイオニアであります。 しかし、もっと広く深くスポーツ界に貢献したい。そう考えビジネスモデルを再定義することになるにあたって、AIなどの科学技術と向き合わない選択肢はなくなりました。日本ではまだまだAI企業はすくないですが、競争は世界ではもう始まっていて、日本はかなり遅れているポジションです。でもまだ間に合うと思います! 才能のある技術者が集まり、日本独自のスポーツ文化から派生するアイデアを形にすることで世界の人に喜んでもられるサービスが必ず実現できるはずです。2021年に東京五輪を迎える今こそ、スポーツ✖️科学をテーマに掲げ新規事業開発に着手するタイミングだと考えています。 そんなプロジェクトに共感しジョインしていただける力強い仲間を募集します!! 企業理念(Philosophy) 新しいスポーツ文化を創造する 企業使命(Mission) スポーツ✖デザイン✖AIで世界の発展に貢献する 5つの信条(Values) Have Fun 楽しんでるか?|仕事はもがくものだけど苦しむものではない。世界の誰よりも楽しんで仕事に取り組もう。 Have Passion 燃えてるか?|情熱こそ一流を目指す武器となる。情熱なくして成長なし。 Output Pride 自信あるんやろーな?|能力は大事。でも、アウトプットに誇りを持つことがもっと大切。 Follow the rules ルールは守っとこか|スポーツも組織もルールがあるから面白い。ルールに従いルールを作っていこう。 Be Star 輝いてるか?|あなた自身であれ。個性たくさんのみんなとダイバーシティーを起こそう。

なぜやるのか

スポーツは無条件に人を夢中にさせます。それはスポーツに取り組んでいる人も応援する人も同じです。 一昨年シアトルマリナーズのイチロー選手が引退しましたが、その反響は凄まじいもので世界中からコメントが寄せらていました。私が高校生の頃にイチロー選手はメジャーリーグに挑戦しました。部活終わりに携帯を見て、今日は何本ヒット打った?みたいなことを毎日気にしていたことを昨日のことのように覚えています。そしてメジャーリーグでMVPに輝いたり安打記録を更新したときは、なんだか日本人として自分も誇らしく感じたように思います。 そこからずっと今まで同じ夢をみさせていただきました。お金がなくても観にいったり行ったりは自由にできる。そして全世界が共通のルールで行われるのもスポーツの魅力です。そんなスポーツからたくさんの刺激や感動をもらってきたので、これからは自分たちが日本のスポーツの未来の環境を整えたいというのが本音です。 またAIなどの技術の台頭により、人々が労働にかける時間が少なくなることが予想されます。健康管理やスポーツ観戦などに多くの時間を費やす未来も想像できます。 目まぐるしく変わる時代の中で、これからもたくさんの人がスポーツに真剣に取り組めるように。またスポーツに夢中になれるようにといった気持ちで事業展開をしていきます。

どうやっているのか

会社風景
代表の山下
会社はまさに第二創業期に突入しました。ほとんどが入社2〜3年の人材ばかりで風通しが良くフラットな組織です。また商品作りや運営に定評があり、顧客満足やリピート率の高いサービスを展開を実現してきました。 上は49歳のハーバード大学卒のエンジニア(25年のキャリア)、代表は36歳(創業12年のキャリア)、25歳のセールス(営業3年目)、一番の若手は23歳(フロントエンジニア)のと少人数ではありますがバランスの取れた組織になってきます。また京都大学や大阪大学。海外の大学の学生のアルバイト・インターンの受け入れも行ってきました。 チーム組織編成 弊社は部活動の卒業アルバムの販売事業を中枢においてきたので、そのチームがアルバイト含めて6〜8人ぐらいの規模です。またWEBの事業チームとAIの新規事業チームが存在します。 働く環境 WLBやテレワークの対応はもちろん実施しておりますが、快適さのみを追求する働き方改革ではなく、“働くこと改革”を重視し実施していきます。何の為に働くのか?なぜ働くのか?を主体で考え、従業員一人一人が自立し協調し未来の仕組みづくりに歩んでいく生産性の高い組織作りを行ってまいります。