1
/
5

キャリアドバイザーを17日経験した私がリアルな心の声を綴ってみました

この1月から入社しました!

大阪本社勤務の岩本理花といいます。


※私です。

高校を卒業して、地元の島根県で総務のお仕事をしていました。

そんな中、

「もっと成長したい・スキルを活かす仕事がしたい・自立したい!」

という思いが爆発。転職&一人暮らしを決意。

仕事も私生活も新たなスタートを切りました!

"今回はそんな私の入社に至るまでの経緯"

"実際に入社してからの現状(主に心の声)"

をお伝えしようと思います!


※最初に申しておきます。すごく長文になってしまいました。すみません。

*なぜダイバージェンスなのか*

転職活動をする中で、ダイバージェンスはとても魅力的でした!

正直、自動車業界には全く縁がなく、最初は具体的なイメージがわきませんでした。

ただ、それでも、やりたいと思っていた『キャリアアドバイザー』というお仕事で、

学歴や経験は問わないということだったので、

「高卒の私でも応募ができる!」

と思いエントリーしました。

(ほんと、初めはこんな気持ちで応募していました…)


並行して様々な会社と面接していく中、私の中でダイバージェンスに行きたい!

という気持ちが強くなりました。


※代表の中田さんです。面接している風のイメージ写真です。


あくまで個人の感想ですが、なんというか、圧倒的に人を見て判断してくれる会社なんです!

私の中にある思いをどんどん掘り起こし、

自分の気が付いていない深いところまで気が付かせてくれるような感覚でした。


ダイバージェンスでは基本的に3回の面接があります。

その"最初の面接での言葉"を今でもよく思い出します。


『うちでは面接を3回することにこだわっています。

(会社を立ち上げた経営陣の)3人がそれぞれ可を出さなければ採用はされません。

逆に、採用されたならそれは出来ると判断された訳なので、自信を持っていればいいと思います。』


この言葉に私は今でも勇気づけられます。


「未経験だし、高卒だし、田舎者で都会の仕事のテンポについていけるかも不安」とか、

「結果が出なかった時に落胆させてしまったらどうしよう」とか、

入社する前も今も、ネガティブなことを挙げるときりがありません。


そんな時はいつもこの、"最初の面接での言葉"を思い出して、

「変わりたい」と思って決意した"自分の夢"を叶えてあげようと思って、奮い立たせることができます。


入社前の私は、「選ばれたい!」という気持ちでいっぱいになりました。


そんな風に人を見て判断してくれるダイバージェンスは思った通り、魅力的な方々の集まりでした。

最終面接で会社を訪れた時の向かい入れてくれた挨拶。面接中に壁の向こうから聞こえる笑い声。

自分にとって居心地のいい会社になるであろうことがすぐに想像できました。


だから、ダイバージェンスなんです。



※いつも声をかけてくれる、優しくて頼りになる先輩たちです。


*入社してみて、簡単ではないと実感する*

Wantedlyを見ていて感じる通り、ダイバージェンスは自由かつ柔軟性のある会社です。

そこを魅力的に感じている方も多いのではないでしょうか。


ですがそれは、決して"楽"ということではありません!


自分の中で目的をしっかり持っていなければ、務まらないと感じています。

(私の場合、

・一人前のアドバイザーになりたい!

・生きていく力を身につけたい!

・自立したい! など

これらを達成するために働いています。)


ブレない目標・目的を持つことが、ダイバージェンスでは重視されます。


実際に入社してから、先輩と一緒に具体的な目標を立てました。

すぐに手が届く範囲の目標ではなく、少し走って届く範囲の目標です。


『人は目標に合わせて動くから。簡単な目標ならそれに合わせてゆっくり走るから。

かといって遠すぎる目標はダメ。走っている最中で無理じゃんってなるから。』



これはその先輩の言葉です。その通りだと思います。

※写真はその先輩です。


ダイバージェンスは、このように意識の高い方々の集まりです。

そんな中にいると、自然と自分の背筋がピンとなります。


目標が迫ってきて息が詰まりそうになったとしても、声を上げればサポートしてくださる方々です。

個人プレーではなく、チームプレイです。

いつも先輩方が気にかけて話しかけてくれるので、とても救われています。


*仕事をする目的*

※仕事中の私です。


先ほど軽く触れましたが、せっかくの機会なので、

私が仕事をする目的についてお話しておこうと思います!


※目的その1 一人前のキャリアアドバイザーになりたい!

前職の総務の仕事では、淡々と流れに沿って仕事をしている自分に危機感を抱いていました。

3年後も5年後も同じように仕事をして、

同じような毎日を過ごしていることが容易に想像できたからです。


ただただ、毎日同じ仕事を繰り返しているだけ、

惰性で日々を過ごす自分なんて嫌だと思いました。


私は人と話をするのが好きです。

そこで知ったのが、キャリアアドバイザーというお仕事です。

人と話をする仕事は数多くありますが(例えば看護師とか)、

私は人のケアをしたいわけではなく、「現状を変えようとしている人の支援がしたい」と思いました。


他にも、

・人生の分岐点に関われるのがおもしろい

・現実と理想の何にギャップを感じて変えようとしているのか知りたい など、

様々なところに惹かれて、キャリアアドバイザーを目指そうと考えました。


※目的その2 自立したい!

前職の職場はとてもアットホームで、素敵な方たちばかりでした。

今でも連絡を取り合っていて、私のことを気にかけてくれる方たちです。


そんな方たちの元を離れて、巣立ちしようと思いました。

優しく守られた環境でしか生きられない人にはなりたくないと思ったからです。


「どんな職場でも生きていける人になろう!」

そう思って今働いています。


※目的その3 収入アップしたい!

都会で働いていると、なんというか、地方の最低賃金は低いなぁと感じます。(笑)

前職の給与でも、生きていくには特別問題はありませんでした。

けどそれは、実家で暮らすのを前提とした給与でした。

自立したいのに、一人暮らしはできないくらいの給与だったんですよね…


それに、お金がないとできないこともたくさんしてみたかったんです。

例えば、

「海外旅行」

「スカイダイビング」

「登山」

「高級寿司を食べる」など。


貧乏は嫌だから経済的にゆとりも欲しいし、

家族を旅行に連れていきたいし、

その上でできれば貯金もしたいし。欲張りですが。


なによりお金に執着する人生を送りたくないと思っています。

結果が給与に反映されるダイバージェンスでは、これも叶えられると思っています。


*ダイバージェンスに興味を持っている方々へ*

私と同じように「自分を変えたい」思っている方は、成長できるチャンスです。


先輩方はいつも、私の本質の部分をみて指導してくれます。

曖昧なことを見逃さず、鮮明になるまでとことん追求してくれます。

今まで気づかなかった自分の未熟な部分が、ここにいると鍛えられる気がしています。


※写真は今月入社した新人2名です。


私と同じように、自分を変えたい、現状を変えたい、もっと幸せになりたい。

そんな思いを持った方がダイバージェンスに来てくれる日を心待ちにしています。

株式会社ダイバージェンス's job postings
22 Likes
22 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more