1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【My HISTORY】セールスとして、日々、想像力が求められます/アカウントエグゼクティブ チーフ

2020年入社

西口裕二

ONE DX事業部 アカウントエグゼクティブ チーフ

My HISTORY

大学卒業後、輸入車販売店勤務を経て退社、約2年の放浪の旅へ。ヨーロッパのマルタ共和国に移住したのち、スペイン、カナダ、ブラジルを巡り帰国。そんな経験の中でSNSの影響力の大きさを再確認すると共に、SNSビジネスにも興味を抱くように。その後、バーチャルヒューマン事業に魅せられて1SECに入社。現在は主に、企業タイアップを通じて、著名人のエンパワーメントを担当している。

セールスとして、日々、想像力が求められます

前職は、輸入車の販売営業をしていたのですが、現在、自分が担当している企画営業は、車(モノ)を売るのとは一味違って、想像力を膨らませて、あれこれ提案する必要があります。それだけに難しさもあるのですが、自分の携わった企画が公開された時には、やっぱりやりがいも感じますし、SNSでもらったコメントを読むと、やる気が増しますね。海外にも友人が多いので、これから世界規模の企画に携わって、自分たちの技術で世界中の人をエンパワーメントするというのが大きな夢です。そのために、日々SNSに関する知識を高めようと奮闘しています。


いつかは海外に出て、世界を舞台に活躍したい

海外に興味を持ち出したのは、中学生の頃から。周囲に帰国子女が複数いたり、外国人も比較的多い環境だったのも影響しているかもしれません。実際に自分の足でいろんな国を訪れて、違う文化に触れてみたい。そういう願望が強くありました。1S E CがバーチャルヒューマンやSNSを通して想定しているビジネスの舞台は、世界規模。そんなところが、この会社に惹かれた大きな理由の一つです。実際にL Aにもスタッフがいて、ワールドワイドな企画も常に進行しています。いつかきっと自分も海外に出て、活躍したい。そんな思いは、ずっと胸の中にあります。1SECはそれが実現できる会社だと思っています。


自分のノリの良さが、求められるのが嬉しい(笑)

会社の中では、自分は“盛り上げ番長”だという自負があります。基本的にノリのいい性格なので、そういう役回りになった部分もありますが、自分のそういうところがみんなに求められるのは、勝手に嬉しく思っています(笑)。社内はいつも雰囲気が明るくて、何かとコミュニケーションを取っているのですが、入り口にある卓球台で誰かしらと卓球をやるのも日課です。単に息抜きをするだけではなくて、卓球をやりながら他愛もないことを話すのもチームとして重要なこと。他にも全員で集まって話す機会は本当に多い会社なので、とにかく風通しがいい。そこは、大きな特徴ですね。これからも自分のノリの良さをどんどん発揮して、会社を盛り上げて行きたいです。


チーム感とチャレンジ精神を大切に、がモットーです

1S E Cを一言で表現すると、まさに“ファミリー”ですね。少数精鋭で、各々が自分のやるべきことを黙々とこなしていますが、お互いを気にかけていて、ことあるごとに集まっていろいろ話し合える。「こんなことがやりたい、こうしたらいいんじゃないか?」、そういった提案を上司にしても、それが面白ければすぐ実現できる、そんな会社です。企業タイアップにせよ、アパレルブランドにせよ、バーチャルヒューマンにせよ、チームで動いてチームでトライすることが基本。自分もまだまだスキルと呼べるものはありませんし、自分一人で成し遂げられるものは少ないですが、チームで得られる達成感は格別です。1SECでは、そんなチーム感を大切にすることを学びました。あとはチャレンジ精神さえあれば、夢に向かって進んでいけると信じています。

1SECでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう