1
/
5

なにをやっているのか

私たちは医療を起点に経済を活性化させることを目指しています。 そのために私たちが注力するのは次の2点です。 1. 医療現場での煩雑かつ面倒な業務を効率化する  医療現場における労働生産性を高めることに直結します。  医療従事者および患者のみなさまの大切な時間を守ります。 2. 潜在的な価値を持つデータの価値を最大化する  データの重要性を鑑み、より質の高い治療や病院経営を支えることにつながります。 私たちは医療現場で使われる情報サービスやSaMD(Software as a Medical Device)の開発に取り組んでいます。 <主なプロダクト・サービス> ・お薬手帳をOCRで読み取るアプリKusuriScan ・脳MRI画像を解析補助するサービス PlusHospital ・神経難病の病状を測定するツール Medicollect

なぜやるのか

医療業界は未解決問題が多いレガシー産業であり、解決を目指す課題が山積しています。これらの課題に対して、大企業ではなくスタートアップだからこそチャレンジできるところが私たちの魅力です。 私たちのミッションは【世界の向こう側にも、医療を】。 世界で通用するライフサイエンス技術を開発していきます。 このミッションのもと、【大切な時間を、もっと長く】というビジョンの実現を目指し、治療する人、治療される人の大切な時間を長くしていきます。 また、【医療のプロフェッショナルである】というバリューを大切にし、医療のプロとして価値提供ができることを目指しています。

どうやっているのか

一流の研究室や病院とコラボし医療現場で活用される製品を生み出せるところが私たちの魅力です。 高齢者人口が増え、社会保障費が増大していく中で、医療の質の向上と経済の発展の両者の実現が強く望まれています。 私たちはグローバルでも拡大し続ける遠隔医療市場・治験市場の分野で先端的な研究開発を行い、幅広く使われる製品を生み出し、これを世界に向けて発信します。